CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2016/01/03 (Sun) 09:08
ミュンヘンでもテロの脅威



こんにちわんこ。
大晦日の夜、ミュンヘンは大変なことになっていたんだよ、のタルです。

大晦日の夜、ミュンヘンは大変なことになっていたんだよ


大晦日の夜、手巻きずしを食べ終わった末っ子がミュンヘンへ向かった後しばらくして

ミュンヘンに対するテロ行為(自爆テロだったらしいです)の脅威があるということで
ミュンヘン中央駅とパージング駅が封鎖されたというニュースが流れました。

テレビにはパリのテロ報道を彷彿とさせる
完全武装した特殊部隊が中央駅やマリエン広場に配置されている様子が映ったりして、
すごく物々しい様子でした。

実は
末っ子が向かった友達の家の最寄り駅がパージングだったので
一瞬ドキッとなったぐー家です。

末っ子からすぐに、すでにパージング駅を離れて友人宅についていると連絡があったので一安心しました。

今回は結局何も起こらなかったのですが、
こんなに身近にテロの脅威を感じたのは初めてでした。

当局が万が一この情報を掴んでいなかったら、、、、
警備が強化されているにもかかわらずテロリストが計画を強行していたら、、、、
と思うと本当に怖いです。

そのあとテレビでジャンプ競技のニュースや大晦日コンサートなどを見たのですが、
満員の観客席の映像が映ると

あんなところで自爆テロなんかが起きたらすごい被害だろうなぁ。

なんて常に考えてしまい、なかなか楽しめませんでした。


以下、ミュンヘン総領事館から送られてきたメールマガジンの一部のコピペです

2016年1月1日11時10分
第369号 ミュンヘン市内におけるテロ攻撃情報について

12月31日の報道によると、ミュンヘン市内で「深刻かつ差し迫った」テロ攻撃の脅威があるとの理由で、ミュンヘン市警は
ミュンヘン中央駅とパージング駅に近づかないよう、また、群衆が集まる場所は避けるよう警戒を呼びかけ、一時両駅では
避難措置が執られ、警察によって封鎖されました。

なお、1日、バイエルン州ヘルマン内務大臣は記者会見で「警察はテロ組織イスラム国(IS)が大みそかにドイツ南部の
ミュンヘン市で攻撃を実行する計画を立てたとの「かなり具体的な情報」を受けたことから、同市の主要な2つの鉄道駅を
閉鎖する決定をした。」と発表しています。また、ミュンヘン市警察アンドレ本部長はISは自爆テロを行う予定だった旨述
べています。

 現在のところ、駅の封鎖は解除されましたが、このような事態に遭遇した場合は駅職員や警察の指示従い、速やかに退避
するよう心がけ、引き続き最新の情報の入手に努めて下さい。

なお、テロ・爆発事件に遭遇した場合に被害を最小限に抑えるため、以下の点を心がけられることをお勧めします。
(1) 予防措置
  ア 退避ルートを確認する。
  イ 隠れられる場所を確認する。
  ウ 常に周囲の状況に注意を払い,不審者や不審物を見かけたら速やかにその場を離れる。
(2) 対処法
  ア その場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
  イ 頑丈なものの陰に隠れる。
  ウ 周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。


2016年18時50分
第370号 ミュンヘンにおけるテロの脅威に関する注意喚起
    
1 12月31日深夜(現地時間)、ミュンヘン市警察は、深刻かつ差し迫ったテロの脅威があるとの理由からミュンヘン中央駅
とパージング駅に近づかず、群衆が集まる場所は避けるよう警戒を呼びかけました。一時、両駅は警察により封鎖されまし
た。
 
2 バイエルン州当局によれば、上記封鎖はイスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)が同日深夜に攻撃を実行
するとのかなり具体的な情報があったためとしています。当局によれば、現在、具体的なテロの脅威は無くなりましたが、引き
続きバイエルン州を含めドイツ全土に抽象的なテロの脅威が存在し、また、容疑者について捜査を継続するとともにミュンヘン
市内の駅等の警戒を強化しているとしています。

3 つきましては、ミュンヘンへ渡航・滞在される方は、以上の状況を考慮し、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのない
よう、最新の関連情報の入手に努めてください。特に、テロの標的となりやすい場所(公共交通機関、観光施設、デパートや市
場など不特定多数が集まる場所、政府・軍・警察関係施設)を訪れる際は、周囲の状況に十分注意を払い、不審な人物や状況
を察知したら、速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。



↑の<テロの標的となりやすい場所>のうち、公共交通機関やデパート、市場は生活の一部になっているから利用しないわけにはいかないし、、、、。

ミュンヘンへは本当に必要な時だけ行くようにして
ウィンドウショッピングなんかもしばらくは控えようと思っています。

何とかして、世界中の人が争わない世の中にならないものでしょうかねぇ。
タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 年末年始 2015-2016 | ホーム | 食べ過ぎだけどまだ食べる >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP