CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/03/03 (Thu) 19:58
無秩序なドイツ人



こんにちわんこ。
おねえちゃんと末っ子ちゃんはときどきゴハンを食べに来るんだよ、のタルです。

おねえちゃんと末っ子ちゃんはときどきゴハンを食べに来るんだよ

この写真は1月に撮ったものですが、
いくら暖冬とはいえ、
いくら家の中がセントラルヒーティングで温かいとはいえ、
これは真夏の装いではないでせうか?

特に末っ子は
特に末っ子はいったい何枚P房のP-トテックを着ているのでせう?
いったい何枚のP房のP-トテックを着ているのでせう?


かれこれ2週間ぐらい前のことですが、
ミュンヘンから戻ってくるときにまたぞろS-Bahn(エスバーン=近郊電車)が途チウでストップしました。

と行っても三つ先の駅からは電車が走るので
その三つ分はタクシーが乗客をピストン輸送していくれるということでした。

え、タクシー?
臨時のバスじゃなくて?

今までもこういうことがたびたびありましたが、
そういう時は臨時のバスが出ていて
タクシーというのは初めてです。

でも、電車から降りたのは200人を優に超える乗客です。
やってくるタクシーは大型ですが、それでも8人しか乗れません。


そして、おドイツ在住の方ならお分かりと思いますが、

おドイツ人、ソーセージやパンを買うときは並びますが、
バスや電車に乗るときは並びません
電車が着くとドアの近くに立っていた人から乗り込むのです。

だから、ラッシュ時なんか、
かなり先に乗り場に立っていても運が悪いと座れないこともあります。


この日も臨時のタクシー乗り場には係員が二人しかおらず、
もちろん乗客の誘導などするはずもなく
乗客はてんでに勝手な所に立っています。
乗客はてんでに勝手な所に立っています。

しかも最悪なことにタクシーが止まる場所が決まっていないのです。
しかも最悪なことにタクシーが止まる場所が決まっていない

タクシーがA地点に止まれば、
タクシーがA地点に止まれば、 乗客は我先にとA地点に殺到
乗客は我先にとA地点に殺到します。

でも乗れるのは8人だけ。

B地点に止まればみんなワーッとB地点に。
B地点に止まればみんなワーッとB地点に

結構な数のタクシーがピストン輸送してくれるとはいえ、
一度に乗れるのがたったの8人のところに
待っている人は200人を超えています。

はじめは

そのうち人が減ってこればいつか乗れるだろう。

と、楽観していたのですが、
20分後に次の電車が到着したら
乗客はてんでに勝手な所に立っています。
またまた200人近くの人がタクシー乗り場にあふれるわけです。

うかうかしていたら永遠にタクシーに乗ることができません。


悲惨だったのはお年寄りや、ベビーカーを押している方、大きなスーツケースを持っている方たちでした。

何しろ小回りが利かないうえに
大きな荷物やベビーカーなどを積む余裕なんかなかったのですから。

しかもドイツ人ったら人、そういう人たちを優先してあげるなんてこと考えもしないんですよ。

階段で困っているベビーカーを運んであげる人はけっこういても、
こういう、非常事態(?)の時にはみんな自分のことばかり考えるんですね。
タクシーの運転手さんも、係の人たちも何にも言わない+してくれなかったし。


ここにきてさすがのぐーママことpharyも厚顔無恥になりましたよ。(←エ、普段は?←大和なでしこよ←こういう発言を厚顔無恥を言うんじゃ?)

運よくぐーママの近くに一台やってきたので
ダッシュしてタクシーが止まるか止まらぬうちに前のドアにしがみつきました。(←今考えるとかなり危険)
ダッシュしてタクシーが止まるか止まらぬうちに前のドアにしがみつきました。

その時そばに脚の不自由なおばあちゃんが立っていたので
ぐーママ、体で盾になってほかの人が入れないようにして
その時そばに脚の不自由なおばあちゃんが立っていたので ぐーママ、体で盾になってほかの人が入れないようにして まずおばあちゃんを乗せました。
まずおばあちゃんを乗せました。(←大型車なので前の座席には運転手のほかに二人乗れる)

そしたらおばあちゃん、奥(真ん中)の席に詰めてくれるのかと思いきや、

私は足が悪いから真ん中の席じゃ狭くて座れないわ。

なんて言うんですよ。(←実際には足が不自由だからじゃなくて、かなーり太っているからだと思)

ちょっとおばーちゃん!

でも、一度降りてもらったりしたら
もたもたしているおばあちゃんの脇から誰かが乗り込んでしまうかもしれなかったので(←それくらいみんな殺気立っていた)

ぐーママ、座っているおばあちゃんのお膝をよじ登るっていうか、またぐというか、
乗り越えるようにして真ん中の席に乗り込みました。

かなり大変な作業でした。(←おばあちゃん、重かった?ごめんね)

ぐーママ、痩せていてよかったです。(←あちこちのお肉が垂れてはいるけど)
もうちょっと太っていたら、フロントガラスとおばあちゃんの間を通れなかったでせう。


と、いうわけで
寒空の下で待つこと約30分でやっとタクシーに乗れたぐーママなのでした。

ママリン頑張ったね。
ママリン頑張ったね。
だって、あれを逃したら永遠に家に帰れないような気がしたんだもの。

タクシーだってさ、ただやみくもに人を乗せないで
A駅行、B駅行、C駅行に分ければ
乗客もこれほど混雑しない上、輸送時間の時間短縮にもなるでしょうに、要領が悪いったらありません。
一台のタクシーにそれぞれの駅に行く人が混じって乗ったら、そのタクシーは三つの駅全部に止まらなくちゃいけないでしょ。


しかし、なによりおドイツ人のこの秩序のなさにはびっくりですよ。

これが日本だったら
タクシーが止まるところはちゃんと決まっていて
鉄道の職員さんがロープかなんかを張って乗客を誘導したでしょう。

万が一それがなかったとしても
みんな先着順に並ぶでしょう。

日本では3・11のような災害が起こったときでも
みんなちゃんと並んでましたよね。
(←世界が驚嘆した)

あんなことがおドイツに起こったら一体どんな悲惨なことになるのだろう?

と怖くなったぐーママなのでした。


家にいるだんな君に迎えに来てもらおうとも思ったのですが
こんな時に限って携帯を忘れるという間の悪さ。
タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

こんな事しょっチウなおドイツの鉄道ですが、

知らないうちにまた値上がりしていました。
っていうか毎年12月に料金が上がるのです。

この一日乗車券、何年か前は7ユーロ(=約870円)だったのが
この一日乗車券、何年か前は7ユーロだったのが 一昨年は8ユーロ10セント、去年は8ユーロ30セントになって
一昨年は8ユーロ10セント、去年は8ユーロ30セントになって

こないだ久しぶりに買ったら
8ユーロ60セント
8ユーロ60セント(=約1100円)!

たっか!

しかしサービスの向上は見られないし見込めないという、、、、

おドイツ3大おバカのひとつドイツ鉄道。
タルッとクリックお願いします。→ 



お知らせ

ブログのお友達、みきさんが所属する英国公認日本語ガイド協会では今年もチャリティーガイドツァーを行います。

このチャリティで集まった寄付は100%現地のチャリティ団体に寄付されるそうです。

ロンドン在住の方、春にロンドンを訪れる予定の方、
英国政府公認のブルーバッジガイドのご案内で、ぜひロンドンをお楽しみください。

詳しくは→ウェブサイト

3月第一・二週の予定

3月5日 (土)  ウェストミンスター寺院「理解」ツアー   
          イギリスのセレブに会おう(彫像編) ツァー

3日6日 (日)  イーストロンドン「攻略」ツアー   
          ウィンブルドンテニスコートグラウンド・ガイドツアー

3月12日(土) シャーロックホームズ・ ガイドツアー 
          イギリスのセレブに会おう(肖像画編)ツァー

3月13日(日) オリンピックパーク・ガイドツアー
          イーストロンドン「攻略」ツアー


一般的なツァーとは一味違うツァーがそろっているんだよ。
一般的なツァーとは一味違うツァーがそろっているんだよ
たくさんの方の参加をお待ちしています。



あの震災から5年が過ぎようとしていますが、
ぐーママの故郷東北地方ではまだまだ皆様の支援を必要としています。
こうして息の長い支援をしてくださる方々には本当に感謝です。

タルッとクリックお願いします。→ 






関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 捨てられてしまった! | ホーム | アロエのハチミツ漬け >>

コメント

Pharyさ~ん!!
お疲れ様でした!!頑張りました!(もらい泣き)
ドイツ・・・あれこれ議論する前に道徳心を持てよ!ですよね。
宗教の授業の前に「道徳」の授業をとりいれて欲しい!と思っている日本人は私だけではないはず!
おばあちゃんも、せっかく、Pharyさんが先に入れてくれたのに・・・なんだか、悲しい・・ドイツ人(ヨーロッパ人)!!
子供達が小さい時に、「乗り物は、降りてくる人が皆、降り終わったら乗るのよ」と言った時に、「ドイツでは、皆、待たないよ」と言われました。涙・・・。
日本が震災に見舞われたときに、きちんと列を作って配給物をもらっていた日本人が各国で賞賛されていましたね。
ドイツでは暴動が起きているかも・・と夫も言っていました。
っていうか、もう、次元が違いすぎますよね!(怒)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


いやはや、信じられない無秩序さですね、、
いく駅でタクシー分けるのなんて、ちょっと考えれば分かりそうですが、、
私だったら永遠にタクシー乗れない気がします(>人<;)


おドイツ3大おバカのひとつドイツ鉄道,,ものすごく分かります。車で15分のフランクフルトに行くのに1時間半かかったこともありました。
なぜか時間どうりに来ない。几帳面という印象をみごとに裏切られましたね。タクシー、、、これは驚きです。将棋倒しにならなくて本当に良かったですよ〜読んでいて怖くなりました。悲しいですよね、災害時には本性丸出ですか、、。ばあさん、狭いッて??そこでもうしわけそうな態度をとっていたら許してやりますが(私が許してどうする)非常時にもやはり自分が一番なのですね。アメリカでは暴動が起きていても不思議ではありません。日本人、,災害の時でさえ秩序を保つ姿は本当に日本国民として誇りに思えましたよね。世界中の民を,,見習え〜!!といいたくなっちゃう。


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
<宗教の授業の前に「道徳」の授業をとりいれて欲しい!>
確かに!煙草の吸殻をポイ捨てしたり(しかも火が付いたまま)列に割り込んだり、電車の席に汚い靴をのせたりなんかも何とかしてほしいですよね。周囲の人を不快にさせないよう、迷惑をかけないよう気を付ける、なんて気持ちはないんでしょうね。
<子供達が小さい時に、「乗り物は、降りてくる人が皆、降り終わったら乗るのよ」と言った時に、「ドイツでは、皆、待たないよ」と言われました。>
こちらで育った子供はどうしてもおドイツ的な考え方になってしまうのですね。また、そうでないとこのおドイツでは生きていけないのかもしれないという悲しい現実。


*管理人のみ閲覧できますさん*
わざわざコメントを書いてくださってありがとうございます。お大事にね。


*空&くうママ@azu147さん*
日本人の間隔のままだったら、こんな場合永久にタクシーには乗れないでしょうね。なので私も厚顔無恥・なりふり構わずになりました。こんなこと日本でしたらすごいケンクツを買ってしまいますよね。


*ワクドキさん*
<几帳面という印象をみごとに裏切られました>
書類整理に関しては異常なくらいに几帳面なんですけどねー。
電車が時間通りに来ないのはもう、想定内ですよ。なので私はいつも一本(20分)早い電車に乗るようにしています。それでも遅刻することがある、それがおドイツ。

<日本人、,災害の時でさえ秩序を保つ姿は本当に日本国民として誇りに思えました>
日本人ってどうしてこうなんでしょうね?あまりに立派すぎます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP