FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2015/01/18 (Sun) 08:13
気軽にランチ?



こんにちわんこ。
ママリンの脚の間で寛ぐタルです。
ママリンの脚の間で寛ぐタルです。 ママリンの靴下はくっさくないんだよ
ママリンの靴下はくっさくないんだよ。

あたりまえ体操です。(←古)
ぐーたらとはいえ、いつも身だしなみはちゃんとしていますからね。


今回の記事も下書きしたまま、あるいは写真を撮ったまま放置している記事を掘り起こす「いまさらシリーズ」です。


去年の11月にだんな君と街に出たときに
珍しくちょっと懐が暖かかったので気が大きくなったぐーママことpahry(←というか家に帰ってゴハンの支度をするのがめんどくさかった)

ねぇ、どこかでゴハン食べようか?
ご馳走してあげるよ。

と提案しました。

ぐーママとしては

その辺のお気軽レストランで軽くランチでも、、、

というつもりだったのです。
例えばミュンヘンの某食べ放題回転寿司とか
日本レストランのランチとか
一人15~20ユーロぐらいで食べられるようなところを想定してね。

そうしたらだんな君が

ボクはけふはイタリアンが食べたい気分。
そうだ、こないだボクの誕生日にY(=末っ子)がご馳走してくれたすごくおいしいイタリアンレストランがあるからあそこに行こう。

と、車を走らせました。


だんな君の誕生日はぐーママが日本に行っている間だったのでぐーママはそのレストランは知らないのです。

ねぇ、だんな君、やたら遠いんですけど?
ミュンヘン市内じゃなかったの?

すぐそこだよ。

と言いつつ、ドンドン郊外に出て行ってるじゃない。

かれこれ30分も走ってついたレストランはミュンヘン郊外の高級住宅地の中にある隠れ家的雰囲気のものでした。

見た目お上品だし
ねぇ、ここ、高いんじゃない?
お誕生日のときはどれくらい払ったの?

知らない。
だってYが払ってくれたんだもん。


テーブルセッティングを見て

高そー!

と思ったけれど

でも、まぁ、
ランチだし
末っ子が払えるくらいだし
第一おいしいっていうし、、、。


もう、何を食べたのかすっかり忘れてしまっているので写真だけアップしますね。

付き出しみたいなもの?
付き出しみたいなもの?

前菜のカルパッチョとエビのグリル
前菜のカルパッチョとエビのグリル

手焼きのパンはすごくおいしかった。
手焼きのパンはすごくおいしかった。
パンだけ買って帰りたかったくらい。

それなのにパンの写真を撮らずにだんな君を撮っているって、、、(←ブロガー失格)

前菜でエビを食べたのに
主菜もエビのグリル・アラビアソース
主菜もエビのグリル・アラビアソースを選んだぐーママ(←究極のエビスキー)

ウェイターさんがちゃんとサービスしてくれたので
ウェイターさんがちゃんとサービスしてくれる

殻から身を出すのに格闘しなくていいのが嬉しかった。
殻から身を出すのに格闘しなくていいのが嬉しかった

付け合せの野菜のグリル。
付け合せの野菜のグリル

だんな君は確かマグロのなんとかをチョイスしたんだと思います。
だんな君は確かマグロのなんとかをチョイスしたんだと思います
それなのにこのアサリはナニ?(←写真を見ても思いだせない

デザートはぐーママがパンナコッタだんな君はエスプレッソ。
デザートはぐーママがパンナコッタ
このパンナコッタはすごくこってりしていておいしかったけどぐーママにはちょっと甘すぎました。
この半分の大きさで十分です。

結論から言うと

すっごくおいしかったです。
今まで食べたイタリアンの中でも上位に入るくらい。
サービスも満点でした。

でもって

とってもお高かったです。


だんな君、

こういうレストランはね、

ぐーママ達のような庶民は
フラッとランチに寄るんじゃなくて

何かの記念日とかお祝いのときに
ちゃんと予約を入れて
お洋服もこんな普段着なんかじゃないもっといいのを着て
お洋服もこんな普段着なんかじゃないもっといいのを着て
改まって来るような所だと思ふわよ。

周囲のお客さんたちは
普段着でフラッとランチに来ていたみたいですけど、
ホラ、高級住宅街だから
彼らの普段着はぐーママ達のお出かけ着みたいなのよ。


後で末っ子に聞いたら

あそこに行ったのー?
パパが昔会社の人と行ったおいしいレストランっていうからそこにしたけど、
会計のときにあんまり高くて目が飛び出ちゃったんだよ。
完全に予算オーバー。
クレジットカード持っててよかった。
お誕生日のお祝いだから仕方ないと思ったけど
あんなに高いって分かっていたらYは行かなかったよ。

ぐーママもクレジットカード持っていてよかったです。
ご馳走するって言ったから払いましたけどね、

なんだか上手くだんな君にしてやられた気分です。

だんな君たら自分が出すモンじゃないからっていきなりこんなレストラン選んでくれちゃってー。


それなのにデザートまでしっかり食べているし。
それなのにデザートまでしっかり食べているし
だってやっぱりデザートは欠かせないわよ。(←食いしん坊)


そのデザートの一品だけで
ぐーママが当初予定していた一人分のランチのお値段と同じくらい

って言ったらお分かりいいただけるでせうか?
つましい一主婦にとっては思いもかけない痛い出費でした。
タルッとクリックお願いします。→ 


ちなみに、、、、

このレストランにはお得な「本日のランチ」メニューはなく、
すべて単品注文という、、、、、、。




関連記事

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

<< お犬様用 | ホーム | 若くなくてもトゥルン >>

コメント

松の内過ぎましたが 新年おめでとうございます。おいしいイタリアンのランチですが お値段が。ハイジも食いしん坊なので 今食べなかったら ヨボヨボで食べれなくなった時に後悔すると自分なりの理屈をつけて食べ歩いてます。ただしお値段はそれなりです。娘一家や息子が一緒のときは奮発しますが。ただし 値段がわからないのに頼んだことはありません。クレッジトカード持ってません。海外旅行のときだけはクレジットカードもっていきますが 普段は現金のみのアナログ生活です。タルちゃん今年も可愛い。


コメントありがとうございます。

*ハイジさん*
おめでとうございます。今年も仲良くしてください。

<今食べなかったら ヨボヨボで食べれなくなった時に後悔する>
あぁ、そうですね、そう考えればいいんですね。どうも私はケチ臭くて困ります。
<値段がわからないのに頼んだことはありません。>
メニューにはちゃんとお値段がついていたのです。でもすでにお席に座っちゃったものですから、まさか高いからといって何も頼まないわけにもいかなかったのです。で、どうせ頼むなら好きなものを食べちゃおうと腹をくくったわけです。クレジットカードも持っていたし。
ドイツのレストランは大抵入り口の外にメニューが貼ってあって、それを見て食べたいものがあるかどうか、予算に見合っているか確かめてから入るのですが、このときはだんな君が一度来たことがあるということで確かめないで入ってしまったのが敗因です。


値段の高いレストランなので 京都の一見さんおことわりの料亭や東京銀座の値段の書いてない高級鮨屋さんをイメージしてましたがメニューに値段が書いてあるのでしたらまだ安心ですね。グーままさんはまだ若いのでハイジと違ってヨボヨボは考えなくてあたりまえです。あくまで食いしん坊のいいわけです。だんな様あんがい要領がいいのかも。今度は逆にだんな様に末っ子ちゃんとぐーままさん高いプレゼント買ってもらえるといいですね。


コメントありがとうございます。2

*ハイジさん*
<京都の一見さんおことわりの料亭や東京銀座の値段の書いてない高級鮨屋さんをイメージしてました>
そんな超高級なところにはいったことがないのではっきりとは言えませんがヨーロッパにそういうところは多分ないと思います。値段を書いていないとか「時価」というのは日本特有なのではないでしょうか?
だんな君の名誉のために書いておきますと、だんな君はお金があるときは本当に身分不相応なお値段のものを買ってくれたりするのです。その代わりスッカラカンになると数年プレゼントはなしになってしまいすけどね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP