FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/01/08 (Mon) 03:05
高尚なお遊び

この年末年始のお休みは
一日一回、百人一首をして遊んだぐー家です。

まぁ、なんて高尚な、教養ある家族ですことっ、、!

と思った方、それは違います。


お正月明けに補習校で百人一首大会があるので、
覚えてくることという宿題があるのです。


覚えなさいといっても、
末っ子が絶対に覚えようとしないのは目に見えているので、
せめて、札を取れるくらいにはしてやろうと思ったのです。

幸いうちには
分不相応なくらい立派な木の箱入りの
百人一首のカルタがあるので、
毎日練習が可能。


でもね、末っ子は普通の日本語を読むのも心もとないのに、
百人一首の取り札って、
濁点がついていないじゃないですか。

「きょう」は「けふ」だし
「ゐ」とか
「ゑ」とか
普段使わない文字まであるし、、、、

初めのうちは
何、これ、日本語?キキキィーッ!」

となっていた末っ子です。

けれど
習うより慣れろの言葉どおり、
だんだん取れるようになってきて、

負けただんな君がすねて
「もうやらない。」
と言うくらいになりました。

そうなると少しは面白くなったみたいです。

漢字の練習しなさいとか、
数学の問題集は終わったの?
とか言われると
やりたくないもんだから、

「ママ、その前に百人一首の練習をしよう。」
と逃げの手段にしてたときもありますけど、

とにかく一日一回は必ず
「やろう」
と自分から言うようになりました。


いつもは50枚ずつ自分の方に向ける
源平方式で練習していたんですが、
補習校ではバラ取りだというので、
きょうはおねえちゃん(もと補習校生)も交えて、
バラ取りでやってみました。


いや、バラ取りって難しいですね。


一文字しか書いていない幼児用カルタならまだしも、
下の句がびっしり書いてある札が
360度あちこちの方向を向いていると

目がロンパリになりそう。


末っ子も、おねえちゃんも結構熱くなって
「わーっ、お手つきー。」
「違う、まださわっていなかったもんっ!」
「キャーッ、それ私が先に取ったんだよー。」
「ぎゃーっ、ひっかかれたー!」
と大騒ぎ。


しかしおねえちゃん、

「こゑきくときぞ、、、」の
「ゑ」なんかはしっかり読んでるし、

何枚かの札は上の句を聞いただけで取れるってのに、


「ふじのたかねにゆきはふりつつ~」

「ふ?ふってどんな字だったっけ?」

って、、、、

いくらしばらく日本語を読み書きしていないからって、
情けなさ過ぎ。



本番では
ちょっとしたものだけれど、先生方から商品が出るらしいです。

あはは、間違えちゃった。賞品です。(二日後訂正。漢字力がた落ちです。)


高校生も交えての勝負になるから
チビの末っ子には上位入賞なんて夢のまた夢かもしれないけど、

末っ子、がんばってブービー賞ぐらい取れるといいねー。


タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< カウンターをつけました | ホーム | おPりに火が、、、 >>

コメント

素晴らしいっ、家族で百人一首ができるだなんて!ご主人も参加されているようだし。。。

うちには子供用かるたがあるんですが、我が家のメンバーはたった3人、うちひとりはひらがなすらまともに読めない(夫)。私が読み手、5才児とドイツ人が戦うのだけども、もちろん、ひらがなくらいは読めるようになっている娘の勝ち。夫はやりたがりません・・・

将来の百人一首目指して、家族メンバーを増やす事を考えた方が、夫に日本語教えるよりも確実な気がしてきました。(笑)


コメントありがとうございます。

*ふろっしゅさん*
えらいっ、5才児ちゃん、もうひらがなが読めるんですね。
うちのだんな君は私との結婚前に2年くらい日本語を習ったんです。
だからひらがなくらいは読める読めたんですよ。
でも、その後「釣った魚にえさは、、、」状態で、ほとんど日本語なんてやらないから、今はもうかなり忘れてしまっています。
そんなパパでもパパに勝てるというのが末っ子には嬉しかったようです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP