FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2014/11/08 (Sat) 01:10
捨てられません死ぬまでは




こんにちわんこ。
絶賛一時帰国チウのぐーママことpharyです。


今回の帰国前に母が電話で


お母さんもそろそろいろいろなものを整理しておこうと思うのだけれど、
やっぱり一人じゃなかなか物を捨てられないのよねぇ。
でも、本人じゃなかったら惜しげもなく捨てられるんじゃないかと思うから
ぐーちゃん、日本にいる間にお母さんの部屋のものの始末を手伝ってくれない?

と言いました。

あぁ、やっと気がついてくれたのね。

はっきり言って、母の部屋と言うか家の中は余計なものがありすぎます。

ほしくて買ったもののほかに、
いただいたものがどっさり。

日本人ってもののやり取りが好きでしょう?
お歳暮やお中元を始め
結婚式の引き出物や不祝儀や出産祝い、入学、卒業祝いのお返し、快気祝い。
ちょっと考えただけでもこれだけあるし、
いろいろな景品や何とかセールのプレゼント、銀行や新聞社のおまけ?なんかいろいろもらうじゃないですか。

その上母は


もったいない。
何かに使うかもしれないから。
きれいだから。
かわいいから。
だれだれさんが作ってくれたものだから。

と、とにかくものを溜め込む人です。

もう部屋中物だらけ。

とりあえず、
本棚の中の古い本、
もう聞かないであろう古いカセットテープ、CD、
それにぐーママがもう何年も前から気になっていた
棚の上のほこりをかぶったぬいぐるみや造花の飾り物を捨てることにしました。

ところがいざ、

これ捨てるよ?

と確かめると

あ、それはだれだれさんがわざわざ作ってくれたものだから捨てないで。

あ。、それは時々眺めて楽しみたいから捨てないで。

あ、それはもう一度読んで思い出したりしたいから捨てないで。

あ、それはかわいいでしょ、捨てないで。

あ、それはまだ使えるもの、捨てないで。

あ、それは何かに使えるかもしれないから捨てないで。

あ、それはきれいだから捨てないで。

あ、それはあとで「アー、あれがあればよかったのに。」ってなったら困るから捨てないで。

      以下延々と続く



ちょっと、おかーさん、
いったい何のために娘がホコリだらけになって奮闘していると思うのよ?

確かにきれいなお飾りやかわいいわんちゃんのお人形ですけどね、
孫の写真の裏に隠れてほとんど見えていないじゃない!

どんなに作りが立派でもまだ新品同様のものでも
ホコリのつもり具合から見て、きっともう何年も手を触れていないものを、
この先使ったり眺めたりすると思う?


母の言うことをいちいち聞いていた暁には
ちっとも物がなくならないので
非情に徹してバシバシ物を捨てていったぐーママ。

といってもやっと大きな紙袋4つ程度ですけどね。

だって、母ったら最後は

もう、お母さんがいなくなったらいくらでも捨てて頂戴!

なんて言うんだもの。


おかーさん、そのときになったら大変だから
今のうちに使わないものや古くなったものは捨てようって決心したんじゃなかったの?


タルッとクリックお願いします。→ 


そうは言っても

物を捨てられないのはぐーママも同じで
おドイツの地下室はそんなものであふれかえっているのですけどね。

母のものは捨てられても自分のものはなかなか捨てられず、
その理由っていうのが
↑の母の言っていることとほとんど似たり寄ったりっているところがなんとも、、、。

おドイツに帰ったら少しは(←少なくとも紙袋4つ分は)物を減らしませうね、自分。


タルッとクリックお願いします。→ 






関連記事

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

<< 流血の結弦きゅん 12月7日写真追加しました | ホーム | 着用率 >>

コメント

うんうん

お母さんの気持ちがよ~っくわかります。
長いこと家にあるものはそれだけ愛着も
深くなるってもんですね。
ウチにもそういうものがたくさんあるわん。


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
家に長く置いてあるっていっても、何年も使っていないものはこれからも使う確率は低いですから思い切って処分するのがいいのでしょうが、それができない。といいつつ私も溜め込む口なんですけどね。でも、包装紙やひもの部類は捨てている分、母よりはましというものでせう。(←五十歩百歩)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP