CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/11/15 (Tue) 08:34
備えよ常に



こんにちわんこ。
かわいくなったり
かわいくなったり

悪者になったり
悪くなったり

またかわいくなったり、二面相のタルです。

またかわいくなったり
この時撮った動画はこちら→かわいくなったり悪くなったり


すでに帰独しましたが、
9〜10月の日本でのことをしつこく書いています。

今回の日本滞在の記事は→ここをクリック


ニュージーランドで大きな地震がありましたね。
熊本、イタリアと、ここのところ世界中で大きな地震が続いています。
被災者の方はどんなに大変な思いをされているのでしょう?
早く落ち着いてくれるといいのですが。

そんなニュースをみて、日本で撮った二枚の写真を思い出しました。


日本滞在チウのある日、
兄が大きな紙袋を持って帰宅しました。
兄が会社からもらってきた
何でも、会社に置いてある緊急災害時用グッズの賞味期限が近くなったので
新しいものを入れるにあたって、
それまで会社に置いていたものを
みんなに支給というか分けてくれたのだそうです。

こんなのが入っていました。
賞味期限が迫った非常食
おドイツでは見たことがないようなものばかりです。

賞味期限が近いと言ってもあと半年から一年ぐらいはあります。

実家にあった非常食品類を調べてみたら
それこそ9月で既に賞味期限を切れているものや期限切れぎりぎりのものがあったので、
それを先に食べることにして、
今回頂いたものを代わりに食糧庫に入れておきました。(←半年後に忘れずに新しいものと交換するようメモをつけておいた)

写真右側のおこわ類は
お湯を入れるだけで食べられるアルファ米というものだそうです。
思ったよりおいしくいただけました。

お湯はどうするのかと思ったら
左側のナントカヒートパックという袋は
水を入れるとお湯になるというすぐれものでした。

今時の日本、すごいものがあるんですね。

クラッカーはともかく乾パンはあまりおいしいものではありませんでしたが、
水や他の食糧が手に入らない緊急時に贅沢は言えないのでしょう。

氷砂糖や羊羹(←「えいようかん」というネーミングがナイスというかそのものズバリ)は手っ取り早くエネルギー補給になるものってことでしょうか?

地震や台風の多い日本ですから
個人でも会社などの団体でもこのような緊急災害時の食料その他をしっかり用意してあるんですね。

日本の方には当たり前のことかもしれませんが
ぐーママがまだ日本にいたころはこんな便利なものはなかったし
もちろんおドイツでも見たこともありません。(←ぐーママことpharyが知らないだけかもしれませんが)

なので、
すごいなー、と妙に感心したのでこの写真を撮ったのでした。


そういえば、東日本大震災当時、
おねえちゃんも会社から緊急リュックとかいうものをもらったと言ってました。→2011年3月12日記事・おねえちゃんとのメール

↑あぁ、当時を思い出すなー。
心配で心配でずーっとPCの前に座り通しだったなー。


こういうものは便利ですけど

使わないですむのが一番だよね。(↓まだ7月の写真がある)
使わないですむのが一番だよね
もうこれ以上大きな地震が起きませんように。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

<< 不死鳥のごとく | ホーム | 思いっきりジャパーンと思いっきりジャーマン >>

コメント

ドイツにもあるそう

いつかテレビで見た記憶が。。。ドイツにもそんなものが存在するらしく、とある人が自分の4人家族が3ヶ月間生き残れることができる保存食材と水を常備しているそうです。私の記憶が正しければ乾パンみたいなもの、お湯を入れればいいだけのヌードルとトマトソースとか、水をフィルターできるろ過器とかいろいろ。でも、まずそうだった(笑)


きゃははは~

いい子のタルちゃんも悪者のタルちゃんも
めっちゃ可愛い~
日本って地震多いけど
ウチが住んでる北海道の真ん中辺りって
ほとんど地震ないのよ。
だから防災グッズなんか用意してる家あんまり
ないと思う・・・
つか、そこが危ないかもね?
冬に大きな地震があったら大変だわん。



ちょい悪タルちゃん・・・かわいい!
防犯グッズ、実家にもあります。
賞味期限が切れてしまうのは、普通はもったいなく感じますが、防犯グッズの賞味期限切れは、何事もなくてよかった・・と思います。


コメントありがとうございます。

*くむさん*
えー、あるんですか?まぁ、水を入れたらお湯になる袋なんかはアウトドア活動のことを考えたらあってもおかしくはないのですね。
<自分の4人家族が3ヶ月間生き残れることができる保存食材と水を常備している>
日本に比べて自然災害の極端に少ないおドイツでいったい何を想定してそんな準備をしているのでしょう?

*tamakitiさん*
あぁ、そういえば北海道中心部って今まで大きな地震
とかありませんでしたね。でも、備えあれば患いなしといいますから、せめて水とちょっとした保存食ぐらいは用意していた方がいいんじゃありませんか?
大雪の中に大きな地震が来たら冗談では済まされませんよ。

*マリーさん*
<防犯グッズの賞味期限切れは、何事もなくてよかった・・と思います>
確かにそうですね。ものの見方で何事もポジティブになるんでした。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP