FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2014/10/10 (Fri) 04:22
差別的サービス



こんにちわんこ。
けふはね、バカンスの記事なんだけど、ママリンの愚痴なんだよ
けふはね、バカンスの記事なんだけど、ママリンの愚痴なんだよ、のタルです。




思い出したように既に4ヶ月(←あ、もうすぐ5ヶ月前になる)も前のエジプトでのバカンスのことを書いています。

これまでの記事はこちら↓
ホテル
ホテルのゴハン
怪しいアジア料理
国旗のケーキ
わんこは何処へ?
エジプトのすずめ?



今回のエジプト行きもおドイツの大手旅行会社PUIのチャーター便で飛んだのですが、
今回のエジプト行きもいつものようにおドイツの大手旅行会社PUIのチャーター便で飛んだのですが
経費節減のためかなんか知りませんが

なんかなー!

ということがあったので愚痴らせてください。


まずね、スーツケースの重さが一人15Kgまでだったんです。
普通20Kgですよね。
5Kg×2人分=10Kgの差って結構大きいですよ。

なので、今回は
重いもの(←ダイビングのロゴブックとか)を手荷物の中に入れてみたり
とにかくいろんなものを何度も入れたり出したりして重さの調節をしましたが、
それがすごく大変でした。


そして酷いなと思ったのは機内で水一杯出なかったことです。

今までもスナックとかは有料だったのですが(←だからビスケットとかちょっとしたおやつは持参していた)
お変わり自由というわけではなくても飲み物のサービスはありました。

それが今回はなかった(=全部有料だった)んです。

4時間の飛行中、乾燥する機内で飲み物がないって結構辛いので
4時間の飛行中、乾燥する機内で飲み物がないって結構辛いので 仕方なく水を買いましたよ。
仕方なく水を買いましたよ。

飲み物が出ないくらいですから
当然ゴハンもおやつもなしです。

マァ、往路は前泊したホテルでしっかり朝ゴハンを食べていたので
あとは持参したビスケットをポリポリかじって
お昼過ぎにはホテルについてお昼ゴハンが食べられたから
ひもじい思いはしなくて助かりました。


でもね、聞いてくださいよ、奥さん!
奥さんじゃなくても聞いて!

ひどかったのは帰りの便ですよ。
往きよりももっと悲惨っていうかイヤーな気分だったの。


帰りの便はちょうど夕食時にかかる時間帯だったのですが、
来たときの便がこう↑だったから
帰りもきっと何もでないだろうと踏んで
ぐーママとだんな君は空港でサンドイッチを食べておいたのね。

水はいつものようにホテルから持ってきたペットボトルの水を問題なく機内に持ち込めました。(参考記事→エジプトのセキュリティ

証拠↓ 後方の手荷物検査を難なくパスしたペットボトルの水です。
証拠↑ 後方の手荷物検査を難なくパスしたペットボトルの水です。


ところが飛行機が離陸してしばらくして機内アナウンスがあったんです。

皆様、搭乗券の裏をご覧ください。
スタンプが押してある方にはソフトドリンクを一杯と暖かい夕食が提供されます。
スタンプが押してある方にはソフトドリンクを一杯と暖かい夕食が提供されます。 ない方はご販売リストをごらんになってご購入ください。
ない方はご販売リストをごらんになってご購入ください。

えーっ、それってなによーっ?

でもって、さっと搭乗券をチェックしたらね、

ノースタンプだったぐーママとだんな君。


飲み物のキャリーを押したスチュワーデスさんがやってきて

スタンプをお見せください。

って訊くから
スタンプをお見せください。

ありません。

って答えたら、
いかにも

あら、安いチケット買ったのね。ぷぷぷぷ、、、

とばかりの態度で
お隣の人にだけ飲み物をサービスしたの。


もっと嫌だったのはゴハンのときよ。
周囲の人が機内食をもらって食べているときに、
周囲の人が機内食をもらって食べているときに、 ぐーママとだんな君は見ない振りしながら雑誌を読んだり数独をしていたりしていました。
ぐーママとだんな君は見ない振りしながら雑誌を読んだり数独をしていたりしていました。

空港でサンドイッチを食べていたから
すごくおなかがすいているってわけじゃなかったけど、

やっぱりなんか

ゴハンもらえなかった

っていう、惨めな気分はまぬがれないっていうか、、、。

しかももらえなかった人が少数派っていうか、
大抵の人はもらっていたので惨め感がいや増すという、、、、。


ツァー(←飛行機+ホテルのセット)を申し込んだときに
このチケットには機内食がついていないって分かっていたらそうでもなかったんでしょうけど、(←っていうか、分かっていたら食事付のを申し込んだと思う)

そんなこと申し込みの画面にも送られてきた書類にも一言も書いてなかったのよ。

これまではチャーター便でも食事が出るのが当たり前だったし、
いつもと同じPIUの同じ目的地へのチャーター便だから、
当然機内食はついているものと思っていたので

まず往路の飲み物さえなしっていうのに驚いて
そこから考えて

復路も全員食事なしなんだろうな。

と思っていたところにこれだから

ナニコレ?

状態だったわけ。

要は安いお金しか払ってないんだから仕方がないと言われればそうかもしれないけど
それでも、同じ機内で
ゴハンをもらえる人ともらえない人がいるって

もらえない人にとっては差別感ひしひしという感じでした。

おなかがすいていないとはいえ、
周囲からおいしそうなにほひが漂ってくれば誰だって

食べたいなぁ!

って思っちゃうんじゃないでしょうか?
ぐーママが特別イヤシイからじゃないと思うんですけど。


じゃ、他の飛行機を使えば?

って言われるかもしれませんが、
ぐー家が飛ぶのはFurgadaよりずっと南のMarsaAlamという飛行場で、
ここに直接飛ぶのはPIUとかThomas Pookのチャーター便がほとんどなんですよ。

たまーにエジプト航空が飛びますが、カイロ乗換えとかです。
ぐーママ的にはカイロ乗換えでもいいのですが(←機内食・飲み物は確実にもらえるし)
いかんせん、本数が少なくてめったなことでは当たらないのです。


PIUさん、ネットでのツァー申し込みの際には
機内での食事がついているかどうかをちゃんと明記してください。

っていうより、
ゴハンを上げるなら全員に上げて、
上げないなら全員に上げない
という風にしてくれませんか?


いままでぐーママ達のように惨めな気持ちになった顧客から苦情とか出なかったのかしら?
タルッとクリックお願いします。→ 



おまけ 

参考までに、去年のエジプトでのバカンスのときに出た機内食の写真です。

往路
往路

復路
復路

特別おいしいというわけではないけれど
あるとないとではやっぱり違いますよね。

タルッとクリックお願いします。→ 



  
関連記事

テーマ : 飛行機/フライト/機内食 - ジャンル : 旅行

<< おドイツ負けてしまいました | ホーム | 思わぬところにゴハンが >>

コメント

だははは~

うんうん、食べ物の恨みは恐ろしい・・
ということわざを、
おドイツの旅行会社の社員に
教えてあげましょう。
椅子にきちんと座ってる
タルちゃんかわゆす♪


これはひどいですね

はじめまして。
こんなこともあるんだとびっくりしてコメントします。

数々の格安航空会社のフライトに乗ったことがありますが、こういう差別的な扱いをされたことはありません。
基本的に、搭乗クラスが同じなら全員に何も出ないなら出ないですし、飲み物だけとかスナックだけとか簡単なものでも出るときは全員に何かしらのものが振舞われたと思います。

フリークエントフライヤーのような限られた乗客に追加的なサービスをするのはわかりますが、少数派の人に嫌な思いをさせるというのは、サービス業としてどうかと思います。
今後のために苦情を言った方がいいのではないでしょうか。

別の観点ですが、多くの航空会社が機内で水分を補給することを推奨しているにも関わらず、水すら出さないのもどうかと思います。


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
そうです、恨みます。この恨みはらさでおくものか!
ナンですが、ジャ、具体的にどうしたらいいかってことが浮かびませんでした。せいぜいメールで苦情を送る程度です。そして実際にはそれすらもしませんでした。

*Chihiroさん*
そうなんです、こんなこと、わたしもあるなんて思いもしませんでした。航空会社hどこも経費削減の方法を考えていると思うのですが、これは酷いと思いました。でも、PUIに言わせれば、ゴハンは機内で購入できるのだから買えば?ってことなんでしょう。
記事にも書きましたが、この飛行場に飛ぶのは圧倒的にPUIfryが多くてほとんど独占状態です。他の選択肢がかなり小さいので売り手市場というか、だから強気なんじゃないでしょうか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP