FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2015/01/09 (Fri) 04:37
スキーバカンス 最後の2日と初喧嘩



こんにちわんこ。
お目目しょぼしょぼのタルです。

お目目しょぼしょぼ
写真に記された時間を見てください。
タルルンにとってはすでにおねむの時間なのです。


年末年始のスキーバカンスのことを書いています。

これまでの記事 ↓
スキーバカンス今年のホテル
謹賀新年 と大晦日のご馳走
又おさんどんの日が始まります
スキーバカンス 最初の2日
雪中行軍


この記事にも別の写真を載せましたが、
2015年の元旦は本当にすばらしい天気でした。
2015年の元旦は本当にすばらしい天気でした。

この日はバスでかなり遠くの方のワンデルンコースに出かけ
この川の上流を目指しました。
この川の上流を目指しました。

すでにバスでかなり高い所まで来ているので
ハーハーゼーゼーのきつい上りはあまりなく
楽しいワンデルンでした。

と、書きたいのです
往路はくだらないことでだんな君とケンカして
2人ともブスッとだんまり状態で目的地までほぼ2時間を歩いて行ったのです。

でも、こんな清清しい景色を見ていると
でも、こんな清清しい景色を見ていると 狭い心の自分がいやになって、、、
狭い心の自分がいやになって、、、

 一年の計は元旦にあり、というのに、ケンカしちゃっていいのかなぁ?

と、心の中では悶々とするぐーママでしたが
自分から謝るなんて絶対にいやっ!

だって、ぐーママ悪くないモン。
だんな君があんなこと言うからだもん。

謝ったら負け!=自分の非を認めることになる。

長年のおドイツ生活で、この↑精神をしっかり身につけたぐーママです。

タルルンだけがぐーママことpharyとだんな君との間を行ったり来たり。
タルルンだけがぐーママことpharyとだんな君との間を行ったり来たり。

初めは意地を張っていただんな君ですが、
初めは意地を張っていただんな君ですが

目的の村のレストランでランチ代わりのスープを食べるときには
いろいろぐーママに気を使ってくれたので(←勝った!当然よね、悪いのはそっちなんだから)

許してやりました。(←とことん上から目線)


だんな君はアスパラガスのクリームスープ。
だんな君はアスパラガスのクリームスープ。
あ、器が欠けてる!
ダメジャン、四つ星ホテルのレストランなのに。

ぐーママは性懲りもなくニンニククリームスープ。
性懲りもなく再びニンニクスープ
又晩ゴハンのときまでお口がくっさくておねえちゃんとだんな君に文句言われたけど、
自分には被害がないので平気でした。

初めはどうなることやらと思った一年の計ですが、
帰途につくころには完全に仲直りしたぐーママとだんな君
帰途につくころには笑顔になったぐーママとだんな君なのでした。

よかったよかった。
一年の計は元旦にあり
だんな君、この調子でこの一年喧嘩したらぐーママに謝ってねよろしくね。(←自分から謝る気はさらさらない人)


途チウにつり橋がありました。
途チウにつり橋がありました

丈夫なワイヤーで出来た新しい橋なのですが、
木で出来ているわけではないので丈夫なはずですが
歩くとトランポリンのようにゆっさゆっさ揺れて

しかも下がタルルンの小さなPfote(プフォーテ=動物の足)がすっぽりはまってしまうような目の粗い格子状だったので
歩くと結構ゆさゆさ揺れて しかも下がタルルンのPfote(プフォーテ=動物の足)がすっぽりはまってしまうような目の粗い格子状だったので タルリンは抱っこして一人ずつ渡りました。
タルリンは抱っこして一人ずつ渡りました。

だからこの橋は
だからこの橋はメーメーさんたちも渡れないんだよ。
メーメーさんたちも渡れないんだよ。


元日の晩ゴハンには新年の景気づけでせうか
元日の晩ゴハンには子豚の丸焼きが出ました
の丸焼きが出ました。(↑もう半分以上食べられている)

でも、ぐーママたちが選んだのは
ぐーママたちが選んだのは ランプステーキ
ランプステーキ。

デザートはケーキ各種。
デザートはケーキ各種。 たくさんあるケーキを全部食べたいので少しずつ取りました。
たくさんあるケーキを全部食べたいので少しずつ取りました。

お行儀が悪いかな?

と思ったのですが、
他の人もそうしていたので真似しちゃいました。


最後の日は、前の日の目的地の村まで一気にバスで登って
最後の日は、前の日の目的地のA村まで一気にバスで登って 下りだけのワンデルンを楽しみました
下りだけのワンデルンを楽しみました。

途チウから再びバスで28日31日に行ったTeufelsbrücke(悪魔の橋)まで移動して、
Teufelsbrücke(悪魔の橋)まで移動して、 そこから又ホテルのある町まで下りワンデルン。
そこから又ホテルのある町まで下りワンデルン。

例のヒツジさんたちはこの日はStall(シュタル=家畜小屋)にいました。
例のヒツジさんたちはこの日はStall(シュタル=家畜小屋)にいました。

写真を撮ったら「私も撮って!」とばかりにメーメー鳴きながらヤギさんが次々と出てきました。
写真を撮ったら「私も撮って!」とばかりにメーメー鳴きながらヤギさんが次々と出てきました

この日はすでに雪が踏み固められていたので
この日はすでに雪が踏み固められていたので タルルンもらくらくだんな君のオマタくぐりが出来ました
タルルンもらくらくだんな君のオマタくぐりが出来ました。(←「トンネル!」のコマンドでオマタをくぐる)

バカンス最後の晩ゴハンは
トリ胸肉のフライとフルーツの炊き込みゴハン?ほんのり甘くておいしかったです。
トリ胸肉のフライとフルーツの炊き込みゴハン

だんな君とおねえちゃんは
だんな君とおねえちゃんは マスの芥子ソース
マス(?)のなんとかソース。

いつものように前菜をたっぷり食べた後なのでお腹が一杯ですが、

Schokoladenbrunnen(ショコラーデブルンネン=チョコレートの噴水?一口大に切ったフルーツに噴水のように上部から出てくる解けたチョコレートをまぶして食べるデザート)があったので
Schokoladenbrunnen(ショコラーデブルンネン
つい食べてしまいました。
ついでにアイスも一個だけ。

まったくどれだけ食べるのよ?


って自分で突っ込みを入れたくなるくらい食べました。


現在バカンスチウに増えた2kgと戦っているサイチウのぐーママです。(←5Kg増じゃなくてよかった!
タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

この日はちょっと早いSternsingerもやってきて歌を歌った後に
ちょっと早いSternsinger
当然のようにテーブルを回って寄付を集めていました。

この子たちはこの調子で町中のホテルを回って寄付を集めたのでせう。
暖かいホテルの中だし、たくさん歩かなくても寄付が集まるしで、ぐーママの町のSternsingerより割がいいわね、
と、思った次第。
タルッとクリックお願いします。→ 






関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 朝ゴハンを忘れていました | ホーム | 雪中行軍 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


コメントありがとうございます。

*管理人のみ閲覧できますさん*
お役に立てて嬉しいです。
<上手く着用することができないようです。>
指が広げられないのでしょうか?不器用ドイツ人らしいですね。


あぁ、やはりここは、日本ではないのですね~。
「世界の車窓」からで見た景色のようですv-352
しかも、自分の足であるいているんですね~。
あぁ~、素敵。
そんなところで、夫婦けんか・・・でも、譲れませんよね。1年のはじめですものね~。
ぐーママさん、今年もよい1年になりそうですねv-22


あ、チョコレートマウンテンv-237(と、こちらでは呼んでます)
ずっとあこがれていて、先日、たまたま、やりました♪
パイナップルとか、キューイでしたが、おいしかったです。1回目は時間がたって、チョコが固まったので、2回目、ダッシュして席にもどって食べました~。


コメントありがとうございます。2

*つまさん*
<「世界の車窓」からで見た景色のようです>
確かにきれいな景色ですが、しょっちゅう見ていると感激も薄くなってしまうのです。考えてみれば贅沢な話ですね。
だんな君とのケンカはね、一年の初めであろうが終わりであろうが絶対に負けたくないです。だって、ほとんどだんな君の無理無体とかわがままとか理不尽が原因で始まるんですもの。(↑自分が悪いとはつゆとも思わない)
チョコレートマウンテン(チョコレート噴水)日本にもあるのですね。おドイツでは最近家庭用のものが売られています。こちらでは新鮮な果物にチョココーティングしたものは結構ポピュラーです。でも、このとろとろのチョコがおいしいんですよね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP