CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/11/03 (Thu) 08:05
一生感謝しなさい




こんにちわんこ。
11月1日はすごくいいお天気だったんだよ
11月1日はすごくいいお天気だったんだよ、のタルです。


この日は万霊節でした。
11月のおドイツの天気は10月末に冬時間が始まったせいもあり
暗くて雨がちなイメージですが、
この日は午前チウこそ霧が立ち込めていましたが
昼頃からお日様が照ってとてもいいお天気になりました
昼頃からお日様が照ってとてもいいお天気になりました。

「黄金の秋」と言われる10月の黄葉は盛りを過ぎてしまいましたが
こんな光と影のコントラストの木々の中は なかなか趣があります。
それでも、こんな光と影のコントラストの木々の中はなかなか趣があります。

日本の見事な紅葉と違って黄色と茶色が中心のおドイツの秋の森もなかなかいいものです。
黄色と茶色が中心のおドイツの秋の森もなかなかいいものです
西洋の風景画の中に入ってしまったような気持ちになります。

ぐーママことphary達が住む町はミュンヘン近郊の郡都です。
大きすぎず小さすぎず、適当に町で適当に田舎。
ちゃんと商店街もあれば、小さいけれどショッピングモールや映画館もあるし
スポーツ設備や文化設備もある町です。

そのうえこんな自然もたっぷり。
西洋の風景画の中に入ってしまったような気持ちになります

川の道や森の道を散歩するとだんな君が
こんな気持ちのいい川の道や森の道

あー、ボク達はいいところに住んでいるなー。

と必ず言うので、そのたびにすかさず

この家を見つけたのは誰?

と言ってやります。

ほらほらお返事は?

、、、、ぐーちゃん。

感謝の言葉は?

ハイ、アリガトゴザイマスー。(←完全棒読み)

実際、あの住宅難だったミュンヘンで子供3人を抱えて賃貸住宅を見つけ出すのは不可能と判断し、
(参考記事→わんこはOK子供はダメ
毎週山のような広告や不動産情報を目を皿のようにして見て
今住んでいる家の広告を見つけ出し、

当時の少ない給料ではローンが支払えないのでは?

と、いぶかるだんな君を説得して(←家計簿をきっちりつけていたから返済可能な額を試算できた)

ここを買おう!

と、決断したのはぐーママ。

少ないお給料をやりくりして月々のローン返済に加え、
年に一度一定額の繰り上げ返済までできたのもぐーママの功績。
その間一家五人で定期的に日本に里帰り+旅行なんかもできたのだってぐーママの普段のけちけち精神節約術のなせる業。
あの時のぐーママの決断がなかったら
今頃ミュンヘンのしょぼい賃貸アパートに住んでいたのよ。
   
だんな君には一生感謝してもらわなくっちゃね。

でも、しっかり働いてお給料を稼いでくれたのはパパリンじゃ、、、?
でも、しっかり働いてお給料を稼いでくれたのはパパリンじゃ、、、?
そりゃそうだけど、
それを言ったらぐーママが威張れなくなっちゃうないじゃない。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

<< 弾丸トーク | ホーム | マリーアントワネットのように >>

コメント

タルちゃん・・・絵になる・・・
Pharyさん!良妻賢母です!!妻の鏡!
うちも家(といってもラインハウス)を買う時に、何十件も物件を見に行きました。結局は、前に住んでいた集合住宅の隣町(義父が住んでいる町!!)に落ち着きました。
ここもフランクフルトやマインツ、ヴィスバーデンなど大都市に出るのも便利です(車)。森もあるので夫(野生児)は大喜びです。
私は浪費家?なので、自分でお金の管理をするよりは夫に任せた方が心配がないので、お任せです。。。(恥)
夫がローンの為に、せっせと働いています・・
私は、夫に「アリガトウゴザイマス」です(棒読み)


私は節約失敗続き主婦です。
手動でフィルターコーヒーを入れていますがひっくり返してコップを何個割ったことか。作った節約料理がまずくてザンパンになることが何度も。いま窓拭き掃除の水滴吸い取るマシンがコーヒーマシンよりも欲しい気持ちをおさえております。
ドイツでお金使うより日本で使いたいので私はヘソクリ貯金してます。



うんうん

本当にいいところですよね~。
タルちゃんも気持ちよさそうに散歩してる♪
こちら北海道、今朝はもう雪が積もってます~
今年は早いです。


いつも不思議に思ってました。
ご自宅の近くに、こんな素敵な場所があるのは
おドイツでは当たり前なのかな~と。

これも、ぐーママのおかげだったのですね!
ホントにうらやましいです。
黄金の秋というのですね~v-238
タルちゃんと紅葉、名画の世界のようですね。


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
義父さんの住んでいる街にいい物件があってよかったですね。うらやましいです。うちは親せきがみんなドルトムントに住んでいるので、どうしても関係が気薄になってしまいがちです。
もし(もう亡くなってしまいましたが)義母たちの近くに住んでいたら、私のドイツ語ももっとましなものになったし、ドイツ料理などもいろいろ覚えられたのにと思います。

<自分でお金の管理をするよりは夫に任せた方が>
それは楽に決まっていますよ。でも、うちの場合、笊なのはだんな君の方なので、私がきっちり管理するようになったのです。でも、全部任されてしまうと自分の物がなかなか買えないんですよね。「このイヤリングのお金で何日分の食料が買える。」とか思っちゃって。むしろ一定額をもらって、残ったお金は自由に使っていいよと言われた方だどれだけ楽か。もちろん、残るくらいたくさんもらうのが前提ですが。

*マリさん*
<ドイツでお金使うより日本で使いたいので私はヘソクリ貯金してます>
私もです。おドイツでちょっと気の利いたものを買ったと思っても、日本ではもっといいものがお安く買えたりするものですから。それに服だって何だって日本だとサイズがぴったりのものがより取り見取りなのでおドイツで買うのは普段着のTシャツとかトレーナーぐらいです。もちろん子供サイズ、しかも赤札。

*tamakitiさん*
環境は本当に抜群にいいところです。
もう雪ですか。って、普段のおドイツも10月に雪なんてざらですが、今年は一カ月半ぐらい季節がずれています。でも明日あたり降るようなことを天気予報が言ってました。

*つまさん*
ミュンヘン市内ではやはり難しいですが、ちょっと郊外に出るとこういうところは普通です。平地が多い上に住宅地とそうでないところの境界がきっちりしているので、隣町との間にこういう自然地区が広がっているというか、森や田園風景の中に町があると言ったらいいのでしょうか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP