FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/06/05 (Mon) 07:51
モーゼルのほとりで思わぬ美食




こんにちわんこ。
モーゼル川のほとりのお宿にも泊まったんだよ。
モーゼル川のほとりのお宿にも泊まったんだよ、のタルです。



小さな村、
というより部落のような集落の中の
部屋数が8室という小さな、

でも
新しくて綺麗で清潔で
お宿としては申し分ないところでした。

お宿のご主人の作ったゴハンが
おドイツだというのにそれはそれは美味しくて、、、、、。
モーゼル川のほとりの夕食

やはりおフランスに近いだけあって
バイエルンのSchweinehaxe(シュバイネハクセ=豚の足の丸焼き)のような野性味溢れるものとは

根本的に違うのかと、、、。

トマトスープ
モーゼル川のほとりのトマトスープ
適度な酸味とクリームのマイルドさが合わさってすごく美味しかった。

サラダビュッフェ
モーゼル川のほとりのサラダビュッフェ

これはぐーママことpharyの分。
モーゼル川のほとりのサラダ
後ろの方のキャベツの甘酢漬けサラダは奥様の手作り。
いくらでも食べられそうでした。

お給仕はご主人のお母様がしてくださいました。
家族で経営しているアットホームなお宿です。

カジキマグロのソテーの下には
モーゼル川のほとりのカジキマグロのソテー
焼いたアスパラガス

アスパラガスのお代わりはいかがですか?

と訊かれたので

もちろん遠慮なくいただきましたよ。
モーゼル川のほとりでアスパラガスのお代わり

デザートのムースには
モーゼル川のほとりのデザート
カボチャの種のペーストとカボチャオイルが入っているのだそうです。
それなのにこってりしすぎることがなく美味しかったです。

ラズベリーの下のこれまた美味しいソースは
ホテルの裏の畑で採れたWeinbergpfirsich(ワインベルグプフェアジッヒ←日本語でなんというかわかりません)で作った自家製です。
上品な甘さが
ラズベリーの酸味と素晴らしくマッチしてました。


これで19,90ユーロは安すぎ〜〜。


こんなゴハンを提供してくれるレストランがミュンヘン近郊にもあったらなー。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : ドイツ旅行 - ジャンル : 旅行

<< 2017年6月初めの庭と臭い花 | ホーム | ラインのほとりの小さな町 >>

コメント

おお~

そういえばおドイツに長期出張したことのある
義兄が「ドイツは大都市よりも
中都市とか小都市があちこちにある」
と言っていたのを思い出しました。
どこのサッカースタジアム満員なのは
そういう理由もあるのかしらん?
モーゼル川のほとりのお宿もいい感じですね~♪


コメントありがとうございます。

*Ttamakitiさん*
おドイツは東京やパリのような何でもあり―の、何でも一番ーんのという一都市集中型はないのです。フランクフルトやミュンヘン、ハンブルグなどは大きな都市ですが、それぞれが地域の中心であって、どの都市が一番ということがありません。

モーゼル川はライン川と違って川幅も狭く、通る船の数も少なめでのんびりした雰囲気でした。どちらかというとモーゼルの方が私の好みです。けっこうな田舎ですけど。


お魚、美味しそう!
デザートつきで19,90ユーロとはお安い!
モーゼル川沿いでのご飯。いいですね~。
そういえば、夫が出張で来週モーゼル川の方(ってどこ?)へ行くそうです。もちろん!土曜日に出発して日曜日にモーザル川沿いをサイクリング!で、お仕事だそうです・・・
仕事なのか?ホリデーなのか?謎です・・・


コメントありがとうございます。2

*マリーさん*
安いでしょう?本当は隣の大きな町のレストランに行こうと思っていたのですが、カジキマグロ、しかもこのお値段だったので、即決でホテルで食べることにしたのです。このホテルはレストランも兼ねているのですが、カジキマグロは宿泊客のみへの提供でした。

ご主人、いつも出張を200%楽しんでいますね。今回は時間がなかったので断念しましたが、私たちもいつかモーゼル川に沿ってのサイクリングを楽しみたいと思っています。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP