CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/09/19 (Tue) 05:15
合作?

やっとMy PCからのエントリーです。やったね。

でも、まだ写真をアップしてないので、エジプトの話はちょっとお休みです。

実はこの記事は3日前に書いたのですが、インターネットがつながらなくてエントリーしそこなっているうちに風邪を引いたりといろいろあって、今日になってしまいました。

ゆえに、読む方は頭を3日前に戻してください。
では、、、



さて、
しょっぱなから問題です。
あと15分で明日になります。
それなのに、末っ子はまだおきています。
なぜでしょうか?


ヒント: 明日は久しぶりに補習校があります。


ハイ、もうお分かりですね。

答えは、、、、、補習校の宿題がまだ終わってないからです。

しかも、読書感想文という大物。

まったくこの6週間何をしていたんだか。


1週間ほど前、本は読み終わったけど、書けない状態だった末っ子、ついに開き直って
「今年は感想文は出さない。」宣言をしました。

フーン、それならそれでいいよ
って言う母親も母親なんですが。(←「自主性)の誤った解釈。)

ところが、宣言したはいいけれど、根が気の小さい末っ子は、
前日の今日になって、心配になったんでしょうね。
体操のトレーニングをサボって部屋にこもり、晩ゴハンの直前に、
あんなにせっついても「書けない。」の一点張りだった感想文を書いて、
「ママ、これでいい?」と持ってきたのでした。

どれどれ、、、、、、、
、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、
、、なんでドイツ語?

白状すれば、本を読み始めたはいいけれど、もはや小学生低学年ではない彼女。
学年相応の本を選んでやったので、

漢字は読めないは、
言葉がわからないはで、
半分ほどで根を上げてしまい、

後半は町の図書館から借りてきたドイツ語版を読んだのでした。
(この点は、ドイツ語版もある本を選んだぐーママの先見の明があるところ。
でないと私が後半読み聞かせをする羽目になるので、、、。)

ところが、ドイツ語で読んだがために、
頭の中はドイツ語がうごめいていて、
日本語の文が出てこない状態だったらしいです。

その文を私が訳してやるのは簡単ですが、
それでは日本語の勉強にはなりません。
ゴハンを急いで食べさせて、
「だから先週から書いてればよかったでしょうにっ。」
ムカついている本心はおくびにも見せずに(←まぁ、われながらできた母親!)

「ドイツ語で書けたんなら、その内容を、できるだけ日本語に直して書いてごらん。
書けない言葉はドイツ語のままでいいから。」
と書き直しを命じました。

ゴハンの片付け、明日のお弁当の下準備をしながら待っていると、10時過ぎにやっと降りてきました。

どれどれ、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、

い、いつもながら小学1年生のような文章ね、、、

とは間違っても言わず、(←ほんとにできた母親だこと。って、誰も言ってくれないから自分で言ってるのもむなしい気もするけれど。)

そういう部分をもう一度言葉で言い直させて、学年相応の表現にさせ、
私が彼女の文の脇に校正よろしく書き込んでいきます。

これが疲れるんだわ。

語彙が少ないから、ドイツ語でナンタラカンタラ言うのを、
「日本語ではこういう言い方もあるけど、、、」と水を向けると、
「あ、じゃ、そう書いて。」
って、ママの作文じゃないんだけどっ!

で、やっと出来上がった文を清書するころはすでに11時を回っていました。

半分居眠りしいしい、急いで書くものですから、当然誤字脱字の連発。
下手すると3行ぐらい跳んでいることもあります。

なので、こちらも眠いんですけど、原稿用紙半分ぐらい書いたところでチェック。
2,3文字の抜けたのは時間もないので、脇に書き足しということにして、
さっきようやっと終わったのでした。

ああ、疲れた。

末っ子よ、内容はともかく、結局半日で書けたんだから、来年からはもっと早く書き始めておくれ。

真夜中近くまでがんばった末っ子、ぐーママに
タルッとねぎらいのクリックお願いします。









関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< ビキニでトホホ | ホーム | エジプト式ダイエット >>

コメント

pharyさん、ねぎらいます、ねぎらいます。 えらい~。v-82
ワタクシだったら「なーんで先週やらないのぉ」「やらないって決めたんならやらないでいいでしょお」とか、まあ色々キレそうです。
できたお母さんをもって幸せな末っ子ちゃん。うちのが聞いたら涙して羨ましがるでしょう。
・・・なので、聞かせない。わはは。v-37


読書感想文とは懐かしい・・・
それにしても、お疲れ様でした。
私だったら『だったら、出さなきゃいいじゃん!』って、根気よく付き合えませんね。

高校生のときに、近所の小学生の家庭教師をしていたことがあるんですけど、やっぱり感想文を子供に書かせるのは大変ですよ。

・・・中学のときに、すでに読み終わっている本ばかりが“読書感想文対象の本”になってて、友達にその話をしたら“掃除当番”を交代してもらうという条件で、何人かに感想文を書いてあげたことがあります・・・ そんなもんですよね~、日本に於ける宿題って。


あの、うちの娘もそろそろ文字の読み書きを覚え始める年齢になってきた訳ですが、根気のない私は、たったひとりの子供だというのに、ギブアップしそうです。
pharyさんちの末っ子さん語録は、うちの娘も似たようなことを言うので、一緒に笑わせてもらって居ますが、感想文など書けるようになるんだろうか??と心配です。私も、娘とは絶対日本語で話す!、を通していますが、読み書きは別問題ですよね・・・戦々恐々の今日この頃です。
ちなみに、末っ子ちゃん 何歳ですか?(内緒だったら、ノーコメントでOKです!)


コメントありがとうございます。

*Mariさん*
いや、できたっていうより、もうあきらめたっていったほうがいいかも、、、。
だって、いつもおPりに火がついてからしかやらないの分かってますから。
補習校の宿題なんか、はっきり言って半分もやってないんじゃないかな、彼女?
形に残るもの、作文とか、プリントなんかは程度はどうあれ一応やるんです。
でも、漢字の練習とか、本読み3回なんてのは手を抜いてますね。
本読みは一回だけ私と一緒に読んで漢字にルビ振っておしまいです。

*ゆき珠さん*
感想文の代筆、、しかも複数分、、、中学生が?
ゆき珠さんて文章を書く才能がそのころからあったんですね。
私は子供になんだかんだ言いますが、自分も感想文で苦労した口だったので、ホントはあまり大きな顔できないんです。

*ふろっしゅさん*
末っ子は、今思春期の入り口の年齢です。
会話も読み書きも親子ではある程度までは行くんですが、小学校中学年以上になると、日常生活では使わない観念的な言葉とか、抽象的な言葉が入ってくるから、それを理解させるのはなかなか難しいですよね。
ミュンヘン近郊の方たちは、子供さんが小さいうちはP文とかチャレンPとかの通信系の教材を使っているみたいです。
日本語をどの程度まで身につけさせたいかで、やり方も変わってくると思うのですが、補習校の一番の利点は家族以外の日本人との会話、生徒同士の話し合いの場が持てるってとこですかね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP