FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/02/07 (Sun) 08:38
確かにお利巧なんだろうけれど




こんにちわんこ。
かごの中のタルです。

かごの中
タルリンがまだパピーだったころは、
電車で出かけるときはこのかごに古いマフラーと一緒にくるんでどこにでも連れて行っていたのです。
懐かしいなぁ。



まだ雪が残っていた先週取った写真です。
駅前のスーパーマーケットの前の歩道でご主人様を出待ちしていたシェパード(のミックス?)君
駅前のスーパーマーケットの前の歩道でご主人様を出待ちしていたシェパード(のミックス?)君。

おドイツではこういう風にリードなしで待たせていることが多いです。(←特に大型犬、しかも結構長時間)

きっちり躾けられているのでしょうけど
すぐそばが車道だからぐーママことpharyとしては心配。

こういう事故がいつ起こらないとも限りませんから。

それにオバQのようにわんこが苦手な人(←この方のような方)にとっては
怖くてそばを通ることができないでしょうから、

やっぱりリードはつけるべきなんじゃないかと思います。


タルッとクリックお願いします。→ 


お知らせ

ブログのお友達、みきさんが所属する英国公認日本語ガイド協会では今年もチャリティーガイドツァーを行います。

このチャリティで集まった寄付は100%現地のチャリティ団体に寄付されるそうです。

ロンドン在住の方、春にロンドンを訪れる予定の方、
英国政府公認のブルーバッジガイドのご案内で、ぜひロンドンをお楽しみください。

詳しくは→ウェブサイト


一流ガイドさんの案内でロンドン観光を楽しみながら寄付もできるんですよー。一石二鳥ですよー。
一流ガイドさんの案内でロンドン観光を楽しみながら寄付もできるんですよー。一石二鳥ですよー。


たくさんの方の参加をお待ちしています。



あの震災から5年が過ぎようとしていますが、
ぐーママの故郷東北地方ではまだまだ皆様の支援を必要としています。
こうして息の長い支援をしてくださる方々には本当に感謝です。

タルッとクリックお願いします。→ 






関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

<< バスの行き先 | ホーム | 思いがけないプレゼントとカロリーボンベ >>

コメント

こんにちは!
そーなんですよね、おドイツの犬はほんとうにしつけができていて、リードなしでスーパーの前で飼い主を待ってる場面をたくさん見ました・・・・
リードなしなんて信じられない;
ちょっと嫌だったのは、ベルリンの犬のうんPマナー・・・飼い主、後始末をしないので歩道がうんPだらけだったのを思い出しました。
ドイツでは犬の後始末しないのが普通なんですかね?それともいーかげんなベルリンだけ?笑


同感です!!
リードなしのわんちゃん、たくさんいますよね。
しかも、大型犬!!
ご近所のわんちゃんもそうです。
いつも、嫌だな~と思っていたら、おととし、ご近所の子供が
軽く?かまれました!それでも、リードなしです・・・
わんちゃんのウン●は、来た当時(20年前ぐらい?)より減った気がします。(フランクフルト近所)


コメントありがとうございます。

*スシキャットさん*
<ベルリンの犬のうんPマナー、、、・・飼い主、後始末をしないので歩道がうんPだらけ>
ちょっと前まではうちの町もそうでした。これだけはわんわん先進国とは思えなくてとっても不思議でした。
が、数年前からわんわんトイレットが町のあちこちに作られるようになってかなり改善されました。それでも、まだ100%とは言えませんけど。中にはわんわんトイレットの10m手前に放置していく輩もいるんです。

*マリーさん*
どんなにしつけが行き届いていたとしても、例えば人間だって何かの拍子にってことがあるのと同じように、わんちゃんだって絶対何があっても大丈夫とは言えないと思うんですよね。だから飼い主の目から離れるときは必ずリードをつけるべきだと思います。

ご近所わんちゃんの飼い主さん、強気ですね。軽くとはいえ噛まれたお子さんはトラウマになってしまっているのではないでしょうか?

わんこのフン害、うちの町も数年前からわんわんトイレット設置のおかげでかなりきれいになりました。ミュンヘンもたとえば補習校周辺など、目を皿のようにしてい歩かないと踏んづけの確率が高かったのですが、今はかなりきれいになりました。それでも油断はできませんが。何か条例のようなものができたのかもしれません。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP