fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2015/08/12 (Wed) 20:13
モーゼル湖畔のお宿とエルツ城




こんにちわんこ。
モーゼル湖畔のお宿のベランダでちょっとへっぴり腰のタルです。
モーゼル湖畔のお宿のベランダでちょっとへっぴり腰
ママリン、高いよ、怖いよ。



昨日の記事が長かったから二つに分けました。
もう読んじゃった方ごめんなさい。

でもタルッとクリックだけはお願いします。→ 



ドルトムントからの帰りはある所に寄るために
まず、モーゼルのほとりの
急斜面のワイン畑の中にあるかわいいお宿に一泊。
小さな村の

急斜面のワイン畑の中にあるかわいいお宿に一泊。
モーゼルのほとりの小さな村
部屋のベランダからの眺めがすばらしい。

そこの御主人がなぜかイタリア人のコックさんで
夕ゴハンはホテルのテラスでおいしいイタリア料理を頂きました。
夕ゴハンはホテルのテラスでおいしいイタリア料理を頂きました

前菜はカルパッチョとブルスケッタ。
前菜はカルパッチョとブルスケッタ
御主人の兄弟がトスカーナで作っているというオリーブオイルが絶品でお土産に少し買ってきました。

メインはZanderのグリルとラビオリ。(←食べかけ失礼)
メインはスズキのグリルとラビオリ
レモン風味のソースがすごくおいしかった。

デザートのブリュレとアイスエスプレッソがこれまたおいしくて、幸せ。
デザートのブルスケッタとアイスエスプレッソ

翌朝起きたらお宿の前のブドウ畑に水をやっていました。
翌朝起きたらお宿の前のブドウ畑に水をやっていました。
こんな急斜面でのお仕事は大変でしょうね。
しかもこの日は40度にまで気温が上がったのです。


この日は目的の場所へ行く途中で
ドイツ三大美城の一つエルツ城を見学
ドイツ三大美城の一つエルツ城を見学していきました。


ところがタルルンが入れるのは中庭まで。
ところがタルルンが入れるのは中庭まで

こういうときのためにとスリングを用意していたのですが、
こういうときのためにとスリングを用意していた
それでも中へ入ってはいけないと言われました。

どうしよう、、、、
見学ツァーは約40分というからだんな君と交代で中庭で待っている事にしようか

と迷っていたら受け付けのお兄ちゃんが

受付のカウンターの中に預かってあげますよ。

と、言ってくれました。
あリがとうおにいちゃん。


残念ながら撮影禁止だったのでお城の中の写真はなしですが
残念ながらお城の中は撮影禁止なので写真はなしです。
オシロスキーのぐーママには十分興味深い所でした。

詳しく知りたい方はこのサイトの説明が分かりやすいですから読んでみて下さい。

一つだけと書いておくと

このお城にはおトイレが20箇所もあって、
そのうちのいくつかは城主やその家族のそれぞれの部屋に直接ついていました。
このお城にはおトイレが20箇所もあって
しかもこここことは違って、単なるトッポン式ではなく
雨水を利用した簡単な水洗式になっていたそうです。

あぁ、写真が撮れなくて本当に残念。

あ、ちなみに見学ツァーはドイツ語と英語だけで日本語のパンフレットもありませんが、
頼むと特別に
頼むと特別に日本語で書かれた説明の冊子を貸してくれます
日本語で書かれた説明の冊子を貸してくれます

タルッとクリックお願いします。→ 


関連記事

テーマ : ドイツ旅行 - ジャンル : 旅行

<< 義姉の煮玉子 | ホーム | ちょっとドルトムント >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP