FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2014/08/20 (Wed) 06:49
懺悔



こんにちわんこ。
ママリンに赤ちゃん抱っこしてうっとり状態のタルです。

ママリンに赤ちゃん抱っこしてうっとり状態
嘘です。
タルはこのカッコウで抱かれるのはあまり好きではないのです.
でも、ぐーママことpharyはタルのかわいいお顔が見られるので、無理無理この抱き方をするのです。
タルはしばらくは我慢していますが、チャンスがあれば体をひねってお腹を下にしようとします。

うぅん、トァルちゅわん、ママちゃんにお顔を見せてよ~。お腹ナデナデしてあげるから~。


Rottenmeierさんたちとムルナウ方面に遊びに行った帰りの車の中で

だんな君が


、、、ボク、今日、大変なことしちゃったんだ、、、、。

、、、ボク、今日、大変なことしちゃったんだ、、、、。
と言い出しました。


いったいナニを?

聞けばムルナウの町でこの教会に入るとき
おまけ、 と言っちゃなんですが、、、。 ムルナウの町を歩くRottenmeierさん。
狭い入り口で


ぐーちゃん、先に入りなよ。
ぐーちゃん、先に入りなよ。 ってそばにいた人のおPりをポンとたたいたら
ってそばにいた人のおPりをポンとたたいたら




なんとそれはぐーママならぬ







Rottenmeierさんだったのです!!!!ガーーーン!
なんとそれはぐーママならぬ Rottenmeierさんだったのです!!!!


すぐにごめんなさいって言ったけど

Rottenmeierさん、ボクのことヘンタイスケPオヂさんだと思っちゃったんじゃないかな、、、、。

ずっとしょぼくれていただんな君でした。

Rottenmeierさん、びっくりしたでしょう?ごめんなさい。ぺこぺこ。

ボクからもごめんなさい。ぺこ。
Rottenmeierさん、ごめんなさい。ぺこぺこ

これに懲りないで、こちらにいらっしゃったときは又声をかけてください。

タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : ( ゚д゚ ) ・・・・・・、 - ジャンル : 日記

<< わんこ好きに違いない | ホーム | 湖上の戦い >>

コメント

うそ〜〜〜それは焦るよね、、、言い訳するのも変だしね。かわいそうなご主人様でした。。。でもちょっと笑ちゃいました。。。すみません。
タルちゃんいつ見てもかわいいわ〜。


あはは。。。あんまり気がついていませんでした。なんか一瞬間違えてはったな、とは思ったんですが。どうぞお忘れください。それにしてもきれいなところでしたね。週末にバイエルンの美しい自然を満喫に、ちょっくら行ってくるわと言えるのは大変ぜいたくだと思います。うらやましー。フランクフルトはまあ、それに比べるとあんまりみどころないんですよねー。ご主人とタルちゃんによろしく。


コメントありがとうございます。

*春子ママさん*
まったくねー、おっちょこちょいで困るわ~(←他人のことを言えない)
でも、今回はかなりの落ち込みようで、見ていて気の毒なくらいでした。↑のようにご本人様から免罪符が出たのですが、このことを記事にしたのはだんな君には内緒なので、教えて上げられません。(=だんな君、まだへこみチウ)

*Rottenmeierさん*
お慈悲ありがとうございます。そう伝えてだんな君を安心させてやりたいのですが、↑にも書いたようにこのことを記事にしたのは内緒なのでそうも行かず、時間という薬が効いてくるのを待つしかないようです。
うちから車で半時間も走ればアルプスの麓なのでハイキングや山登りにはすごく気軽に出かけられます。普段はあまり気がつかないのですが、バイエルンの自然に囲まれているっていうのは、すごい贅沢なことなんですね。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP