FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2015/02/13 (Fri) 21:31
続・Oberammergauで雪中散歩とゴハン



こんにちわんこ。
Langlauf(ラングラウフ=クロスカントリースキー・略称LL)コースに佇むタルです。

Langlauf(ラングラウフ=クロスカントリースキー・略称LL)コースに佇む

雪崩の危険性があるため行こうと思っていたハイキングコースを離れ、
LLコースに沿った車道(←正確にはLLコースが車道に沿っている)を歩かざるを得なくなったぐーママとタルリンですが、

やはり車道というくらいですから時々車が通るわけです。
やはり車道というくらいですから時々車が通るわけです。 なのでタルルンだけはLLコースの脇を歩かせました。
なのでタルルンだけはLLコースの脇(=スケーティング用のコース)を歩かせました。

タルちゃんは軽くて歩いてもコースを荒さないからそこ歩きなさい。
タルちゃんは軽くて歩いてもコースを荒さないからそこ歩きなさい

車道とLLコースには
車道とLLコースには これだけの段差があります。
これだけの段差があります。

時々タルが

ママリンの傍に行きたいよー
ママリンの傍に行きたいよー とばかりに雪の土手を乗り越えて 車道に下りようとした
とばかりに雪の土手を乗り越えて車道に下りようとしたのですが

LLコースと違って盛り上げられた雪は意外に柔らかくて
LLコースと違って盛り上げられた雪は意外に柔らかくて もがいていました。
もがいていました。

車道でないところはもちろんノーリードです。
車道でないところはもちろんノーリードです。 でも、これくらい離れると
     ↑ぐーママの手袋をしたお手手の一部
でも、これくらい離れると

しょっちゅう後ろを振り返って
ぐーママことpharyがちゃんといるかどうかを確認します。
しょっちゅう後ろを振り返って ぐーママことpharyがちゃんといるかどうかを確認
そしてそれ以上は遠くに行かないおりこうちゃんです。(←というかビビりわんこだから離れるのが怖いらしい。参考記事→振り向く

車を止めたレストランに戻る途チウ、
目の不自由な方たちがLLを楽しんでいる所に遭遇
目の不自由な方たちがLLを楽しんでいる所に遭遇しました。

LLのコースはレールのようにきちっと溝が出来ているので(↓タルルンの後方の平行線)
LLのコースはレールのようにきちっと溝が出来ているので 目の不自由な方でも簡単に前に進める
目の不自由な方でも簡単に前に進めるのです。

伴走者がお手伝いするのはコースが分かれているところとか下りの所みたいです。

この方はちょうど軽い下りを伴走者に手を取られて一緒に降りてきた所。
この方はちょうど軽い下りを伴走者に手を取られて一緒に降りてきた所
この後は平らなので一人で滑っていかれました。(↑一枚目の写真)

遅いお昼ゴハンを食べたレストランで
同じ視覚障害者を現すゼッケンをつけた方たちが5人ぐらい
それぞれの伴走者の方たちとお茶していらっしゃいました。
皆さん、障害をお持ちでもアクティブです。


そのレストランでぐーママが食べた
Schweinehaxe(シュヴァイネハクセ=骨付き豚足のロースト)
Knödel(クヌーデル=ジャガイモのお団子)
Sauerkraut(ザワークラウト=酢漬けのキャベツ)添え
Schweinehaxe(シュヴァイネハクセ=骨付き豚足のロースト)Knödel(クヌーデル=ジャガイモのお団子)とSauerkraut(ザワークラウト=酢漬けのキャベツ)添えとぶどうジュースの炭酸割
飲み物はぶどうジュースの炭酸割。

このSchweinehaxeという典型的なドイツ料理を食べるのは実は初めてのぐーママ。
Schweinehaxeという典型的なドイツ料理
さんの脂がギトギトです。(←でも、この脂がおいしい)

いつもはお肉をチョイスするということはあまりないのですが、
この日は寒い中を歩いたせいか

お肉が食べたい!

という気持ちになったみたいです。
皮はパリッ、中はジューシーなお肉でおいしかったので

完食。
完食。
すごい骨でしょう?

末っ子なぞは

このカリカリに焼けた皮がおいしい。

と言うのですが、
今回はあまりにカリカリすぎて固くて歯がたちませんでした。(←決してぐーママの歯が年を取ってガタガタなわけではない)

でも、もったいなかったので
テーブルの下でスタンバッているタル(←おこぼれをもらう気満々)におすそ分けしました。
テーブルの下でスタンバッているタル
さすがわんこ、あの固い皮をバリバリと噛み砕いて食べていました。


でも、ほんのすこーしだけしかもらえなかったのはなぜ?
ほんのすこーしだけしかもらえなかったのはなぜ?
だってやっぱり塩分が気になるもの。

だんな君は
川マスのソテー
Bratkartoffeln(ブラートカトッフェルン=ジャガイモの炒め焼き)
ミニサラダ。
川マスのソテー、Bratkartoffeln(ブラートカトッフェルン=ジャガイモの炒め焼き)、ミニサラダ。それにいつもの黒ビール
それにいつもの黒ビールです。

どちらもボリューム満点で夜になっても満腹感がなくなりませんでした。


タルッとクリックお願いします。→ 



お知らせ

ロンドン及びロンドン周辺にお住まいの皆様

ブログのお友達、ロンドンのみきさん所属の英国公認日本語観光ガイド協会では今年もチャリティーツアーを行っています。

このツアーの参加費用は福島子供寄付金公益財団法人みちのく未来基金などに100%寄付されるそうです。

ちょっと覗いてみたらシャーロックホームズやハリーポッターなどおもしろそうなテーマのツアーが一杯あります。

詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。






関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< アイの贈り物 | ホーム | Oberammergauで雪中散歩 >>

コメント

にゃは~

クロスカントリーコースの
タルちゃん可愛い♪
次はぜひスノーボードに乗ってほしいわん
にょほ~おドイツ肉料理美味そう~♪



タルちゃんったらかわいいわ。雪の散歩が本当に楽しそう。
視覚障害者のスキーなんてさすがドイツ。福祉の先進国と言う名がふさわしいですよね。残念ながら日本のスキー場で見た事がないですね〜。
Schweinehaxe、これ夫の一番好きなドイツ料理です。私もこの柔らかい肉がたまらなく好きでしたね〜。それにしても、前の記事ですがラーメン(インスタントでしょう)に900円もハラたちますね!昔あの日本で100年の歴史とかいてある店を信用したのに、なんとインスタントカレーを出して来た店を思い出してしまいました!!(なんで分かったかと言うと、おにいちゃんのを先に持って来て、次男のをわすれたんです。持って来るのに約20分。そしてそのカレーは我が家も非常食に食べているメーカー。マッシュルームが日本では手に入らない種類,,ということで判明しました。近くのスーパーに買いに行ったのでしょう)


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
スノボーはちょっと、、、まずスケボーに乗ることから練習させないと、、、。
おドイツの料理はお肉の好きな人には好みかもしれません。

*ワクドキさん*
雪は基本嫌がらない子です。コートとか着せなくても寒がる様子もありません。
Schweinehaxe、これぞゲルマン!って感じのワイルドな料理ですよね。私は今までボリュームがすごくて食べたことがありませんでしたが、お肉がジューシーでおいしかったです。
<日本で100年の歴史とかいてある店を信用したのに、なんとインスタントカレーを出して来た店>
それは酷い!こちらは単なるインビスですからまだ我慢できるとして(イヤ、でもやっぱりナニコレボッタクリ?感はありますが)、100年の歴史云々のお店でそれは詐欺ですね。品切れなら品切れと正直に言えばいいのに。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP