タルとの散歩は私の健康と美容のためにかなり貢献していると思う。元々やっていた週2回5km程度のジョッギングorウォーキングも、ついついサボりたくなるのだけど、タルと一緒だと楽しいし。ところで、、、先日学生時代の友人からのMailで、ダンベル体操とウォーキングをして3キロ痩せ、立ったままで靴下がはけるようになった、とあっ...">
FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/02/02 (Thu) 10:05
飽くなき美の追求

a href="http://blog-imgs-18.fc2.com/p/h/a/phary/20060202005239.jpg" target="_blank">20060202005239.jpg


タルとの散歩は私の健康と美容のためにかなり貢献していると思う。



元々やっていた週2回5km程度のジョッギングorウォーキングも、ついついサボりたくなるのだけど、タルと一緒だと楽しいし。


ところで、、、

先日学生時代の友人からのMailで、ダンベル体操とウォーキングをして3キロ痩せ、立ったままで靴下がはけるようになった、とあった。


ちょっとまて、、、、


「立ったままで靴下がはけるようになった。」



じゃぁ今迄は?



彼女は学生時代陸上と距離スキーの選手で、出るべきところはボンと出て、締まるところはキュッと閉まるという、それはそれはうらやましい体型の持ち主だったのだよ。

小学校の教員をしているのだから、その辺のお気楽ママ(←ぐーママのことかっ?)よりは体を動かしているはずだけれど、子供の手前給食は残せないし、甘いものは大好きだし、仕事柄夕食の時間が遅くなるしで、それが積もり積もってこんな悲惨な体型になってしまったというから恐ろしいものだ。

私もタルがいなかったらどんなに恐ろしいことになっているか、、、



私は自慢じゃないけど体重は学生時代とほとんど変わらないのです。(ってしっかり自慢してるか?)

口の減らない長女曰く。[問題は体重じゃなくて体型。」


うーん、言われてみればそのとおり。君は鋭い。




ぐーママの場合、甘いもんはさほど食べないんだけど、一日三食の量が問題なのですよ。

自分の分はしっかり食べて、その上子供の残り物を食べてしまうというお決まりのパターン。

また、うちの子供は3人とも好き嫌いが多くて、残すんだわ、これが。

下手すると、それこそ体型を気にして、最近小食になった

だんな君の2倍食べる

ときもあるから恐ろしい。


Gohan

そう言えばこの子も小さいくせに結構な量を食べるなー。
お腹がパンパカパンになってもしつこくご飯の入れ物をペロペロしてるし。
だーかーらー、おかわりはないんだってバー。



だけど、中途半端に残ったもの(次の日のおかずには少なすぎる)は、捨てるわけにもいかず、冷蔵庫の場所ふさぎだしということで、ぐーママのお口の中に。

その結果が、下っ腹のプクプク

という結果になるのは当然の成り行きなのだった。




バカンスのとき、浜辺でかっこいいインストラクターのおにーちゃんとともに体操とかフィットネスなんぞやるでしょ。

去年、ビキニを着てそれやって、四つん這いになった時

お腹がタルーっと垂れ下がって

大いに恥をかきましたよ。(滝汗)



アーバァ、(だけどぉ)「旅の恥は掻き捨て」は常道。

あの人たちとはもう一生会わない確率の方が高い。

あのあっつぅいイタリアやエジプトで、ワンピースの水着なんか着たらお腹に汗もができるワイ。

私よりすごい体型のおば様やおばあ様方がビキニで闊歩しているんなら私だって、という開き直りの精神でタプンタプン体操をしてました。

誰が何といったって、若いオネーちゃん達に笑われたって、、、


私は着ますよ、ビキニを。これからだって。

(力入ってるな、我ながら。)



でも、まぁ、やはりきれいな体型になれるのならそれにこした事はないわけで、彼女が3キロ減ったのなら、私も可能性があるかな、、、、ナンちゃって、テレビのそばにダンベルなんぞ用意しちゃったグーママでした。

あ、実際やるかどうかは別問題としてね。




バナーをここに付けているけど、正しいんだかどうだか、、


関連記事

テーマ : ◇ 異国イヌ生活 ◇ - ジャンル : ペット

<< 私の愛したワンコ達 その1 | ホーム | 「楽しいお風呂」再び >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP