FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/09/14 (Thu) 02:44
仕方がないので壊しちゃった



こんにちわんこ。
またまた蜘蛛君の話なんだよ、のタルです。

またまた蜘蛛君の話なんだよ

今回の記事も虫とか苦手な方には閲覧注意です。(←でもけふの子はちょっとかわいいかも?)


今回の蜘蛛ちゃんは去年の夏に遭遇した子です。(←プチいまさらシリーズ)


ぐーママことpharyが蜘蛛嫌いを克服したのはおにいちゃんが補習校から借りてきた蜘蛛の本を読んだからです。

その本によると
蜘蛛はこんな風に巣を作るそうです。


去年の夏、

こんな所に
こんな所に

緑色のきれいな蜘蛛ちゃんを発見しました。
緑色のきれいな蜘蛛ちゃんを発見しました。

どうしてこんな庭の真ん中に?
どうしてこんな庭の真ん中に?

と思って
よくよく見れば

ハンギングをかけているところから
ハンギングをかけているところから リンゴの木の枝にかけて一本の蜘蛛の糸が!
リンゴの木の枝にかけて一本の蜘蛛の糸が!

しかも、その真ん中から地面にかけても
しかも、その真ん中から地面にかけても 糸が垂れているではありませんか。
糸が垂れているではありませんか。

すごい、
これって、あの本に書いてあった通りの
蜘蛛の巣の作り方そのものじゃない!

蜘蛛君、本に書いてある通り
蜘蛛君、 本に書いてある通り この糸の上を何度も往復して糸の強度を増す努力をしています。
この糸の上を何度も往復して糸の強度を増す努力をしています。

なんて健気なんでしょ。
このまま巣ができる様子をじっくり見て見たいわぁ。ワクワク


でもね、

このまま巣を作らせてやりたいのはやまやまだけど

この糸の貼り方からすると
小さなぐー家の庭のど真ん中
かなり大きな巣ができるものと思われ、

そうすると、
100%の割合で誰かがそこを通るときに壊してしまいます。

そういえば3年前にの別な蜘蛛ちゃんがここに巣を作ったことがあったのですが、

あの時はせっかく作った巣を
ぐーママがうっかり顔面で壊しちゃったんでした。


蜘蛛は1~2時間かけて巣を作るらしいですから
作ってしまってから壊したのでは
蜘蛛君の努力が水の泡になってしまいます。

ならば、
まだ建設初期の段階の今のうちに壊してしまって
別なところに新しい巣を作ってもらった方が
蜘蛛ちゃんにとっても、ぐーママたち人間にとってもいいかもしれない。

と思って、
かわいそうでしたが
泣く泣く糸を切っちゃったぐーママです。

蜘蛛君、ごめんねぇ。シクシク。


皆さん、家の中で蜘蛛を見つけたら
掃除機で吸い込んだり
新聞紙で叩き潰したりしないで
紙コップで捕まえて
壁あるいは床と紙コップの間に紙かなんかを差し入れて
そのまま蜘蛛ちゃんたちを家の外に逃がしてあげてくださいね。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

<< こんなことなら助け起こさなければよかった | ホーム | 助けてあげられないもどかしさ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


コメントありがとうございます。

*管理人のみ閲覧できます*
お誘いありがとうございます。考えてみます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP