fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/01/16 (Tue) 08:11
お稲荷様が、、、(続々その手のお話)

お待たせいたしました。(誰も待っていなかったりして。)

MyPCも復活したことですし、
お正月からこの手の話もどうかと
(ズーズーC)ぐーママpharyにしては珍しく気を使って
控えていた

その手の話第3弾をお送りいたします。(→その手のお話1その手のお話2


さてさて、3番目にお話してくれたのは若い方。

「私の場合は何かを見たとか感じたとかいうわけじゃないんですけど、、。」
と前置きをなさって語ったのは


その方がまだ中学生ぐらいだった頃、
ご両親が古い家を買って引越しをしたんですが、

引っ越してから1年もたたないうちに
お父様が左足を3回も怪我したんだそうです。

それも、みんな踵のところ。

一度は釘かなんかが刺さり、
一度は三針も縫うくらいの大きな切り傷、
そして最後は骨折。


さすがに3回目は
何かおかしいというので、
拝み屋さんに拝んでもらいました。

そうしたら、、、、

「ガレージに行くところの角にある柘植の木の下に原因がある。」
と告げられました。

当時車を運転するのはお父様だけ。
だからその柘植の木の前を通るのもほとんどお父様だけでした。

半信半疑でそこを掘ってみたら、、、、、


柘植の木の根元から
陶器のお稲荷さんの頭が出てきたんだそうです。


そこのところで、
聞いていたみんなは
「きゃあぁ!!!」
と悲鳴を上げましたね。

ぐーママも背中に冷たいものが走りましたよ。


家の前の持ち主が埋めたのか、
その前からそこにあったのかは分かりませんが、

お父様はそれとは知らずに
毎日お稲荷さんの頭を踏んでいたというわけです。



お稲荷さんが
「やめれー、踏むなー。わしはここにいるんだぞー。」
と主張なさっていたんですねー、きっと。



そのお稲荷さんは近所の神社かなんかに持っていって、
お祓いをしてもらって、そこに奉納したそうです。


続きます。→ぐーママの場合(またその手のお話)


怖かった人も、怖くなかった人も
タルッとクリックお願いします。
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ








関連記事

テーマ : 不思議な出来事 - ジャンル :

<< ぐーママの場合(またその手のお話) | ホーム | 復活! >>

コメント

なるほど~。怖いお話。またもや「きゃ~!」とか言いながらもしっかり最後まで読ませていただきました。
でも、ドイツでこういうことがあったら、何処へ行ったらいいのやら。。。神社はないし、ねぇ。


コメントありがとうございます。

*busukeさん*
そう
どこに持ち込めばいいんでしょうねー。
だから私も困ったんです。
(お返事が遅れてすみません。)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP