CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2015/04/25 (Sat) 06:38
おまけのイースター卵



こんにちわんこ。
末っ子ちゃん大好き!のタルです。
末っ子ちゃん大好き!のタルです。 なにしろママリンとパパリンがどこかに行っちゃってる間のボクの大事なゴハン係だからね
なにしろママリンとパパリンがどこかに行っちゃってる間のボクの大事なゴハン係だからね。


ぐーママことpharyとだんな君が日本に行く前の写真なのでまだ冬景色です。
今は日っチウかなり暖かくなって(←朝晩は2度ぐらいまで気温が下がるけど)
今は日っチウかなり暖かくなって(←朝晩は2度ぐらいまで気温が下がるけど) これくらい緑が増えてきました。
これくらい緑が増えてきました。


もう一週間前のことになりますが、
日本から家に戻ってみたら冷蔵庫の中にこんなものが。
イースターの色つきゆで卵
イースターの色つきゆで卵です。

末っ子が買ったのではなく、

イースターのときに新聞配達の人が持ってきたんだよ。(←そしてすぐに一個食べた)

この新聞はすでに3年ぐらい前から定期購読しているのですが、
こんなことはしても、
イースターの卵をくれたなんてことは初めてです。

いったいどういう風の吹き回しなんだろ?
新聞購読者が減っている昨今、
大事な大事な定期購読者のご機嫌を取ろうという魂胆でせうか?


デモね、この卵の色の付け具合がなんとも、、、
デモね、この卵の色の付け具合がなんとも、、、
一見きれいですが、

ホラ、
塗ればいいんでしょ!感ヒシヒシ
塗ればいいんでしょ!感ヒシヒシでしょ?

緑の方もね
緑の方もね

これって意図的な模様、、、、、?
これって意図的な模様、、、、、? なわけ絶対ないわね。
なわけ絶対ないわね。


それより何より、よくお肉屋さんなんかで売っている色つき卵ですが、
ぐー家ではまだ一度も買ったことがありません。

だって、単なるゆで卵ですよ。
色がついてますけど、わざわざ買うようなものでもないでせう?

でも、
おドイツでこれを買っている人を一人ならず見ていることを考えると

この、いつゆでたか分からないようなゆで卵をわざわざ買う人もいるってことです。


でもっていつも思っていたのですが、

このゆで卵って別に冷蔵庫に入れるわけでもなく
ハムなんかのガラスのケースの上にポンと置かれているだけなんですけど、

賞味期限ってどれくらいなんでしょう?

それを考えたらちょっと買う気が起きなかったのね。

渡された日がイースター月曜日の次の日の4月7日で(←すでにイースターは終わっている)、
ラベルには賞味期限は4月20日までとなっていたので
帰独してから毎日だんな君とサラダに入れたりマヨネーズで和えてパンにのっけたりして一生懸命食べましたが、

最後のイースター卵を食べ終えたのがきのふでした。

大幅に賞味期限を上まっちゃったね。お腹ぽんぽんは大丈夫?
大幅に賞味期限を上まっちゃったね。お腹ぽんぽんは大丈夫?

今のところなんともありません。(←ぐーママは鉄の消化器官の持ち主)

タルッとクリックお願いします。→ 


お知らせ

ロンドン及びロンドン周辺にお住まいの皆様

ブログのお友達、ロンドンのみきさん所属の英国公認日本語観光ガイド協会では今年も東日本震災支援のチャリティーツアーを行っています。

詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。


関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 写真追加しました | ホーム | 怒涛のゴール祭りで逆転 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP