FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/09/28 (Thu) 17:07
男を捨て(させられ)た日

タルは今日ついに男を捨てました。

これからはタル子ちゃんと呼んでください。
これからはタル子ちゃんと呼んでください
お耳もしおれちゃって、、、


午前11時の予約のはずが、9時30分、最後のお散歩に行こうとした矢先、ドクターからTelが、、、

「ひとつ予約のキャンセルがあったんですけど、10時に来れますか?」

思わずハイと答えてしまってからシマッタと気づく、脳たりんのぐーママ。

かくして心の準備もないまま、男を捨てに出発。
いざ、男を捨てに
お口にはせめてものはなむけ、タルルンの大好きな歯磨きガム。
ブレているのは、カメラを持ったおねえちゃんのほうが動揺しているから?


ドクターのところまでは徒歩1分。

まず体重の確認。
計量
4,8キロ。
デカめのヨーチー、タル。
プルプル震えっぱなし。

手術台にのせられて。
ここにのるとろくなことがないということはタルにも分かるので、必死に降りようとして、
ドクターの助手(奥様)にガッツり取り押さえられています。
でも、ガムは離さない、この根性。
ここからは一人
ママリーン、僕をおいていかないでーっ!
タル、許して、、、、


かくして事はとりおこなわれました。






お迎えは午後3時。


小さなかごに入れられたタルは、ぐーママの姿を見ても、いつものようには喜ばず、心なしか恨めしげな目で見上げます。

「僕のたPたP-、返してー!」って言ってるみたい。
ウッ、心が痛む瞬間。

抱いてうちに帰って傷を見ると

やっぱり生々しい、、、、。
傷は
タル、ごめんねー。

その後のタルは
部屋の中をあっちにうろうろ
あっちへ行ったり

エリザベスカラーが邪魔で、いつもの避難場所に入れない。

こっちにうろうろ
こっちへ行ったり
ここにも入れない。

やっと落ち着いた、
やっと落ち着いた

と思ったら、

またぞろウロタラ。
またウロタラ
???
あっ、もしかして、
と気がついて、外に連れて行ったら、
びっくりするほど大量のおPっこをしました。

でも、いつもならクンクンPメールの確認をするんだけれど、
これまたカラ-が邪魔でママならず、
おPっこのあとは道路の上で固まってしまいました。

ストライキを起こしたのか、
傷が痛かったのかは不明ですが、
なんか哀れで、
そこから抱いて帰ってきました。

しばらくカラーをはずそうとがんばっていましたが、
やっとおねんね
最後はあきらめておねんね。


帰ってきてから、ワンともクンとも鳴かず、おやつにも目も向けない。
ときたまみつめる目が、悲しそう。

痛いんだろうなー。
ぐーママは膝に小さな穴を開けただけでも、
手術後二日ぐらいはあんなに痛かったのに、
ましてやタルはおなかとたP袋を切って、
中のものを出しちゃったんだもんね。

だんな君が帰って来たときだけ、うれしそうに尻尾をプルプルさせました。

「パパリーン、男なら、僕の気持ち分かるでしょー?」
って言いたかったのかな?

それとも、だんな君が
「正常なほうは一個だけでも残してやれよ。」
って言ったのを知っているのかな?

タルのためと思ってやったことなんだけど、
なんだか一生タルに負い目を感じなければならないみたい。
一生負い目に感じるかも
タル、そんな目で見ないでよ。







タル子ちゃん、ガンバレ!
慰めクリック、タルッとお願いします。
関連記事

テーマ : ◇ 異国イヌ生活 ◇ - ジャンル : ペット

<< 関取(?)タル | ホーム | エジプトのホテル  朝ゴハン >>

コメント

とうとうタル君は男を捨てちゃいましたか。。。
これからは、タルさんということで。

ドイツの獣医さんって、手術しても入院をさせないんですよね。Tierklinikの場合は別みたいですけど。
珠が目の手術には、実は私は立ち会ったんですよ。
あれって、ダメですね。見てて泣いちゃう。
その上、絶食とか外出禁止とか色々あって、こっちが辛くてたまりませんでした。

傷口が治るまでは心配だと思います。
タルさん、お大事に~!
なくても、男らしく生きるんだよ!


・・・おつかれっ!!

タルくんよく頑張ったねー!!
2つとも取っちゃったんですよね?
ただの去勢手術と違っておなかの中のモノを取り出したから、傷口が大きい…(T_T)
でも、しおれ耳のタルくんかわいー☆って思っちゃいました(^▽^;)ゴメンヨ。
早く傷口がふさがってカラーが取れるといいね。
たPたPがなくてもタルくんはイケメンだよ!


タルちゃん頑張ったね(^_-)そしてタルママもどんなにか辛かったことか・・・


あっ、タルちゃんタル子ちゃんに・・・
「心の準備なし」だったからかえってよかったかも? 時間の余裕があったら余計にドキドキ。
なにはともあれ 健康一番!
早く傷がなおって元気なタルちゃんになりますように。


コメントありがとうございます。

*ゆき珠さん*
日本だったら入院するんですか?
(実はこのあと記事にするんですけど、ちょっとアクシデントがあって、、、)
去勢手術なんてほかのわんこもやっている、何の危ないこともない普通のことだと思っていたんですけど、いざ、自分の目の前に手術後のタルがいるともうだめでした。
かわいそうでかわいそうで。(涙)

*めぐぞうさん*
しおれ耳のタル、私も可愛いと思いました。
今は傷口が痒くなってきているのかしきりに掻きたがります。
そんな姿を見るにつけて、「痒いだろうね。でも掻いちゃだめなんだよ。」って、かわいそうになってしまいます。


*Himeさん*
辛かったよー。
そして今も辛いよー。
タルが元通り元気になるまでこの辛さは続くのかと思うと、、、また辛くなります。

*Mariさん*
そう、タルの将来の健康のために決心したことなんですが、、、、目の前の弱弱しいタルを見ていると、ほんとにかわいそうなことをしたと思ってしまうんです。


日本で、去勢・避妊手術をさせたことはないのですが・・・
少なくとも私の実家がお世話になっていた獣医さん(大学の農獣医学部の講師なんですが・・・)は、術後は必ず入院をさせていましたよ、やはり麻酔をして開腹手術をした後の管理が必要だと考えていたんでしょうね。


コメントありがとうございます。2

*ゆき珠さん*
初めはね、12時にお迎えにきてくださいって言われたんです。でも、なんか心配だったから少し落ち着くまでおいてくださいって頼んだら、「じゃ、15時にね。」だって。
ほら、ドイツは人間のヘルニアの手術とかも日帰りでしょ。だからわんこなんか当然日帰りと持っているんじゃないでしょうか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP