FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/10/10 (Tue) 07:37
タル、大暴れの巻き

先週の土曜日はタルの抜糸のはずでした。
おや、これは?
私は仕事があったので、だんな君がドクターのところにタルを連れて行ったのですが、、、

以下だんな君の話。

「タルッたらさ、診察台に乗せたとたんに、跳び下りようともがいて、
(フンフンいつものことね。)

助手(ドクターの奥さん)の人とタルを押さえようとしたんだけど、下手に小さいからなかなか取り押さえられなくて、
(うん、前にもそんなことがあったっけ。)
まだこんな格好?
やっと押さえつけて、
仰向けにして、
ドクターが抜糸しようとしたとたんに、
タルッたら

おPっこしたんだぜー。(ゲーッ!!!!)

まるで噴水みたいにじゃぁじゃぁやってさ。。
未だこんな格好2
みんながひるんだとたんにまた大暴れしてさ、
とてもじゃないけど糸なんか切れる状態じゃなかったんだ。

で、ドクターが言うには、
『こんなにストレスになるんだったら抜糸しないで、自然に糸が抜けるまで待ちましょう。』
だってさ。」

えーっ、そんなのあり?


いままでどおりきずをペロペロしないように
エリザベスカラーは続けて着用ということになりました。

もちろん、家の中でのまわし
(おパンツ)着用も続行です。

おバカなタル!

でも本人 本犬はいたって元気になったので、
日曜日に久しぶりに森の中を一時間散歩して、
満足げ。

ほんとにうれしそうな顔をしているね。
でも元気
だって、長ーいお散歩、久しぶりで楽しいんだもーん。


それに、ママリンがいいもの買ってくれたし。

楽しかった

いいものの紹介は次回。



タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : ◇ 異国イヌ生活 ◇ - ジャンル : ペット

<< ご褒美 | ホーム | エジプトのホテル タオルの芸術 >>

コメント

タルちゃん

ワンコはエリザベスカラーしてても上手に歩けるんですね~。
猫はまともに歩けなくなっちゃいます。
自然に糸が抜けちゃうんですかね~?
とりあえず元気でなにより♪


じたばた

たるちゃん、すごいですね。
何だか、似たような話を聞いたことがあると思ったら、友達の赤ちゃんがよくおむつを替える時にやっぱりお○っこして、しかも、男の子だからママの方にかかってきて、大変だとか。。。しかも、ママの時に限って。パパがおむつを替えるときは、パパの身のこなしが早いからか、命中したことはないそうな。

タルちゃんのエリザベスカラー、ちょっと可哀想だけど、そういうアクセサリーだと思って見ると、かわいい。。


そうそう、前のコメントに書き忘れちゃいました。
こちらのブログのリンクを貼らせてもらってもいいですか?
よろしくお願いします!


犬とか猫って、極端なストレスとか緊張でおしっこをしたり、脱糞したりするようで、よほど傷口を自分以外の人に触られたくなかったのかな?

でも、抜糸はしてもらった方が早く楽になれるはずですよね。
抜糸も痛いけど。

がんばれタル君!


エリザベスカラーを着けたワンコって
なんとなくお間抜けで可愛いらしいです~♪

えーっと、仰向けにし途端におPっこってことは
もしかしてタルちゃん自身にも
かかったのでしょうか…


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
えー、猫ちゃんって歩けなくなるんですか?タルも初めのうちは感覚がつかめなくて、あちこち+(足が短いので)足元の地面にガンガンぶつかりながら歩いていましたが、3日目ぐらいから結構うまく歩けるようになりました。

*busukeさん*
みんなに押さえつけられて絶体絶命になって、最後の手段って感じでおPっこしちゃったんでしょうね。
大体、だんな君のことはイマイチ信用していないみたいなんで(ママ一筋)、
「やめろー、どけー、でないとこうしてやるー。」
とか何とか言いたかったんじゃないのかな?
リンクしてくださるんですか?ありがとうございます。こちらもさせていただきますね。

*ゆき珠さん*
傷には私が触っても、ウウ、とか言って嫌がります。
糸は、私のときもそうでしたが、結構硬いから、端っこの長くなったところが皮膚にカリカリして、傷じゃないところまでちょっと赤くなってしまったんで、そこのところだけチョキンと切ってやりました。
抜糸のとき、だんな君じゃなくて私がいたら、何とかなったかも、、、。


*さゆりさん*
もらしたときはじっとしていたわけじゃなく、暴れながらだったので、そこらじゅうぬらしちゃったらしいです。本犬はなぜかぬれなかったようです。
エリザベスカラーは確かにお間抜けな感じになりますね。
特に歩くとき横から見るとカラー全体がヒョコヒョコ動いてお笑いもんです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP