fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2014/01/13 (Mon) 07:34
すでにベテラン




こんにちわんこ。
ワンデルンの途チウパパリンから
ワンデルンの途チウパパリンから

おやつもっちゃったタルです。へへ。

おやつもっちゃった
大きなわんこと上手にすれ違うことが出来たからご褒美をもらったところです。




年末年始のスキーバカンスでは
雪不足ということでほとんど毎日雪中ワンデルンをしていました。
ほとんど毎日雪中ワンデルン

片道約2時間の山道を登っていくのですが、
朝起き掛けに飲むコップ一杯の水(←健康のためにいいと聞いてから飲むようにしている)、
朝ゴハンのときに飲んだオレンジジュース、紅茶(あるいはコーヒー)
などの水分を体外に排出したくなるのが
水分を体外に排出したくなるのがちょうど歩き始めて1時間ぐらいした頃
ちょうど歩き始めて1時間ぐらいした頃。

途チウに山小屋やレストランがある場合はそこでおトイレを借りるのですが
コースによっては終点までそういうものがないところもあります。

なので、

当然自然のトイレを使用することになりました。(←野良Pょんとも言う)


ワンデルンの折り返し点の山小屋では
ぐーママ、いつもはジュースの炭酸水割を飲むのですが
500mlのグラスしかなかったので
200~300mlのピュアなジュースを飲みました
今回は200~300mlのピュアなジュースを飲みました。

だって、復路のことを考えると
トイレのあるところまで我慢できるならそれに越したことはないわけですからね。
余分な水分は取りたくなかったからです。

もちろん出発前にはしっかりおトイレに行きましたよ。

それなのに

例年より暖かいとはいえ、やはり雪の山道は冷えるうのでせうか、
復路でもしっかりもよおし、
またまた野良Pょん、ということがほとんど毎回でした。


ということで、
このバカンスチウ野良Pょんに関しては結構な場数を踏んだぐーママです。

もう慣れちゃったっていうか、あのときほどドキドキもしなくなりました。

こうなるとね、もうベテランの域ですよ。
使ったティッシュを入れるタルのうんP袋ははじめから手に持っていたほうが処理しやすいということも分かったし、歩きながら

やった!あそこならもし誰かが通りかかっても見えないわ。
あそこならもし誰かが通りかかっても見えない
とか、最適な場所の見極めもつくようになりましたしね。

これからのアウトドア活動に向けてスキルが上がったということでせう。


タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

毎回500mlのビールを飲んだだんな君は
500mlのビールを飲んだだんな君
復路はなんとほぼ10~15分おきに道の脇にそれていました。

考えてみると
取り入れた水分より出た水分の方がかなり多いんじゃないかしら。

いったいどんな膀胱の仕組みになっているのでせう?



おまけ 2

大晦日にはホテル周辺でも結構花火が上がりました。

花火が大ッ嫌い、というかあの爆発音を死ぬほど怖がるタル。
家ではこういうところに避難するのですが、ホテルでは、

夜のゴハンも食べずに早くからぐーママのベッドにもぐりこんでいましたが
花火の数が多くなるとハァハァいいながら
ここに逃げ込みました。
ハァハァいいながら ここに逃げ込みました。

電気をつけてみませう。

パチ。
電気をつけてみませう。 パチ
写真ではよく分かりませんがブルブルガタガタ震えています。

棚のそばに置いただんな君のリュックサックを足場にしてよじ登ったようです。
棚のそばに置いただんな君のリュックサックを足場にしてよじ登ったようです。
夜中の1時半ごろまでここで震えていました。

かわいそうですがどうしようもありません。

でもここはうちの周辺と違って0時前に花火を上げるおバカ者がいなかっただけましだったというものでせう。

多分ヨーロッパではどこに行ってもこの大晦日の花火からは逃げられないのではないかと、、、
哀れなタルルン。
タルッとクリックお願いします。→ 
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ





関連記事

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

<< おねだりの相手 | ホーム | スキー場の雪 >>

コメント

わーわー♪

わぁ、もう、きゃー!いろいろ言葉があふれかえってます。
まずは、いいですねぇ~v-238あ、野良Pじゃなくって、青空のもとの雪中ワンデルン、というんですね。
板も、スノーシューもなしで、テクテクできるんですね。
いや、テクテクしたくないのに、するしかないのかぁ・・・それでも、うらやましいです!青空の下で、タルちゃんも楽しそうv-344

タルちゃんワンコ苦手と聞きましたが、ちゃんとすれ違えるなら、すごいです。石になりませんか?動かなくなったり、逆方向へ逃げ去ったりとか?

大晦日の花火、こちらでも、最近やるところがあります。我が家は、夏は花火大会が多い地方なので、近場のときは、家から離れて時間をつぶしたこともありました。旅先のホテルで花火あげたときは、最悪でした。当時のワンコはトイレに籠城してました。タルちゃんの気持ち、よーくわかります。キャンプ場も、お客の花火OKのところはイヤですねぇ。新潟は冬の雷が多いので、そういう夜は、我が家では、クレートに入れて耐えてます。おっと、野良P、場所選びがポイントですよね。


タルちゃん、、、、おばちゃんが助けにいってあげたかったわ〜。


コメントありがとうございます。2

*つま&ぶうたさん*
今回は麓のほうは雪が少なくて、上のほうは雪が固くて結局ワンデルン(山歩き?ハイキング?)ばかりしていました。それはそれで楽しかったですがせっかくスキーを持ってきたのに、、、。それと下りのときにスキーだったら大幅な時間短縮になってもっといろいろ楽しめたのになぁって残念でした。
タルは他のわんこにで出会うと、以前は反対方向に逃げていたのですが、毎回毎回おやつを目の前にちらつかせてお座りをさせて、最近はかなりやり過ごせるようになって来ました。まぁ、はじめは固まりますけどね。チラッとこちらを見る程度のおとなしいわんちゃんだったら大丈夫ですが、テンションの高い「遊ぼう遊ぼう」モード全開のわんちゃんだとまだダメですね。あまり近寄られると怖がってガウッてしまいます。

日本の大晦日は静かってイメージでしたけど花火も上げるようになってきてるんですね。なんだか日本らしさがなくなっちゃう様で寂しいですね。
そうそう、雷もものすごく怖がります。今はまだがんばっているけど、もっと年をとったら心臓に負担がかかりすぎるんじゃないかと心配です。

*春子ママさん*
いやー、オバちゃんレスキュー隊が出動してもこればっかりは、、、何しろ大大大好きなだんな君の腕も振り切って、とにかく狭くて暗いところを捜し求め、そこに入り込んでしまうのです。それならだんな君か私の布団の中が一番と思うのですが、それでは心もとないようで、、、。(←頼りにならない飼い主だとでも思っているのでしょうか?)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP