CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/11/09 (Wed) 09:07
どこで降りれば?



こんにちわんこ。
ママリンはけふお友達のところに遊びに行ったんだよ
ママリンはけふお友達のところに遊びに行ったんだよ、のタルです。



趣味の会の後、ミュンヘンの反対側の郊外に住んでいるお友達のところに行ってきました。

いつも車で行ってたのですが、
今回は趣味の会の帰りに行くので
初めて電車とバスで行くことになりました。

前日お友達にバスの路線番号と時刻を教えてもらっておいたのですが、

二人ともうっかりして
降りるバス停の名前を教えてもらわずじまいでした。

と、いうか、今まで何度も行っている所なので
すっかり場所が分かっていると二人とも思い込んでいたのです。

が、車で行くときとバスで行くときは方向が違うんですよ。
なので、景色も違う。

電話で訊けばいいや。

と、電車の中でバッグをガサゴソしたら

やだー、
こういう時に限って携帯電話を家に忘れてきてるし、、、、ギャー!

そしてまたご丁寧に
お友達の家の住所もすっかり忘れているぐーママことphary。

今時町中や駅に公衆電話なんてものもなく、
たとえあったとしても番号が頭に入っていない!(←いつも家電や携帯の電話帳に登録した名前を押している)

わーん、どうするのよ自分ー?


こうなったらしょうがない、
幸い、路線が描いていある地域の略式地図を持っていたので

えーと、車で来るときはこの辺りを走ってー、
確か森があるとこの近くだったなー、、、、

などと、少ない脳みそをフル回転させて
ここじゃないかと思われるバス停二つに当たりを付けました。

そして大体の勘を頼りに見覚えのある風景が現れたら

ここだっ!

ってところで降りてみるしかないじゃない!(←悲壮な決意)

と、バスに乗り込むぐーママ。

うぅ、、、いったいどこで降りたらいいんだろう?
いったいどこで降りたらいいんだろう?
変なところで降りちゃったら迷子になっちゃう。

この路線バスは一時間に一本ぐらいしか走ってないから
駅に引き返すのも難しいし、

この寒空の中、(←ウールの冬コートの下にUNIPLOのライトダウンジャケットを着ても寒かった)
大荷物を持って
当てもなく歩かなくちゃならない羽目になるかも、、、、?

けふ持っていたものは
趣味の会のもの(←結構重い
日本からのお土産(←結構重い
借りていた本7冊(←すごく重い
お土産に途チウで買った大きな葡萄(←これまた重い

しかも、しかも、久しぶりに電車に乗るからって
ご丁寧にヒールの高いブーツなんかはいちゃってるしー

ご丁寧にヒールの高いブーツなんかはいちゃってるしー。


外がよく見えるようにって
運転手さんの後ろの席に荷物を置いて
運転手さんに散々

危ないから座ってください。

って言われたのも
言葉が分からないふりをして無視して
自分は通路に立って進行方向を凝視!

ドキドキしながら降りてみたバス停は、、、、、、



当たりでしたーーーーー。

神様に感謝しなくちゃね。
神様に感謝しなくちゃね


神様ありがとーーーーー。


ちなみにだんな君もこのお友達の家に行くとき迷ったことがあります。
その時の記事→宝の持ち腐れ(←この時ぐーママは電車の駅まで車で迎えに来てもらった)

↑ぐーママ、車でだったらスイスイ行けるのになー。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : (。´‐ω‐)みぃ… - ジャンル : 日記

<< 迷子になった | ホーム | ママ床屋に新兵器 >>

コメント

お疲れ様でした!
お友達の家に無事に着かれてなによりです。
1人で知らない場所に行くときは緊張しますよね。
しかもドイツですから!(年十年すんでも慣れない)
Pharyさん、スイスまで車で行けるんですね・・
すごい・・・私、近所しか行けません。フランクフルトまで20キロ位ですがダメです・・


グーママさんたら、読んでいてハラハラしてしまいました。無事についたときは安堵した私、、。ちょっとした冒険だったのではないでしょうか。
それにしても前の記事ですが、週間マーガレット!!私も友達と回し読みしていましたよ〜!ベルサイユ宮殿にいきたかったのはやはりマンガのおげだし、マンガのおかげでフランス革命バッチリでしたしね。
確かに漫画のマリーアントワネット様はお目目がぱっちりでしたよね。
というか、顔の半分がお目目という今思えばすごいお目目でした。


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
何度も行った場所なんですけど、それだけにすっかりわかっているつもりになって、実は全然わかっていなかったということに私も友人も気が付いていなかったのです。その上携帯を忘れたのが致命的でした。
すみません、書き方が紛らわしかったですね、スイスまで車で行ったことはありません。そりゃ行こうと思えば行けるかもしれませんが、ハードルが高いです。

*ワクドキさん*
ちょっとした冒険どころか大冒険でした。何しろ自分が下車する場所も名前も皆目わからなかったわけですから、心臓バクバクでしたよ。なぜかバッグに入っていた路線が描かれた略式地図がなかったら絶対引き返していました。
受験生の味方ベルばら様にはみんな助けられたのですねー。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP