CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/10/09 (Mon) 08:08
手を出すな!



こんにちわんこ。
Dちゃんはすごく元気なんだよ、のタルです。

Dちゃんはすごく元気なんだよ


まだつかまり立ちしかしないのですが
片時もじっとしていません。

片時もじっとしていません。

ハイハイと膝立ちでさっさかさっさか移動し
止まっているときでも手をばたつかせたり
奇声をあげたり
とにかく起きている間中ズーーーーーっと動き回っています。

今まで三人の子供を育て、
親戚の子や友達の子など結構な数の赤ちゃんを見てきましたが
こんなに動く子は初めてです。


この間うちに来た時
あまりに激しく動くのでバランスを崩して
後ろにひっくり返り

後ろにひっくり返り ゴーンと後頭部を打ってしまいました。
ゴーンと後頭部を打ってしまいました。

絨毯の上だったし座った姿勢からだったので
たいしたことはなかったのですが

そこはそれ、まだ赤ちゃんなものだから

ふぇ~んと泣きべそをかきました。

そばにいたおねえちゃんが
アラアラとか言いながら抱き起そうとしたら

触るなっ! と、おにいちゃん。

手を出すなっ!

と、おにいちゃん。

怪我したわけじゃねーんだから一人で起き上がらせろ。
じゃねーと、転ぶたびにビービー泣いて抱かれたがる軟弱な男になる。
D、一人で立て!

え、いいの?

思いつつ手を引っ込めるおねえちゃんとぐーママことphary。

すると、Dちゃん、
ちゃんと泣き止んで一人で起きましたよ。

よし、強いな。

と、Dちゃんをほめてなでてやるおにいちゃん。

ふぅーん、イクメンおにいちゃんの教育方針なのね。

それならと、
おねえちゃんもぐーママもここぞとばかりに

エライエライ、Dちゃん強いねー。

とほめてやりました。


座っていてもじっとしていないDちゃん。
座っていてもじっとしていない
これが歩くようになったらどうなるんでしょ?

ボクみたいにリードつければ?
ボクみたいにリードつければ?
Dちゃんの安全のためにも必要かもしれない。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : パパの育児 - ジャンル : 育児

<< 生産地は問題ではない | ホーム | 仕入れ担当者さんの努力 >>

コメント

活発なDちゃんから目が離せませんね〜!小さいうちから自立させるなんてドイツらしいです。どこへ行っても強くたくましく進んで行くのでしょうね〜。泣けてきます。うちの娘5才は泣き虫!ドイツ人パパなのに甘やかしております。


Dちゃん!将来が楽しみですね!(体操選手とか?)
ドイツで子供がリード(?)につながれているのを良くみかけます。ワンちゃんじゃないんだから・・・と思いましたが、
日本で姪が動き回り、転んだりしている姿をみた時に、安全のためにもリードが必要かも、と思った事がありました。
日本は特に道幅が狭いし、車も多いので。
日本ではリードにつながれている子供を見た事がありません。
うちの子供達は男の子なのに、用心深くてあまり動き回りませんでした。
お兄ちゃん、えらいですね!!
Dちゃん!強くたくましく育ちそうです!


にゃははは~

うんうん、
人間も猫も赤ちゃんは
見るもの聞くもの興味津々なのよね~
ちょっと目を離すとエライことになってたりします。
タルちゃんの小さいころも可愛かっただろうな~♪



こんにちは
リードつけているのも見ますし、あと、自転車のヘルメットをかぶらせて公園散歩の親子も見かけます。
おにいちゃん、しっかりパパなんですね。


コメントありがとうございます。

*マリさん*
ドイツらしいっていうか、おにいちゃんが変に「男らしく育てるんだ!」と、力が入っているだけです。でも、まぁ、ちょっとやそっと転んだくらいでは泣かなくなりました。でも、甘えるのはすごいです。だっこ大好きですし、今後追い期なのですが、ちょっとおトイレに立っても泣いてついてきます。それはそれでかわいいのですけどね。

*マリーさん*
体操選手になれるといいのですけど、ただ単にチャカチャカした子になったらどうしましょう?
うちの子達も結構よく動く子達でしたけど、ここまで絶え間なくってことはなかったです。それに3人とも外に出るとなぜか非常にお利口な子になったので、レストランや乗り物の中、飛行機での長期フライトでも子供が騒いだり立ち歩いたりして困ったということがなかったのです。Dちゃんは今から心配です。やっぱりリードかなぁ?

*tamakitiさん*
タルルンもパピーの頃は何でも噛んで破壊してしまう子でした。幸い体が小さいので大きな被害はありませんでしたが、それでも、あとで持って行こうと思って階段にチョイ置きした書類や洗濯物などよくびりびりにやられました。

*虎ママさん*
あ、やっぱりいますか?私はまだ見たことがないし、自分の子供たちが外では結構おりこうしてくれたので、どうかなーとは思ってい、のですが、Dちゃんが歩き始めたらその様子を見て考えようと思っていますが。なんか日本では子供のリュックサックにリードが付いているものが売られているみたいなので、一応次回帰国の時にじっくり見てくるつもりです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP