CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/01/21 (Sun) 07:53
脳麻痺運転

ヨーロッパを襲ったOrkan(暴風)のために
7時間以上も
電車に閉じ込められたおねえちゃん

トーゼンといえばトーゼンながら、
Deutsche Bahn(ドイツ鉄道)の底力なんてものを当てにしたのが

そもそもの間違い
20061219_0484_1.jpg
修業が足りないね、ママリン。


底力どころか、
ちょっとOrkanが吹き荒れただけで(今回のはちょっとではなかったけれど)
もうだめ。」
とばかりに倒れこむコンジョなしでした。

そんなこと初めからわかってたけどさ!
ちょっとでも期待した私がバカ。

「今からバスが来るんだって。」
というケータイからの連絡があってから約2時間半。

時刻はすでに夜中の2時近く。
ぐーママはもう眠気で頭がクラクラし始めた頃、

「あと30分ぐらいでミュンヘンの中央駅に着くらしいから、
もう家を出て。」

との電話。


えーっ、やっぱりミュンヘンまで走らなくちゃいけないのー?
この暴風の中?
この真夜中?
この脳みそが機能停止しそうな頭で?


でも、
終電なんかとっくの昔になくなってるし、
タクシーなんか使って帰ってきたら
ナンジューユーロとられるか分かったもんじゃないし。
大体タクシーが捕まるかどうか。



ああぁ、しょうがない。

走ってる最中にでっかい木が倒れてきませんように。
運転しながら脳みそが機能停止しませんように。
居眠り運転しませんように。
突風でハンドルを取られて事故りませんように。


私の脳みそがどれくらいお疲れだったかというと、

後頭部から顔面にかけて
麻痺したみたいになって、
眠気覚ましにチューインガムを口に放り込んだんだけど
噛んでる感覚がない。
歯茎まで麻痺。

実際走っていて、
反射神経なんかあるの?
というくらいの反応の鈍さ。

幸い真夜中だったんで
道路はアウトバーンも含めてほとんど車が走ってなかったからよかったようなものの、
これが普通の交通量だったら
99パーセントの確率で事故ってたと思います。

あぁ、こわ!

しかも、アウトバーンに出るまでの道路が通行止めになっていて、
2回もコース変更しなけりゃならなかったし、

通行可能だった道も倒木こそなかったものの、
でっかい木の枝や小枝が散乱して、
ぶつからないように、踏まないように走るのが
上記の反射神経の状態では
ほとんど不可能。

踏んづけたり、はじいたりした枝が車の底に当たって
ゴンゴン、ゴゴンゴン。

アウトバーンではたまーに通るトラックに、
突風であおられて接触しそうになるし。

普通こんなときって
アドレナリンが放出されて
ヒヤッとして、
目が覚めるもんなのに、
このときは
「アー、危なかった。」
と思いつつも
脳みそは麻痺しっぱなし。

ホントわれながら
よく往復一時間半、無事故で来たなーって思いますよ。


Orkanが吹き荒れる深夜のミュンヘン中央駅付近は
時たまタクシーが通るくらいで、
ほとんど無人

煌々とつく街灯の明るさがちょっと異常な感じでした。

かくして
真夜中というか早朝というか
3時半過ぎに無事帰宅。

おねえちゃんと一緒にそのまま朝9時半まで爆睡したのでした。



タルッとクリックお願いします。



ダケド、何でこのお助けバスはいきなりミュンヘン直行なわけ?

こんな時間に
電車も動かない、
突風吹きすさぶミュンヘン中央駅に降ろされたって、、、、
困る人のほうが多いと思うケド。

せめて、途中のS-Bahn(近郊電車)の駅のいくつかに寄ってくれたら
そこから自力で帰る事のできる人が何人かいるかも知れないのに。


大体、電車が止まってから7時間もたってから臨時バスを出すって、
対応遅すぎ!

しかも、電車の中は
電気が消えて、真っ暗(郊外の森の中で止まったらしい)なのに加えて
暖房が消えて、凍えるほどではなかったけれど、
結構寒かったらしい。

おねえちゃん曰く、
「小さな赤ちゃんや子供連れの人が気の毒だった。」
本当に。

誰も迎えに来てくれなかった人たちはどうしたんだろう?
駅でいつ出るか分からない始発の電車を待っていたのかしら?

これまた気の毒ー。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 兵役逃れ | ホーム | Orkan >>

コメント

ここのところの異常気象・・・地球はどうなっているのでしょうか。日本は暖かい日が続き,今日なんかまるで春の陽気でした。(*^_^*)それにしてもお姉ちゃん大変でしたね。タルママも・・・


ミュンヘンまでお迎えお疲れ様でした。
それにしても麻痺状態で1時間半ものドライブをよく無事故でやり遂げましたね。
あっぱれ。
ドイチェバーン、反応遅すぎです。
都市によっては早い反応していたところもあったみたいですけど、こういう時ってお年寄りと子供連れが一番大変ですよね。本当に運が悪かったとしか言いようがない。。。
次回はこの経験から学んでもうちょっと良い対応して欲しいものです。


日本でも

ここ最近日本でも、突風が起こって、それに巻き込まれて列車が脱線したり、家屋が倒壊して多くの人が亡くなられました。
日本では地震が起きて列車が止まっちゃうことが多いですよね。

なんだか地球最後の日が近づいてる感じで怖いです・・・。



私の所も Orkan のせいで強風が吹き荒れてました。
寮の生ゴミ用ゴミ箱はベランダにあるんですが、そこにゴミを捨てに行くのがちょっと怖かったくらいです。

しかし DB のマイペースぶりはさすがですね。


おおっ!

大変なことがあったのですね。
でも、無事でなにより。
タルちゃんもちょっと心配顔かな?


コメントありがとうございます。

*Himeさん*
日本も暖かいんですか。
生活するうえでは寒いよりもいいんですけど、やっぱり限度ってもんがありますよね。
こちら、20日の土曜日は13度近くまで気温が上がったのに、昨日からはどーんとマイナスで、雪が積もりました。
日本もそろそろ冬になるんじゃないかな?

*busukeさん*
まったく運がよかったというかなんと言うか、あの時は必死でしたけど、後から考えるとチト無謀だったかも、、、。
でも、タクシーで帰っておいで、といえなかったんです。
だってうちにそれだけの現金がおいてなかったから。i-241

*みっちょんさん*
やっぱり、そう思います?
最近、あまりにも異常気象が多すぎて、もうそれが普通っぽくなってませんか?
地球規模で異変が起きてるわけですから、恐竜のように、そのための人類滅亡なんてこともありえますよね。

*rednaxeraさん*
  ↑ オー、初めて間違わずにお名前が書けました。進歩だわ。
私も、この日はずっと家に篭っていたんですよ。
だって身の危険を感じていたんですもの。
それなのに、こんなことになって、、、。
まぁ、何事も怒らず無事家に帰りつけたからよかったんですけど、まかり間違えば今頃車が大破、なんてことも考えられたわけで、、、。
Ende gut,alles gut!

*tamakitiさん*
そう、大変でした。
タルなんておPっこするのにちょっと外に出て、そそくさと用を済ませたら、ワラワラと家に駆け戻っていましたよ。
そのおPっこが風で我とわが身に降りかかったり、ビュウーッと飛んできたプラスチックの板みたいなものにビビッてビクゥッと横っ跳びしたりと散々でした。
でも、おねえちゃんを迎えに行くときは後部座席の下に乗ってくれて、少し心強かったです。


広州の最近の天気は寒いんだか暑いんだかわからない感じです。暑い時は半そでTシャツが結構いるし、寒い時は毛皮の人もいるし。土地柄なのか異常気象なのか・・・。
それにしても無事で何よりです。お疲れ様でした。


コメントありがとうございます。2

*もろあいさん*
広州ってあったかいイメージでしたけど、毛皮を着るようなときもあるんですね。
半袖と毛皮を同じ時期に着るって、やっぱり変じゃないですか?
それとも、砂漠のように一日の気温差が激しいのかしら?
もう、世界規模で気候がおかしくなっていますからどっちだか分からないですね。。


広州はやっぱりあたたかいですよ。だいたい沖縄くらいの気候ですし。でも、たまにですけど5度くらいまで下がることがあります。毛皮っていっても、寒くて着るとうよりはオシャレ感覚ではおる感じです。
一日の体感気温差は結構あります。冬でも結構日差しが強いので、日が照っている時は、日陰は寒くて、日なたはかなり暖かいです。
うちは北向きなので、部屋がかなり寒いです。出かける前「今日は超寒い!」と厚着で出かけると、外に出て「あれ?今日ってこんなに暑かったんだ・・。コートをジャケットに替えようっと。」と部屋に戻ることもあります。


コメントありがとうございます。2

*もろあいさん*
あ、それ、うちもよくやります。
ドイツはレンガで家ができているので、春から夏にかけて、外は暑いのに、家の中はひんやりってことが多いんです。
逆に冬はセントラルヒーティングがきいているので、外が氷点下でも、家の中はあったかい。
それにだまされて、外出時の格好を決めると、後で大変なことになります。
時間に余裕のあるときは戻って着替えられるんですが、たいてい電車の時間ギリギリに家を出るので、ヒサーンってことになることが多いです。
沖縄くらいの気候って、憧れだわ。
年取ってからドイツのこの寒さじゃやってけないんじゃないかと思っています。
今年は暖冬ですが、例年の冬の寒さはハンパじゃないんで。
冬にタルのおしっこ散歩に行くときいつも思うんです。
これだけ家の中との温度差があるんだから、年取ったら、外に出たとたんに脳溢血っての、大いにありうるなぁって。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP