CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年のぐーたらママ。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 だったのが、強制ダイエットの結果現在4,7㎏維持してます。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 フリーター脱出!
最近ぽっちゃり系に移行しそうになっている。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて 新しい就職 先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/01/19 (Fri) 08:05
国民の義務遂行中

すみません、話を引っ張っているんですが、
今日は別のことを書きます。

その手の話ってやっぱり書くのに気が重いんで、
休み休みになります。
(→その手のお話1
その手のお話2
その手のお話3
その手のお話4

さて、
もう2週間も前になってしまいますが、
ドイツは1月2日が仕事始め。

といってもだんな君は毎年学校の冬休みと同じ時期に休暇をとるので、
普通なら今年も7日の日曜日までのんびり朝寝ができたのですが、(→過去記事)

今年は普通じゃありませんでした。


何が普通じゃないかというと、

おにいちゃんが二日からミュンヘンの大学病院で
兵役代わりの奉仕活動(9ヶ月間)を始めたから、

2日からホテル「ママ」の従業員は6時起きして
朝ゴハンの用意です。


おかげでボクはお休み期間限定膀胱炎の危機(→過去記事)を免れたんだよ。
おかげで膀胱炎を免れたタル
そーかいそーかい、ママリンは眠いよ。



病院での勤務が決まってから、
日本のドラマ、「救命病棟24時」などを観て
研究に余念のなかったおにいちゃん。

しかし、
実際に仕事を始めてみたら、、、、


三日後にはもう

やめたくなった。疲れて疲れて、、、。


えええー、
そんなに仕事がきついの?


逆。
仕事がなさ過ぎで退屈なんだよ。


なにそれ?

聞けば、面接の時には

主にコンピューターにデータの打ち込みとかをしてもらって、
食事時の配膳、
あといろいろ病棟間の運搬なんかをやってもらいます。
場合によっては手術室に入ってもらうかも、、、。

ということだったのに、
実際には、

人手がいっぱいあるので、
コンピューターなどさわらせてももらえず、

主な仕事は

患者さんの血液や尿を検査室に運んだり、
その検査用の容器にラベルを貼ったりといった単純作業と
お昼時の配膳と片付け。

あとはやることがなくて、

ボーっと立ってるか、
同僚との「くだらない」おしゃべり。

午前中はさ、まだやることが連続してるからいいんだけど、
午後、特に2時過ぎがひどいんだよ。


だったら本でももっていって読めば?


それができるほどは暇な時間が続かねーんだ。
読んだかな、と思うと
「あれやって、これやって。」って
チョコチョコしたことを頼まれるんだよ。



まぁ、贅沢な悩みだこと。

そんな楽な仕事で、
国民の義務を果たし、
月に200ユーロくらいのお小遣いがもらえるんだからいいじゃないの。

でも、おにいちゃん曰く、

同じ時間ちゃんと働いたらちゃんとした給料がもらえるのに、
9ヶ月この調子でいくなんてたまんねーよ。
あーぁ、9ヶ月もったいねーなー。



考えてみればそうだねー。

おにいちゃんご苦労さんの意味を込めて
タルッとクリックお願いします。




私としては、
訓練の内容はともかく、
おにいちゃんを
軍隊に入れたかったのです。

そうしたら
なんちゅーやつだ世界選手権でらくらく優勝するであろう彼(→過去記事) も、
規則正しい生活習慣というものが少しでも身につくのではと期待してたのですが、、、。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< Orkan | ホーム | ぐーママの場合(またその手のお話) >>

コメント

おにいちゃん、おつとめ(奉仕活動)ご苦労様です。
私も兵役の方が、為になるのかも。。。と思っている一人です。
確かに兵器を扱ったり、人間関係で体育会系的な部分はあるかもしれませんけど、やっぱり基本的は生活習慣とか身につくし、仲間との連帯関係も強まるし、それはそれで学ぶ部分が多いのでは。。と思います。

知り合いの男の子は兵役を免除してもらえるようにいろいろと手を尽くしているみたいですけど、だったら奉仕活動にしたらよかったのに。。。ですよね。

おにいちゃんも残りの奉仕活動生活、もっとやりがいのあるお仕事が回ってくるといいですね。


コメントありがとうございます。

*busukeさん*
まぁ、busukeさんとは価値観が似ているようですね。
なんか、軍隊に入ってお料理するようになったとか、ボタン付けぐらいはできるようになったなどというお話をきくもんですから、母の力ではどうしようもなかったおにいちゃんのだらしのなさを何とか改善できるのではと思った次第なんですが、、、。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP