fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/05/30 (Tue) 08:00
ご近所さんだった



こんにちわんこ。
ママリンの絶賛一時帰国のお話ははまだあるんだよ
ママリンの絶賛一時帰国のお話ははまだあるんだよ、のタルです。




今回の帰国のこれまでの記事はこちら ↓

どうしてこんなに服を?
日本列島は南北に長いと実感
わんこの抜け毛は、、、?
主婦の失態
老母活用術
つまりはセルフサービス?
傷の真実
日本じゃなきゃ作らない
だからこびりつかないのね
文字と数字の違い
進歩と後退
遅かった
日本のスーパーともあろうものが
うるさくても歌っちゃう
メガタケノーコ
1日分のプラゴミ
それぞれの老後
肉は固くケーキは小さい
日本なら当然
いくら日本でもそこまでしてくれるとは、、、
ピースサインはしてはいけない
何より肉が重要
これは必ず食べる
米寿ガールに地味と言われました

母の日の帰独
母の日の帰独2
空港で買ったもの
コート着用OK
カマンベールチーズの食べ方
やり残したこと
グッドタイミングだったお土産


ぐーママことpharyの実家付近の住宅街にクマが出没するということは以前書きましたが(→熊出没注意

去年の秋に70歳の女性が襲われてけがをしたのだそうです。

で、今回の帰国時に詳しく聞いたところによると
襲われたのはこの記事の中でクマさんが水遊びをしていた家の奥様で

実はこのお宅、ぐー家の実家のすぐ目と鼻の先なんです。

朝、家の庭に出たところを
後ろから襲われて
首を噛まれ、
頭や顔に爪でひっかかれた傷跡ができたそうです。

ちょっと想像するとものすごく怖いですよね。
首を噛まれたってことは
熊の顔が自分の顔の間近にあったってことですもの。

聞くところによると
噛まれたところもひどい傷だったそうですが、
意外とひどかったのは爪の跡だそうです。

ほぼ並行につけられたそれは複数だったので
縫おうとすると互いの傷が引っ張り合ってうまく縫合できなかった上に

それぞれの爪の長さが違うので傷の深さも異なり、
浅い傷が癒えてきた時も
深い方の傷がいつまでもジュクジュクしていたんだそうです。

襲われたのが自分の家の庭というのも怖いですね。


その話を聞いてから
早朝、姫ちゃんと散歩する兄のことが心配になりました。

もちろん、その後その熊は退治されたらしいのですが
いつまた同じルートで別のクマがやってこないとも限らないわけですから。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : (´・ω・`) - ジャンル : 日記

<< カモメの餌 | ホーム | 底抜け >>

コメント

熊ですか!?
過去記事へもとんできました!
びっくりです!
日本のニュースで、たまに見ていましたが、まさか!Pharyさんのご自宅付近で出没とは!
熊よけの鈴ってありますよね?
あれって効果があるのでしょうか?(色々あって買おうか検討中!)


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
私もびっくりです。昔ならともかく、あれだけ住宅化された今、あそこにクマですか?って感じです。でも、うち周辺だけでなく、我が故郷の町ではかなり広範囲に渡ってクマは出没しているようです。政令指定都市なのに、、、、一応東北で一番大きな都市なのに、、、。

クマよけの鈴が必要って、、、、マリーさん、山菜狩りとか筍狩りとかキノコ狩りをなさるんですか?
聞いたところによると、なにも知らないウブなクマは鈴の音を聞いて人間との接触を避けるようですが、一度人間と接触して味を占めたクマは、むしろ「あの音がするところには楽に仕留められる獲物がいる!」と覚えてしまって、かえって危険なのだとか。真相のほどはわかりませんが、、、、。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP