FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/01/06 (Wed) 06:44
まだ微妙な立場



こんにちわんこ。
森の道にたたずむタルです。
森の道にたたずむ
年賀状を作るときにママリンがなんだか悩んでいたんだよ。




前記事でいつも年賀状は

<クリスマスの家族写真なのです
クリスマスチウに年賀状を作って27日に投函しました
今年はだんな君とのツーショットをレイアウトしたものにしました。>

と、書きました。

と、言うのは
前年はイブにおにいちゃんだけが来たのでそこで家族で撮った写真を使いましたが、(←ガールフレンドのMちゃんはおにいちゃんと26日にうちに来た)

今回のクリスマスはおにいちゃんはいつもガールフレンドのMちゃんと一緒にやってきたので(←イブと26日)
家族だけの写真を撮れなかったからです。

Mちゃんはおにいちゃんと一緒に住んではいるけれど
立場上はまだガールフレンド。(=家族というにはまだ微妙な存在

今回おにいちゃんがイブにMちゃんを連れてきたってことは
今年も家族全員が健康で一緒にジャガイモサラダを食べられたことに感謝
前の年より家族的扱いに近づいたとはいえ、

年賀のご挨拶の写真に一緒に写るのはまだ早いかなぁ、、、、?
特に日本の親戚筋(←特に高齢の人たちが)の間で

これは誰だ?

って、問題になるかもしれないし、、、。


かといって

年賀状用の家族写真を撮るからちょっとどいてて。

とかって言えないし、、、、、。

パパリンとママリンのツーショット特集にしたのは苦肉の策だったんだね。
パパリンとママリンのツーショット特集にしたのは苦肉の策だったんだね
そうなのよ。


いつかMちゃんも一緒に年賀状の写真を撮れるようになる(=家族の一員になる)かなぁ?

Mちゃんはかわいいし性格もいいから(←おドイツの女の子のように自己主張が強くない、、、と思ふこんなこともしてくれるしね)
ぐーママことpharyとしては家族になってほしいけど
これだけは当人たちの問題ですからねぇ。


何しろおドイツの人たちはすぐに同棲はしても
なかなか結婚しません。

うちのご近所さんなんか
一緒に住んですでに25年近く、成人間際の子供が二人いて、一緒に家も購入して
それでも結婚していないんですよ。

だんな君の55歳になる弟も、つい最近20年くらい一緒に生活した彼女とやっと籍を入れました。

まぁ,一旦結婚しちゃうと、
万が一の時の手続きやら財産分けやら何やらがかなり面倒だということもありますが、

若いうちに何人かと付き合って、実際暮らしてみて(←お試し婚みたいなもの)、
本当にこの人となら一生やっていけると思った相手と一緒になるみたいです。(←それでも離婚率はすっごーく高いですけど)


こんな状態のお子さんを持つ方々、
いつごろからお子さんのパートナーを家族の一員として認めるようになりましたか?
タルッとクリックお願いします。→ 


本音を言うと

オレ様おにいちゃんがMちゃんのような可愛くて優しい子を逃したら
もう後がないような気がするのよね。(←息子を信用していない母親)


どうするの、おにいちゃん?
どうするの、おにいちゃん?

タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : いつまでも独身じゃいられない! - ジャンル : 独身・フリー

<< うさ耳のモデルチェンジ | ホーム | 年末年始 2015-2016 >>

コメント

桃太郎君の彼女Bちゃんも2年ほどのお付き合い。他にハウスメイトが3人いるとはいえ、一緒に暮らしていることに変わりないです。かわいいし、従順なタイプだけど、ものすごくおとなしくて正直退屈です。ティムちゃんはこのまま結婚したらどうしようって心配していますが、大学が終わったら就職先によって別居(!!)するわけだからそれほど心配しなくてもって思うんですけどね。
家族写真に入れるかどうかは、わが家では家族写真を撮ったことがないのでわかんないです。


こんにちわ!

こちらでの、ご挨拶が遅くなってごめんなさい!
ドイツでの大先輩ママさんなのですね!

我が家の半分ドイツ人はまだ思春期入り口なので
ガールフレンド系の悩みはまだありませんが
考えたくもありませんv-406
いずれ、その時がやってくるのですよね...


コメントありがとうございます。

*みきさん*
桃太郎君の場合はまだ大学生ですからこんな問題はまだまだ先の話でしょう。うちは三人ともすでに昔で言うところの適齢期ですから。(←おねえちゃんはすでに後期に入っていますが)
最近、若い方のブログでお姑さんのことをなんだかんだ否定的に語ったり、おちゃらかした言い方をしているものを目にすると、ついお姑さんの方に肩入れしたくなってしまう私です。


*juliaさん*
あちゃぁ、見つかってしまいましたか!
ごめんなさいだなんて、、こんなブログで恥ずかしいからあえてURLを残さないようにしていたのです。こちらこそ失礼いたしました。
改めてこれからよろしくお願いします。(あまりのおバカブログであきれないでくださいね)

一人息子の場合はガールフレンドができるとお母さんはショックかもしれませんねー。今から心の準備をしておいてください。


あけましておめでとうございます。
ご無沙汰しています。

うちはいつもドイツ風にクリスマスカードで済ませているんで写真なんて考えてもいないんですが、うちの悪ガキ二人写真撮ることがわかったらまともな顔を見せないというのもありだけど(Nur grimasse)。




コメントありがとうございます。

*くむさん*
明けましておめでとうございます。今年も仲良くしてください。

うちは遠く離れてなかなか会えない親戚にうちの家族の顔を見せるつもりで初めから年賀状は家族写真でした。この写真はすべて額に入れて階段の壁に順番に飾ってあり、家族の歴史みたいになっています。いつか子供たちがみんな独立したら私たちだけの写真になるのはわかっていたわけで、その時期がちょっと早く来たということでしょうか?

<うちの悪ガキ二人写真撮ることがわかったらまともな顔を見せない>
それはそれでお子さんの現在の姿を見ていただくということになって、受け取る方はほほえましいと思うのではないでしょうか?


所変われば 品変わる

知らなかった。ドイツは同棲しても なかなか 結婚しないとは。姪の場合 ドイツと日本の遠距離交際の後 結婚しましたので 日本と同じと思ってました。結婚式を日本とドイツで二回したので 庶民のハイジは費用が倍かかるので 親は大変だと思いました。しかも日本では東京の有名ホテルで一組だけで借り切って。ハイジの子供には 親が平均くらいしか 結婚費用援助しないので できないのでかな と伝えましたよ。ドイツそれでも 離婚が多いとは驚きです。日本も離婚が増えて 母子家庭の貧困が社会問題になってます。日本は若者が結婚しなくなって困っています。未婚率の上昇恐ろしいですよ。でも 本心いえば ハイジも 独身で自由に生きることに憧れます。生まれる時も亡くなる時も一人ですもの。グーままさんの娘さん 羨ましい。ただし 息子は 男なので結婚してホットしました。なんとなく 男の未婚は寂しいみたいで。実際は男の人も 独身貴族かも。子供の人生は子供が選択 親はハラハラドキドキ幸せを祈るしか。いいニュースをブログで楽しみにしていますね。


コメントありがとうございます。2

*ハイジさん*
おドイツの未婚率もかなり高いと思われますが、ここに書いたように結婚はしないけれど同棲しているカップルが結構います。同棲ならば別れたいときにさっさと別れられるので気軽でいいみたいです。ただ、これらの若い人たちが子供を作らないのでおドイツの出生率はものすごく低くなっています。(日本も同じようなものでしょうけど)
おねえちゃんと末っ子は収入もかなりだし、自由を満喫しているのでいまさら結婚なんて、、、と思っているのかもしれません。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP