fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/11/20 (Mon) 00:41
「デスノート」鑑賞会

バニラさんのブログで知った「デスノート」

「日本でかなり流行っているんだって、どんな話なんだろうね。」
と何気なく言ったら、

ケアサいおにいちゃんが早速You Tubeからダウンロードしてくれました。
ていうか、自分が観たかったらしい。

しかも、アニメ版と映画版と両方。

で、本日は夕食の後、日本語の分からないだんな君を除いておにいちゃん、末っ子と3人で鑑賞会。

昨夜自分だけ、真夜中までかかってすでに観終わっていたおにいちゃんが、
スッゲー面白かった。」
と、やたら張り切って、
大きい画面のほうがいいからと、
わざわざ彼のPCをリビングに運んで、配線して、
という気の入れよう。

ところが、アニメ版から観ていたら、
第一話が終わるころに電話が入り、
その関連で、次々に電話をかけなければならなくなって、
私は1時間ぐらいキッチンに篭っていました。

その間、お兄ちゃんが何度も顔を出して、
「ママ、電話なんかしてないで観に来いよ。話が通じなくなるじゃないか。」
と催促に。

いや、それはあとで観られるから。
こっちの話は今じゃなきゃだめだから。
ママはいいからあんたたちだけで観ていなさい。

とその都度言ったのに、しつこくやってきては観ろ観ろと言う。

やっと電話が終わった私がリビングに戻ったときには、
なぜか不機嫌になっていて、
「もう時間がない。(明日学校がある末っ子が寝る時間を気にしていたらしい。)映画版のほうがさっと終わるから、こっちに切り替えよう。」
と、一方的に映画版を見せられました。

いや、私はそれほどキョーレツに観たいと思っていたわけじゃないんですけどね。

なんか、おにいちゃんの
「ほーら、面白いだろ。
こんなに面白いもんをママが観たいって言うからわざわざダウンロードしてやったんだぜ。
オラオラ、楽しめよ。」

という、ありがたいような、押し付けがましいような態度に押されて、ちょっと遅くなってしまったけど最後まで観てしまいました。

しかも、途中、
「ここからがすごいんだぜ。」とか
「どうなるかワクワクするだろ?」という
変な解説つき。

まぁ、面白かったけど。

ちなみにだんな君は寝室で一人さびしくテレビを観ていました。
だんな君が一緒に観ると、ところどころ説明してやらなければならないので、
それが煩わしいからと、おにいちゃんに追い出されたのです。

おにいちゃん、一体その意気込みは何だったの?


タルッとクリックお願いします。


関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< さわやかな秋の日の散歩  | ホーム | ま、まずい >>

コメント

デスノートは確かに日本ではやっています。特に小学生中学生かな・・・先日うちの娘はデスノートファイナルを観てきました。友達と大興奮で帰ってきました。いろいろと私に説明するのですが,いわゆる最初のデスノートもテレビでいい加減に観た私にとってはちんぷんかんぷん・・・でも藤原竜也は可愛い(^_^)v


コメントありがとうございます。

*Himeさん*
アー、あの人が藤原竜也って言うんですか。
すっごくのめり込んでみたというわけではないのですが、やはりあの後どういう展開になるのか気になります。
主人公も結構ワル何で、彼が必ずしも勝者になるとも思えないし、、、。
ただ、あの、話の設定自体が、なんか、今の日本でこんな話して大丈夫なの?って気がするんですけど、何も問題はないんですか?たとえば、デスノートをまねしたを真似したいじめなんてないのかな?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP