FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/11/07 (Tue) 00:46
みんな声変わり

Allerheiligenのお休みが一週間あって、土曜日は補習校もなく、のんびりしていました。

だんな君とちょっと出かけて帰ってきたら末っ子が、

ママ、日本人から電話が来たよ。ママの先生とか何とかって、、、。

?私の先生?
誰だろう?

ちゃんと名前聞いた?

ノエダがどうとかこうとか。
でも、その人Yちゃん(末っ子の名前)のこと知ってた。

ノエダ???
私の先生???


と思っているところに電話が鳴りました。
デスプレイを見ると日本から。

もしもし?


それは、なんと、昔の教え子

なーんだ、末っ子の聞き間違え。
私の先生じゃなくて、
わたしが先生だったときの
受け持ちの子で、
今でも連絡を取り合っているボケちゃんからの電話でした。

ノエダってのは当時の勤務地の名前の聞き間違え。

しっかりしてよ、あんた、パーペキ(パーフェクトで完璧)なバイリンガルなのに。


ぐーママは恥ずかしながら日本では教員をしていました。
たった5年の教員生活の中で、
初めて受け持ったのが小学4年生。
学年一クラスという小さい学校で
このクラスを3年間持ち上がり
卒業させ、
その後中学校に転勤したので、
このクラスには思い入れが深いんです。
田舎の学校だったので、
保護者の方たちとも深い交流がありました。
何にも知らない若いだけがとりえの新米教師で、
今にして思えばお世辞にもいい先生とはいえなかったのですが、
皆さんによくして頂いた
思い出深い3年間です。


日本は3連休ということで、急に思い立ってクラス会を開いたとのこと。
電話はその会場からでした。

「先生、みんなにかわります。」
ってんで、次から次へと懐かしい声が、、、、

と言いたいのですが、
何しろもうン年もたっています。

帰国のときに何回かクラス会に呼ばれたり、個人的に会ったりしてはいたものの、
私の中のみんなはまだ小学校6年生のまま。

いきなり大人の声
「センセー、懐かしいー。元気ですかー?」
なんて言われても、誰が誰やらちっとも見当がつきません。

「○○です。」と名乗られるたびに
「キャー、マー坊?」
「えー、ちょみちゃん?」
などと昔のあだな、呼び名で呼びかけてしまう。

ごめん、みんなもう子供もいるいい大人なのに。

電話の後ろからは、まさに今宴会たけなわの雰囲気が伝わってきます。
私も飛んで行きたいよー!

ドラエモーン、「どこでもドア」出してー!


「どこでもドア」ってこれかな?
「どこでもドア」ってこれ?




のんびりした休日の
思いがけないうれしい電話でした。
フフフ


みんなが大人になったってことは、、、、
てことはぐーママはもういい年のおばさんてことか、、、
タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

<< 痛い!でも食べたい! | ホーム | 人間じゃない! >>

コメント

懐かしの。。。

グーママさんは先生だったんですねぇ。
そう言えば、何となく面倒見の良さが文章から漂ってます。(笑)

でも、長い間会ってなかった教え子からのいきなりの電話、ビックリでしたね。
私でも、昔の同級生の名前とか思い出せない事がよくありますよ。
実家の母が「生きる情報塔」なので、いろいろと同級生のニュースが入ってきますけど、「それって誰だっけ??」っていう方が多かったりして。。。




私には成人した2人の息子が神戸にいるのですが、男の子っていつの頃からか声変わりなんかしちゃって、おっさん化していくんですよね。だから、余計にシュリちゃんが可愛いのかも?永遠に大きくならない3才児が戻ってきた感じがするのは私だけでしょうか?
今日はすごいお天気がいいですよね!暖かくて、青空が広がってます。嬉しくて1時間半ほどシュリちゃんとお散歩してきました。


おおっ!

小学校の先生だったんですか~。
クラス会、きっと先生にも来て欲しかったでしょうが、
そう簡単には帰れないですよね。
きっと昔話に花が咲いて、そうだせめて先生の声だけでも聞こうよってことになったんですね。


まだ顔、声は小6のまんまなんですか(^0^;ゞ ?!
あれから何年?ってきみまろの小話に出てきそうです。
たまに集まるのが良いんですよね。
昔の話がはずんで、「宿題忘れてデナにシャチハタされて帰さったなや~、びびんこ痛がったなや~」「*商店で乾電池取って、先生泣かせたんだ~」なんて懐かしいです。あとはもうPTAの話ですよ。


コメントありがとうございます。

*busukeさん*
私も同級生の名前が出てこないってことはあるんですけど、このクラスの子達(男12人+女18人)は出席番号順にまだ名前がいえますね。この学校は居住地ごとに1区から9区に分けられていたんですけど、全員どの地区の子かも分かります。
あ、また「子」って言っちゃった。
busukeさんと同じくらいか、もしかしたら年上かもしれないのに。

*Sonaさん*
私はあの子達がまだ声変わりする前に分かれてしまったので、電話で話している太い大人の声が、私の記憶の中の紅顔の美少年たちとは結びつかなくって、すごーく変な気分でした。
私も、タルはもう2歳でいい若者のはずなんですけど、つい子犬扱いしてしまいます。
今も、私のひざの上で寝ているんですけど、時々目を開けると思わず、まるで子供たちが小さかったときにやってたように
「お前はかわいねぇ。」
なんてほおずりしたりして。

*tamakitiさん*
後で何人かからメールまでもらったんです。
でも、今考えると、あのころはまだ若くて、子供がどういうものかわからなかった、やけにきびしい先生だったなーと、恥ずかしく思っています。

*edanoさん*
そう、ボケちゃんは成人してからも時々会っていたから、何とか現実の成長どおりにイメージが結べるんですけど、
ほかの人はだめ。
特に男の子は、頭の中に思い浮かぶ、小学校時代の子供の顔が大人の太い声を出しているようで、電話口ではかなり妙な気分でいた。
でも、みんな大人になっても仲良くていいですね。

ところで、あんまり昔のことをバラさないでよね。


先生だったのですかー!
実は私も3年間だけ先生してました。
非常勤だったので担任は受け持ちませんでしたが
こういうクラス会に呼ばれるのには憧れます…
小学校だと女の子も男の子も全然変わっちゃいますものね。
私は高校1年生を見てたので街中で
ばったり会ってもさほど変わらずでした。


コメントありがとうございます。2

*さゆりさん*
このクラスは幼稚園からずーっとみんな一緒だったし、今も大半が地元にいるので、仲がいいんです。
実はこの子達が高校生だったときに一度、社会人になったときに一度クラス会に呼ばれて、成長した姿を見てはいるんですけど、受け持った3年間のときの印象のほうが圧倒的に強くて、やっぱり私の中では小学生のままで止まってってるんです。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP