CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/05/10 (Tue) 08:09
謎のトッピング



こんにちわんこ。
ママリンは趣味の会に行くといつもおいしいものを食べてくるんだよ、のタルです。

ママリンは趣味の会に行くといつもおいしいものを食べてくるんだよ
ぐーママことpharyの週に一度の贅沢+お楽しみです。
こういうことでもないとお化粧してちょっとおしゃれしてミュンヘンへお出かけなんてことしないし、、、、。

そうすると、年がら年中子供のお上がりを着ている引きこもりオバさんになっちゃう危険が危ないでしょう?


選ぶレストランはその日の気分にもよるけれど、皆さんの好みは

和食>中華・ベトナム・タイ>韓国>イタリアン>レバノンその他のアジア料理

の順かな。
おドイツ料理なんて100回に一回も行きません

4月半ばの趣味の会の後のランチは久しぶりに和食レストランBへ行きました。

これまでのレストランBの記事→


ぐーママはここではいつも(←っていうかメニューにあるときはどこでも)海鮮チラシをチョイスします。(←刺身スキー)
ぐーママことpharyはここではいつも(←っていうかメニューにあるときはどこでも)海鮮チラシをチョイスします。(←刺身スキー)

お友達はフィレカツランチ。
お友達はフィレカツランチ

もう一人のお友達はトリとナスの味噌炒めランチ。
この味噌炒めがすごくおいしそうだったの
この味噌炒めがすごくおいしそうだったの。

次回はちょっと浮気してみようかな-

と思わせるくらいおいしそうでした。

人のものは何でもよく見えるんだよ
人のものは何でもよく見えるんだよ
でも、実際おいしかったらしいし、
第一ぐーママ、鶏もおナスも好きだもん。

でね、その味噌炒めの上にのっているこの赤いトッピングが一体何なのか?
もう一人のお友達はトリとナスの味噌炒めランチ
誰も分からなかった。

ということを書きたかったのです。

後でお店の人に訊いてみようね。

って言ってたのに
ゴハン食べ始めちゃったら全員コロと忘れてしまったので

ブログに書いたら誰か教えてくれるかなー?

って思ってこの記事を書いた次第。

別に知らなくても困るわけじゃないんですけどね。
タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : こんなの食べてみた - ジャンル : グルメ

<< 結婚記念日に冷凍ピザを食べたわけ | ホーム | 母の日のケーキ 2016年 >>

コメント

糸唐辛子

お久しぶりです。
これは『糸唐辛子』ではないでしょうか。
辛味の少ない赤唐辛子を乾燥させて細く糸状に切ったもので、鮮やかな赤色をしているので韓国料理などの仕上げに飾りとして少量あしらわれることが多いそうです。


"年がら年中子供のお上がりを着ている引きこもりオバさん"ああ驚いた、私のことかと思ってしまいました!
ふふ、たしかにレストランで他の人が食べているものが気になりますよね。日本みたいに、ディスプレイがあれば良いのになあ〜ト何時もアメリかのレストランで思う私。。


どれもこれも美味しそうですね!
日本食だと、私も必ず「海鮮ちらし」です。
そうですよね。主婦だと、あまり外に出ないですよね。
おしゃれして息抜きって大切ですよね!
私もパンプスとワンピースで出かけるようにしています!


だはは

そう言えばそうよね~
ドイツ料理って自家製のものが多くて
レストランでってのはあまり記憶にないかも。
しかし、この海鮮丼の写真見ると
おドイツ在住の人のブログとは
思えないでしょうね~?
タルちゃん、お土産あった~?



私も糸唐辛子だと思います。
ミュンヘンは店の選択が豊富でいいですね!

以前マルサアラムの事を聞いた者ですが、
今年の春はハルガダへ行ってきました!
ダイビングもしましたが、運悪く小物にしかお会いできず。
次回はマルサアラムでリベンジ予定です。


糸唐辛子のように見えますが・・

はじめてコメントいたします。
ぐーママさまの記事をいつも楽しく拝見しております。
糸唐辛子、お料理にたまに乗っていることがありますが、
個人的には、この糸唐辛子がのっていて美味しいと思ったことが
過去に一度もありません。
あるとき、喉の奥にへばりついた糸唐辛子を涙を流しながら
やっと飲み込んだことがあり、苦手な食材になりました。


コメントありがとうございます。

*あぐりさん*
早速の情報ありがとうございます。確かに辛みはほんのちょっとしかなかったようなので糸唐辛子と思われます。


*ワクドキさん*
<日本みたいに、ディスプレイがあれば良いのに>
おドイツにいる私もいつもそう思います。メニューの説明から想像するゴハンと出てきたものが全然違うということが結構あるんですよね。せめて写真でも載せてくれたらいいのに。あ、そうそう、よく行く中華のお店はついている日本語のメニューの間違いが多いですけど、写真があるからすごく助かります。

*マリーさん*
あら、マリーさんも刺身スキーなんですね。
そうそう、どこかに出かけないとどんどん身の回りに気を付けなくなっちゃいますよね。私、電車でお出かけするときしかお化粧・おしゃれしないので、夏休みなんかで趣味の会が長期でお休みになると、冗談じゃなくどんどんだらしない格好になって行ってしまいます。

*tamakitiさん*
ドイツ料理は煮込みとかグリルとかオーブン焼きが多いのでそこそこ家でも作れるっていうのもありますし、特に食べたいって味ではないんです。なので、外で食べる機会があるときはついつい和食レストランに行くようになってしまいます。

*ちーさん*
私がおドイツに来た頃はミュンヘンに和食レストランは2件しかなかったのですが、その後どんどん増えていきました。
<今年の春はハルガダへ行ってきました!>
うちはエジプト情勢(テロとか)がちょっと危ないかなってことで今ダイビングバカンスをどうしようと悩んでいるところです。チーさんたちが大丈夫だったら私たちもいけるかしら?もし行くとしたらやっぱりマルサアラムに行きますよ。あそこは大物がしょっちゅう見られますからね。マルサアラムへの直行便を使えば大丈夫かなぁ?

*ルイさん*
いつも読んでくださってありがとうございます。
確かに、これを食べたお友達も「特別おいしいってわけじゃないです。」って言ってました。だから単なるお飾りなのかな?もしかしてサフラン?なんて、みんなで騒いでいたのです。
<喉の奥にへばりついた糸唐辛子>
辛みが少ないと言っても唐辛子ですからそれはお辛かったことでしょう。次回この料理を食べる機会がありましたら注意しようと思います。


マルサアラムは大物しょっちゅうですか!
それは会いに行かなければですね。

マルサアラムは分かりませんが、
ハルガダ空港はパスポートコントロールが何回もありました。
また、ドイツ行きの飛行機に乗る際はドイツビザを持っていても
ドイツ語が話せないと、航空会社の役職上の方の人のOKが出ないと
乗れないようでした。ドイツ語話せないアジア人夫婦の私たちは
OK出してもらえましたけど、、、。(ドイツ語勉強せなと痛感)
多少は厳しくみてるようです。ただ、ライターを持って入れている
人もいたので日本やドイツほどのチェック精度はないかと。

4月はドイツ人やオランダ人多かったですよ。
飛行機も満席でした。
もし行かれるなら、楽しんできて下さいね!


コメントありがとうございます。2

*ちーさん*

<ドイツ行きの飛行機に乗る際はドイツビザを持っていてもドイツ語が話せないと、航空会社の役職上の方の人のOKが出ないと乗れないようでした。>
この辺謎の警戒ですね。ドイツ語のチェックデモしたいましたか?ドイツ語が話せる人はテロリストではないとでも言いたげ。

<ただ、ライターを持って入れている人もいたので日本やドイツほどのチェック精度はないかと>
ハハ、相変わらずのエジプトのセキュリティですね。水はどうでした?今までは500mℓだろうが1ℓだろうが持ち込み放題でしたけど?

<4月はドイツ人やオランダ人多かった>
ここを読んでかなり心が動かされました。
やっぱりあの辺は遠いからテロも来ないのでしょうか?オサマラビンが暗殺されたとき丁度マルサアラムにいたのですが、エジプトの人たちみんなラビン?テロ?何それ?みたいな雰囲気でしたしね。うーん、どうしようかなぁ?


ドイツ語チェックはチェックインカウンターの人の匙加減だと思います。
ドイツのビザ持ってるのに話せないの何で?って感じでした。
最後は、謝られましたけど。規則なんだ!って。笑
多分、何かあった時に、ここまでチェックしたんだ!って
言いたいのではと思います。

水は持ち込めませんでしたねー。皆、最後までガブガブ飲んでました。
去年の12月にマルサアラムに行った時も水はだめでした。
後ろのイタリア人のおじさんが去年は大丈夫だったのに!って
言ってましたね。靴も何回も脱がされてめんどうでした。

テロはなんとも言えませんけど、あそこで騒動起こすよりカイロや
ルクソールなどの観光地の方が危ないかなと思い私たちは旅行しました。
シナイ半島は行く気にはなれませんが。
でも、迷うところですよね。。。
現地はのほほんとした雰囲気でしたけど。笑


コメントありがとうございます。3

*ちーさん*
へー、さすがのエジプトもちょっと本気チェック(の真似事)を始めたのですね。
おドイツ語チェックは何のためかまったくもって意味不明ですけど。
水の持ち込みなできなくなるのはちょっと辛いかなー。特にホテルからもらったお弁当持参で空港入りした時に飲み物を没収されるっていうのは、、、、。

<カイロやルクソールなどの観光地の方が危ない>
私たちもこれまではそう考えていたのですが、昨今のテロ情勢を見ると運が悪かったら辺りになっちゃうかなー?という不安が頭をもたげているのです。
でも、
<現地はのほほんとした雰囲気でした>
やっぱり!予想通りで笑っちゃいました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP