CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年のぐーたらママ。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 だったのが、強制ダイエットの結果現在4,7㎏維持してます。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 フリーター脱出!
最近ぽっちゃり系に移行しそうになっている。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて 新しい就職 先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/11/10 (Thu) 05:19
迷子になった


Pp
こんにちわんこ。
きのふママリンは迷子になったんだよ
けふはきのふの記事の続きなんだよ、のタルです。



一年に一回か二回すごく間が悪いっているか、
何事もうまくいかない日ってありますよね。
まさにきのふがその日だったぐーママことpharyです。


きのふ電車とバスでお友達のところに行った往きのバスの中もハラハラだったけど、
帰りはもっとハラハラドキドキでした。


ちゃんと気を付けていたつもりだったのに

 あっ!

と思った時には
あっ! と思った時には 降りるバス停(電車の駅があるところ)を通り過ぎちゃって
降りるバス停(電車の駅があるところ)を通り過ぎちゃって(←ドジフミ子)

普通だったら次のバス停で降りて反対行きのバスに乗って戻るか歩いて戻るところですが、
一時間に一本しかないバスな上に
その「次のバス停」ってのが結構遠くて

荷物が多く(←借りた本をせっかく返したのにまた5冊も借りちゃったし)
ご丁寧にヒールの高いブーツなんかはいちゃってるしー
しかもヒールの高いブーツでその距離を歩きたくなかったので

バスの終点ってたいてい電車の駅ってことが多いから、そこから電車に乗ればいいや。

という根拠のない確信のもと
バスの終点まで乗っていくことにしたのです。


ところがこのローカルバス、
なんかいろんな所をくねくねくねくね曲がっていくものだから
ぐーママの方向感覚、すっかり狂っちゃって、
しかも日が暮れてどんどん暗くなって
今自分がどんなところを走っているかさえわからなくなってしまいました。

お友達のところは路線が一本しかないから
行先なんか見ないでとにかく来たバスに乗ったわけで
真っ暗になった窓の外の見知らぬ景色を見ながら

いったいこのバスは今どこを走っていてこれからどこに行くんだろう?
すごく不安なんですけど!
いったいこのバスは今どこを走っていてこれからどこに行くんだろう?

ナニコレ、完全に迷子じゃないですか!


で、30分も乗ったかな?
やっと着いた終点はよりによって
周囲に何もない、なんか野原みたいなところで

なんでこんなところが終点なのよ?
駅はどこよ、駅は?

と憤慨してみても始まらず、

運転手さんに

本当は○○で降りたかったんですけど降り損ねちゃって、、、
ここの最寄りの電車の駅はどこですか?

って聞いたら
本当は○○で降りたかったんですけど降り損ねちゃって、、、 ここの最寄りの電車の駅はどこですか?

え、知らないなぁ。電車の駅なんてあったかな?

って、魔さかの回答!

ギャー、どうしよう!


しょうがないから、

(このまま折り返すという)このバスに乗って本来降りたかったバス停まで戻ろう!

と、決心したその時
そこに立ってぐーママたちの会話を聞いていたおねえちゃんが

電車の駅ならあっちの方にありますよ。

と、指さす方向を見れば
電車の駅ならあっちの方にありますよ。
はるか彼方にそれらしき明かりが見えるではありませんか。

うわ、遠い!

でも、あそこには確実に電車の駅があるわけで、
しかもバスに乗って戻ると
目的のバス停まで又30分かかるわけで、
しかも、すぐ電車が来るとは限らない。(←ミュンヘンの近郊電車は20分おき)

だったら、ここを歩いたほうが早く家に帰れるかな?

と、思い直して、重い荷物を持って
暗い道をトボトボ歩いたぐーママです。

てかさー、どうしてバスの終点があの駅じゃないのよーっ?
o(`ω´ )o MVV (ミュンヘン交通局)の偉い人は何考えてるのーっ!


なんだかんだで15分ぐらい歩いたかな。
足は痛いは、寒いは、肩に荷物は食い込むは、、、

クスン、かわいそうなぐーママ。

暖かい電車の席に座ったときは

これでうちに帰れる。

って本当に安心しました。

結局家についたのは19時過ぎ。

いつもならだんな君に電話して迎えに来てもらうのに
携帯を忘れていたから
駅からもまた13分荷物を持って歩かなければならなかったって

しかも、帰りが遅いってだんな君には叱られるし、、、、。


精神的にも肉体的にもすごーく疲れた一日でした。

瘦せた?瘦せた?

痩せない、、、、。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : (。´‐ω‐)みぃ… - ジャンル : 日記

<< ハイテクだけではない・世界に誇る日本の公共おトイレ | ホーム | どこで降りれば? >>

コメント

かわいそうに〜、それは心細かったでしょうね。。。
でも無事についてよかったですね。というかそのバスの運ちゃん冷たい。
次の日、足腰腕痛くなかったですか?(年寄り会話)
私も肝心な時によく携帯忘れます。


お疲れさんでした・・・
この時期、5時過ぎると暗くなるし・・寒いし・・
身体も気持ちも冷え切ってしまったのではないでしょうか?
根拠のない確信・・・わかりますとも!私もそうですから。
やっかいなことに、私は確信と自信も伴います(でも、いつも迷います・・・方向音痴)
携帯電話・・・私も肝心なのときに忘れます・・・
あ~自分の事のようです・・・Pharyさん!ファイト!?


コメントありがとうございます。

*春子ママさん*
いやー、心細かったです。自分がどこにいるのかわからない、どこに行ったらいいのかわからないって本当に不安ですね。運ちゃんは冷たいというより本当にわからなかったみたいです。でも記事にも書きましたが、バスの終点から歩いて15分ぐらいのところに電車の駅があるのだから、そこまでバス路線を伸ばしてくれたら利用者も助かるのに、なんでしないんだろうってすっごく不思議でした。
あ、体はまだ痛くないです。その時は完全グロッキーでしたが、ワタクシまだ結構頑丈みたい。

*マリーさん*
そうそう、もしこれがまだ明るくて暖かい陽気だったらこれほどみじめにならなかったと思われます。特に暗くて周囲の様子がつかめないというのは不安感をいや増しさせました。しかしまさかこの年で迷子になるとは思いもしませんでしたよ。携帯、もう絶対忘れたくないです。(←という舌の根の乾かぬうちに、、、とならないよう気を付けよう)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP