fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2014/07/13 (Sun) 09:51
ネコちゃんの事故多発地帯



こんにちわんこ。
森の道や線路沿いの道川の道では基本的にノーリードにしてもらえるタルです。

森の道や線路沿いの道、川の道では基本的にノーリードにしてもらえる

でも、こんなことろではきっちりリードをつけます。
こんなことろではきっちりリードをつけます
ここは川の道がちょっとだけ町道(写真右)と接している所なのですが、
この道ではよくネコちゃんを見かけます。

↑このときも、ネコちゃんを発見したので写真を撮ろうとカメラを出している間に左側の森の中に入っていってしまったのです。

もちろんみんな飼いネコです。
おドイツで野良ちゃんは見たことがありません。

うちの近所には結構な数のネコちゃんがいるのですが、
みんな自由に外を歩き回っていて
町道を越えてこの川の道まで遠征してくるのです。
川の道がちょっとだけ町道と接している所
でも、そのためにここではよくネコちゃんの事故が起きています。

だって

ほら、
ほら

ほらほらっ、
ほらほらっ
それほど頻繁というわけではないのですが
通る車はたいてい80~100キロぐらいのスピードを出しているのです。

しかも軽くカーブしていて見通しがあまりよくありません。
しかも軽くカーブしていて見通しがあまりよくありません。

ネコちゃんのほかにも
ハリネズミちゃんやリスちゃん、カエルちゃん等が
轢き潰されているときがあります。

すごく痛々しいし、
正直言ってグロいです。

ネコちゃんの飼い主さんたちは心配じゃないのかな?
ネコちゃんの飼い主さんたちは心配じゃないのかな?
日本のお友達のところは完全室内飼いにしているのですが、

多少の危険があっても外を自由に歩きまわれるのと
行動範囲は限られるけれど家の中で安全に暮らすのと

ネコちゃんにとってはどっちが幸せなのでせう?


タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

<< ドイツ寿司 | ホーム | 目力で勝つ! >>

コメント

こんにちは。
室内ネコで暮らす方が、絶対安全だと思います。私も、虎ちゃん、家の中だけで飼いたかったですが、オットが「それではネコ人生じゃない」と。。うちの周りの子達も、みんな、出入り自由です。数年前、まだ、虎ちゃんがうちに来る前、近所の猫が一斉にいなくなり、どうやら動物実験のために猫攫いが出没したらしい、と噂になりました。
ネコちゃんたちが、無事に暮らせますように、と願うだけです。。
(外に出なければ、ネズミ被害もないし。。)


ある意味、見事でしたが・・・

3,4年前に道路にリスの轢死体を発見したことがあります。
内蔵などがはみ出ていなくて、ある意味、きれいにつぶれていて、それが悲惨さを感じさせなくて良かったです。

今日、手作り干しうどんを食べてみました。
良かったですよ、お試しください。冷凍保存の方が簡単そうでいいのですが。

なかなかミュンヘンに行く機会が無い私、ばったりお会いできる日は近いようで遠いような~


コメントありがとうございます。

*虎ママさん*
あ、ということは、うちのご近所だけじゃなくておドイツはみんなネコちゃんは自由にお外を歩き回るのですね。
<近所の猫が一斉にいなくなり、どうやら動物実験のために猫攫いが出没したらしい、と噂になりました>
ギャー、ナンですかそれ、怖すぎる。
<ネズミ被害>
あれって飼い主様へのプレゼントだから怒っちゃいけないんでしょう?辛いとこがありますね。特に後始末。

*りすさん*
きれいに潰れてi-282、、、って、かわいそーぉ!
でも、惹かれた小動物の体って、その後も何度も轢かれていつの間にか影も形もなくなっちゃうんですよね。からすかなんかにも食べられちゃうし。マァ、でも、そういうことがなくていつまでも路上にそれがあるってのも嫌なんですが。

わ、実験成功ですね。あぁ、うどんが食べたくなってきました。今いるお客さんが帰国したら(←日本の方なのでおドイツのゴハンを食べてもらっている)うどん祭りしよう。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP