CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/09/27 (Tue) 10:46
オリジナルブランドの方がいいのに



こんにちわんこ。

わけあって一時帰国ちうのぐーママことpharyです。

先週東北大学病院内のカフェベーカリーで兄夫婦とランチしました。
先週東北大学病院内のカフェベーカリーで兄夫婦とランチしました。

そこで売っていた義姉が食べたこのアンパン、
どうせなら「東北大学」という焼印にすればいいのに。
どうせなら「東北大学」という焼印にすればいいのに。

と、思うのはぐーママだけではないはず。


受験の季節なんかは
東北大学を志望している高校生とかに売れるんじゃないかなー?

「大学」だけじゃ今の日本、ピンからキリまでありますものね。


気分はマーケティングのスペシャリストなぐーママでした。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : こんなの食べてみました。 - ジャンル : グルメ

<< 掃除婦はお姫様 | ホーム | 実家の味の継承が出来ていない >>

コメント

ぐーママさん、ぶどうに梨、おいしい季節に、おかえりなさい!

以前、「単位」パンというものが流行りました。
単位がほしいという学生のリクエストに応えて、大学生協が、「単位」と刻印したパンにを売ったら、大人気に。
で、その刻印を依頼したら、画数が多いので難しいと、なかなか請け負ってくれるところがなかったそうです。
「大学」の文字、きれいに出ますね。全国の大学で販売されてたりして?

日本の秋の味覚をたくさん召し上がってくださいね。
シャインマスカットが人気ですが、私は、シナノスマイルにはまりました。


アンパン、おいしそう!
大学の印まではいってる!(売れそうですよね・・)
タルちゃん・・・元気かな~?


おお

お兄様は東北大学の関係者でいらっしゃるのかしらん?
大学アンパン美味しそう~♪



あら〜日本の素敵な季節に里帰りされているのですね。
東北は今日も美しいことでしょうね。
それにしても前の記事ですがロンドンでのべつ行動、、微笑ましいですよ〜愛されているグーママさんです。旦那さん、ロビーでまっているなんて,,,かわいすぎ。心配で部屋でリラックス出来なかったのでしょうか?これからは、心配だから一緒に行ってあげようか?ではなく僕も行きたい、グーママさんと一緒に過ごしたい、離れるのは嫌、といわれるかもしれないですね。


コメントありがとうございます。

*つまさん*
ありがとうございます。早速梨や柿をデザートにいただいています。日本の果物はみんな甘いですね。滞在期間中日本の味を満喫したいです。
「単位パン」私も学生時代にあったら買っていたかも。こういうちょっと「クスッ、なるほど」という日本のセンスやアイディア、いいですよね。

*マリーさん*
これを売っていたのは大学病院内のベーカリーでした。大学のキャンパス内でも売られているかは不明です。でも。美味しいアンパンでした。

*tamakitiさん*
いえ、兄は大学とはなんの関係もありません。大学病院に行ったときにそこでゴハン食べただけです。
先日だんな君とスカイプで話をしたときタルをPCの前に連れてきてもらいましたが、私の画像にも声にも一切関心を示しませんでした。( i _ i )

*ワクドキさん*
この季節の里帰りは30年ぶりぐらいなんです。(ここ最近はこれより1ヶ月ぐらい遅い)暑くもなく寒くもなく過ごしやすいです。
だんな君は私を心配していたのではなく、自分一人で不安だったものと思われます。俗にいう「濡れ落ち葉族」ってやつです。
なので時々私一人で日本にくるのはだんな君のサバイバル練習の意味もあるのです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP