FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/01/22 (Mon) 18:50
兵役逃れ

国民の義務、

兵役の代わりの
奉仕活動に従事しているおにいちゃんのグチを聞きながら考えました。


この兵役と奉仕活動
どっちもやらない人がいるんですよね。

えっ、そんなのあり?
えっ、それはずるい



ぐーママは以前、
主に兵役に耐えられないような体の弱い人がこういう奉仕活動をするのだと思っていました。
後は主義的、心情的に軍事訓練を受け入れられない人とかね。

ところがそーじゃないのよね。

とにかくドイツ人の男子は全員徴兵検査を受けるわけ。

いわゆる身体検査みたいなもんね。

その検査に受かった人が、
兵役か、奉仕活動を選べるんです。
受からなかった人は何もしなくていいの。

これって一見納得いくようで、実はいかない

だって、検査に受からない人って、
本当に体が弱い人だけじゃないんだもの。


たとえば、おねえちゃんのモトカレ、
モーリッツ君。

彼は検査不合格でした。

なぜなら、
12歳のときにバスケットボールでひざを故障したことがあるから。

でも、今は至って元気なのよ。

ひざはもちろん、どっこも悪いことがなくて、
現にスポーツクラブで元気に空手とサッカーやってるんですもん。
それなのになーんにもしなくていいの。

いくら昔怪我したからって、
今それだけ元気なら、
おにいちゃんがやっているような仕事につくのに
何の支障もないでしょうに。


中には
検査のために
知り合いの医者から適当な診断書を書いてもらったり、

検査の何日か前から
わざと暴飲暴食、アルコール摂取、喫煙、夜更かしなどをして、
体調を崩しておく

などの小細工をするやからもいるらしい。

で、いったん検査に不合格になると、
後はなーんにもしなくていいの。



それってっどうよ?

そりゃ最近Bundeswehr(国防軍)も予算削減で、
昔のように兵役拒否者に対して
あまり厳しくはなくなっていることは確かだけれど
(だから、主義主張のないおにいちゃんでも簡単に奉仕活動のほうに回された)、

それにしたって、
まじめに兵役、あるいは奉仕活動についた人が
何ヶ月もの貴重な時間をそれに当てているのに、

いわばずるっこして検査不合格になった人は

兵役についている人よりも一年早く大学にいけるし、

おにいちゃんの言うように
普通に仕事をして、
200ユーロどころじゃないそれ相応のお給料がもらえるわけで、

やっぱりズッルーイって思っちゃうんじゃない?


タルッとクリックお願いします。



でもね、それを言ったら、
兵役が男の子にだけあるってのもおかしいよね。

あらゆるところで男女平等をうたっているのなら、
女の子は軍隊に入ることはないけど、
社会人になる前にせめて、
この奉仕活動をやらせるべきじゃないかしら?

おにいちゃんの病院は暇そうだけど、
老人ホームや障害者の施設では
いくら人手があっても多すぎるということはないわけだから。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< どういうわけで? | ホーム | 脳麻痺運転 >>

コメント

やっぱり、兵役/奉仕活動をすり抜けてる人って結構いるんですね。実はドイツ人のクラスメイトがいるんですが、彼、昔々(10代始め頃のようなことを言っていたと思います)にひざを痛めたことがあったので、それで兵役をまぬがれたとか何とか。って、今は元気ピンピンで大学のボート部入ってますが。聞いた時「何だそれ~!?」と思ったけれど、他にもそういう例あるんですね。



やっぱりズルっ子ってのは、どこにでもいる訳ですな。
いっそのことドイツもタイを見習って、くじ引きで兵役に行く行かないを決めたらどうでしょうかね。
「赤いクジを引いたら大当たり~」みたいに・・


びっくりしたことに、この前兵役で検査もなしに「人数集まってるから要らない。」と断られた人と会いましたよ。

これもビックリ。でも、身体検査って兵役を希望した人のみにあるもの?それとも最初から奉仕活動希望でも検査は受けないといけないんでしょうか。

テディの従兄弟は「兵役希望して検査で落とされるタイプ」希望みたいです。知合いのお医者様に頼んで。。。っていうパターンのよう。
1年早く大学に入れるし、本人にとったら経済効果大ですよね。でも、まじめに働いている人のこと考えたらそんなことして。。って感じですよね。


多分ウチの息子がドイツっ子だとしてもひどいアレルギー体質ですから兵役は無理だと思います。
先日お友達の家へ遊びに行って帰宅すると試合後のボクサーのように顔を腫らしていたのでどうしたのかと思ったのですが多分猫アレルギーじゃないかと・・・何に当たるかわかりませんv-283
娘は高校生の頃に集団で献血をすることがあったそうですが申し出たにもかかわらず以前に手術をした経験があるので看護士さんに
「あなたは一生献血はしてはいけない、あなたのためだから」と言われたそうです。
別に感染する病気ではないのですがちょっと寂しそうでした。
健康な人がズルをするのは許せませんね
良心の呵責ってものがないのでしょうか

今、日本では給食費の未払いが問題になっています。
携帯代を月に何万円と払っても高級車に乗っていても給食費を払わないんだそうです。
携帯代は支払わなければ止められてしまうけれど給食は支給されないことはないからでしょうか
正直者がバカをみるなんて腹立たしいにも程があるってもんです。i-191


女の子にも奉仕活動をさせるってのは、とっても賛成~!
男女平等ってのもあるけども、若いときにこういった活動を経験するのって、絶対悪くないと思います。なので、仮病とか使って、代替奉仕活動からまでも逃げる輩は、将来やっぱり人間的な成長が足りない人に育っちゃうような気がします。


コメントありがとうございます。

*ロンドンっ子さん*
そう、いっぱいいるらしいです、そういうやからが。
いったいこの身体検査で何を見ているのでしょうか?
今現在の状態がわからないんでしょうかね。
よしんば、多少ひざが悪かったって、おにいちゃんのような軽い作業には何の差しさわりがあるわけでもないのに。
あったまきますよ。

*ドリアンさん*
えっ、タイってくじ引きで兵隊さんになる人を決めるんですか?
なんかそれもなんだかなぁって感じですけれども。
すべては仏様のお導きなんでしょうか?

*busukeさん*
検査はどちらを希望しても、受けなければなりません。
コネがある人なんか結構この「診断書」で免れるみたいですね。
おねえちゃんの同級生で一人だけ兵役についた人がいるんですけど、なにが大変だったかって、訓練よりもナニよりも、昨年のあの大雪のときの民間の方のための雪かき奉仕が一番つらかったと言っていました。いつ終わるか分からなかったので。
あの時はほんとにかいてもかいても雲が破れたんじゃないかというくらい降りましたものねぇ。
それなのに、ずるっこした人たちは自宅で悠々としてたんですよね。雪かきはハウスマイスターに任せたりして。
フッコウヘイダナー。

*ままりんさん*
ままりんさんの息子さんのように、「本当に」体に支障がある人が兵役を逃れるのは全然問題ないんですよ。
そうじゃないから頭にくるんです。

給食費を払わないんですか?
それで、子供は毎日給食を食べてるんですか?
ナニそれ?ただ食い?
私が日本を離れてン年がたちますが、日本ってどんどんどんどん不可解な国になっていくような気がします。


*ふろっしゅさん*
ねっ、そう思うでしょう。
女の子だってできる仕事はいっぱいあるわけですからね。
私はよく今まで男性側から不満が出なかったなぁってむしろ不思議に思っているんですよ。






コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP