FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/11/07 (Tue) 00:46
人間じゃない!

Allerheiligen(日本のお盆のような日)にだんな君の故郷、ドルトムントに行って、親戚の人たちと久しぶりに会い、とても楽しかったのですが、
ひとつだけっときたことが、、、、

義兄の家を訪れていたとき、偶然甥っ子夫婦がやってきました。

この甥っ子は私のお気に入り。
ん年前にドイツに来たばかりで大人たちのドイツ語会話についていけなかったときに、子供部屋で当時幼稚園児の彼とよく遊んだものです。
私のつたないドイツ語を辛抱強く聞いてくれて、私が、わからない単語の意味を聞くと、子供なりの語彙の範囲で一生懸命説明してくれました。

その彼はきょう日のドイツの若者には珍しく、若くして結婚。今は2歳の子の父親です。
その奥さんというのが、はっきり言って、押しが強く、結構ガラッパチな雰囲気の人。
初めて会ったときにはなんだかおとなしい甥っ子にはつりあわないような気がしたものです。
でもまぁ、人それぞれの好みもあるしね。

この奥さん、部屋に入ってからずーっと大声でしゃべり続け、
その上私たちの前で2歳の息子にさり気なーくいろいろと芸をさせて、
私たちが感心してみせると、一人悦にいっていました。
まぁ、子供が舌っ足らずになにやらしゃべったりいろいろな仕草をするのはかわいいし、
子供の芸をみんなにご披露したいという母親の気持ちは自分にも覚えがあるので、それはそれでいいんですけど、、、。

確かこの若夫婦も結婚した後すぐにジャックラッセルを飼ったと聞いていたので、そちらに話しを向けると、

あの犬はもういないの。」

え?

「フィル(息子の名前)が生まれたら、あの犬(名前はなかったの?)ヤキモチ焼いちゃって、やたらアグレッシブになったのよ。」

「でも、わんこって躾け次第で何とかなるでしょ。」

「それがね、すごくがんこな犬で(だから、そのわんこに名前はなかったの?)叱ると私たちにまで歯をむいてきたのよ。
もともとわがままな犬だったけど、ますます手に負えなくなってね、フィルに何かあってからじゃ遅いから、、、。」

「どこかに里子に出したの?」

「ううん、Tierheimにやっちゃった。


ひ、ひどい!


Tierheimとは、飼い主がいない動物を保護しているところ。
年取った飼い主が死んでしまって、誰も引き取り手がいないペットを預かったり、虐待されたペットや保護された野良ちゃんのお世話をして、同時に新しい飼い主を探したりしています。
新たにペットを飼いたい人はそこから予防注射などの実費を出してわんこやにゃんこ、ウサギ、ハムスターなんかをもらいうけることもできます。(ただし、事後その動物がちゃんとお世話されているかどうかのチェックが入るそうです。)
ペットショップ(生き物は売っていません、グッズだけ。)やスーパーのレジのところにはTierheimにいる動物たちのためのフードの寄付箱が置いてあり、私もタルのフードを買うときに一つか二つ多めに買って、それをその寄付箱に入れるようにしています。


ちょっと、
わんこがわがままだったって言うけど、
わがままに育てたのはあなたたちでしょっ
それなのに自分の子供がかわいいからって、簡単にTierheimにやっちゃうなんてひどい!

わんこの学校へ通ってもう一度しつけしなおすとか、
せめて新しい飼い主を見つけてやるべきだったでしょうに、
そんな努力はしたの?

甥っ子の顔を見ると、
情けないような顔をして下を向いている。
あぁ、彼も罪悪感は感じているんだ。


みんなの手前、それ以上何も言わなかったけど、心の中は煮えくり返っていました。

「あんた、人の親になる資格ないんじゃないの?」
って言ってやりたかった。

言えなかったけど。(←だめな自分)


かわいそうなわんこだね。
新しい飼い主は見つかったのかなぁ?

かわいそうに。

もし新しい飼い主が見つからなかったら
Tierheimってところには一生いられるのかしら。

ドイツのことだから、まさか殺処分なんてことはないと思うけれど、
私だって、上記のことぐらいしか知らないわけで、
ほんとのところはどうなんだろう。


捨てられたも同然のわんこが
どうか幸せになっていますようにの思いを込めて
タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : ◇ 異国イヌ生活 ◇ - ジャンル : ペット

<< みんな声変わり | ホーム | ドイツ人じゃない! >>

コメント

ジャックラッセルちゃん、今頃しあわせに暮らしているといいですね…。
甥っ子さんは意見できなかったんですかね?
どうしても奥さんの方がお子さん&ワンコの面倒を見る時間が長いから、何も言えなかったのかなぁ。
それにしてもヒドイ話…(;_;)お子さんの躾や教育はしっかりやってくれる事を祈ります。
ドイツって殺処分ないんですか??いつか日本もそうなるといいのにな。。。


確かにドイツのTierheimは、基本的に殺処分をしないけど、再教育もしないで、何も努力しないでTierheimとは、、、穏やかじゃないですね。
逆の言い方をすれば、飼い主が変わるほうが犬のためかもしれないけど。
でも、最近知ったんですけど、ドイツ人でも『駄目なら、Tierheimに』って思っている人が割りといるようなんです。
悔しくなります!
自分の子供にも同じことができる?って聞きたくなります。
動物の側に立ったら、自分だって同じ家族なのに・・・って思うはずなのに!

珠さんを飼う前は、時々Tierheimに行ったりしていたんですけど、、、
あそこにいる犬たちは、それなりの環境を提供されて、それなりに幸せかもしれないけど、やっぱり『僕を(私を)連れて帰ってよぉ』って目をしていて切なくなります。
切なくて、みんな引き取ってあげたくなっちゃうんですよね。
でも、その中から1匹を選ぶことが、、、あまりにも可哀想でできなくなっちゃうというのも事実。
いつも一緒に行っていただんな様は、『どうしてここにいるかって考えだけで可哀想』って言ってました。

いつか、気づいてほしいですね。
犬に可哀想な事をしたって事。


コメントありがとうございます。

*めぐぞうさん*
うーん、惚れた弱みなのかなぁ?まぁ、もともとドイツ人にしては珍しく、自分の意見をガンガン言わないタイプではあったんですけど。
それより私が驚いたのは、うちの義理兄と兄嫁(甥っ子の両親)は、本当にできた人たちで、子供の教育もしっかりし、教会にも熱心に通っている慈悲深い心の持ち主のはずなのに、このことに関しては何にも言わなかったんです。もちろん、自分たちのわんこでもないし、口出しできる立場でもないとは思うんですけど。なんか、みーんなあの気の強そーな嫁さんに何も言えないーって感じでした。かわいい王子様の生みの親だからってんで、絶対権力を握ってるのかしら?

*ゆき珠さん*
Urlaubに行くのにわんこのホテル代が高いからって、捨てちゃう人もいるようですね。
ドイツで捨てられたのならTierheimaに保護されるかもしれないですけど、ひどいのは、Urlaub先で捨ててしまう(帰ってくるときにそのまま置き去りにする)人までいるんですって。
うちのわん友の中には、スペインの路上で、目の前で車から捨てられたわんこをドイツにつれて来て飼っているという人がいます。その人の二匹目のわんこはギリシャでのUrlaubのとき、ホテル付近をうろついていた野良ちゃんなんですが、はじめっからドイツ語のコマンドを理解したってことは、元の飼い主はドイツ人だったってことですよね。
クリスマスの後にもTierheimに連れてこられる子犬が多いって聞きました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP