FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2014/01/07 (Tue) 06:24
HP記述に偽りあり



こんにちわんこ。
ホテルの部屋で寛いでいるタルです。

ホテルの部屋で寛いでいる



今回のスキーバカンスで使ったホテルは
正直言ってHPに偽りあり、でした。

偽りとまではいかないかもしれないですが、
うまーく、そう思わせておいて実は、、、ということが多かったです。

けふのブログはママリンのグチのオンパレードなんだよ。
長いだけで、読んでもつまらないかもしれないよ。

けふのブログはママリンのグチのオンパレードなんだよ


じゃ、読むのをやめようと思った方、お帰りになる前に
これだけタルッとクリックお願いします。→ 


ちなみにこのホテルは四つ星ってことになってます。

まず、

PanoramablickZimmer(パノラマブリックツィンマー=展望のよい部屋)を予約したのに
あてがわれた部屋は地上階。
あてがわれた部屋は地上階
あ、脱ぎ散らかした服は見ない振りしてください。

確かに湖は目の前です
同時に部屋の前にある湖のほとりの道を行く人達も見えました。

それはつまり、カーテンを開ければ部屋の中が丸見えということで
展望も何も、終日カーテン閉めっぱなしで何にも見れませんでしたよ。
終日カーテン閉めっぱなしで何にも見れませんでした



HPには新しくてモダーンな部屋、バスルームの写真がいっぱい。

でも実際にはそれは新館のほうらしく
ぐーママことphary達の部屋は旧館だったので(←ランク的には二番目に高い部屋のはずなのに)
バスルームなんか給湯器丸見えの50年代か60年代?のようなもの。
とても四つ星のバスルームとは思えない。
とても四つ星のバスルームとは思えない
写真右手の白いのが大きな給湯器です。

その給湯器もね、
ちょっと長くシャワーを浴びると3人目は湯温が下がってしまう代物ですよ、奥様。

一度なんか、頭にシャンプーをつけたとたんに湯温がぐっと下がって
ほとんど冷水シャワー状態で髪と体を洗ったぐーママです。
体が冷え切って風邪を引いてしまうかと思いましたよ。


おトイレがセパレートなのはいいけれど、
手洗いがついていないので、用を足した後に手を洗うために隣のバスルームに移動しなければならないのもめんどうでした。


初め部屋を替えてもらおうと思ったのですが
満室で出来ません。
と言われました。

ちなみにぐー家の隣の部屋の家族(ロシア人)は
暖炉つきの部屋を予約したのに暖炉がなかったそうです。
お宅の部屋に暖炉はありますか?
と訊かれました。
文句を言ったけれどやっぱり満室で代えの部屋がないと断られたそうです。

ちょっと、これ、うちも隣もブッキングミスじゃないの?



スキーで疲れた体をサウナでリラックス。(←HPにはもちろんステキな写真がいっぱい)

ハイ、きれいなサウナはありましたよ、
新館のほうにね。

問題はその新館が旧館から約200m離れたところにあって(←HPにはそんなこと一言も書いてなかった)
冬のこの時期にはコート、帽子、マフラー、手袋の完全防備で行かなければならないってことです。
 
せっかくサウナで温まった体なのに
夜の冷気の中を数分とはいえ歩かなければならないなんて、、、。

幸い一日を除いてはいい天気で,気温も高かった(←といっても夜はマイナス5度位)ので、↑の完全防備なら特に冷えるってことはありませんでしたが、
これが、吹雪いていたり雨が降っていたらサウナになんか行く気にもなれなかったと思います。



そして何より頭にきたのが
今までも散々書いてきましたが、
インターネット使い放題のはずが、部屋では使えなかったことです。

使えるのは
レストランとカフェ、レセプションのホールだけ。

ぐーママたちの部屋はこのカフェのガラスの外の左手だったので
ほんの数メートルですが外を歩かなければならない
そこに行くのにもほんの数メートルですが外を歩かなければなりませんでした。

すなわち
ちょっと何か調べたいと思っても、ブログを書きたいと思っても、携帯メールをチェックしようと思っても
いちいち上に何か羽織って外靴(=ブーツ)を履いて出て行かなければならないのです。

カフェやレストランなんか他のお客さんがいるから
何も飲んだり食べたりしないのにテーブルに座ってPCやiPadを長々と見ているのも気が引けるし、
今回は飲み物は別料金だから、何か注文すればお金がかかる。

もうね、ネットが使える場所をここに限定したのって
飲み物代の収入を狙ってじゃないか?
って勘ぐりたくなるくらい。

飲み物を注文したくない人はレセプションのホールにあるソファーでネットを使っていたのですが、
そのソファーも小さいのが一つあるだけ。
ハッキリ言って異常でしたよ、
小さいソファーに何人もの人がギュウギュウ座って一心にPCや携帯を覗いている様子は。


さすがにこれには苦情が出たのか
ぐーママたちの滞在3日目からホテルのHPのネット使用に関する記述が

↑3箇所にて使い放題。

に変わっていました。

そんなの分かっていたら、このホテルは選ばなかったーーーーー!ドンドン(←机をたたく音)


何しろホテル周辺に雪がないので
スノボーをするおねえちゃんは毎日ネットで近くで雪のあるスキー場を調べたり
待ち合わせる友達と連絡をしなくてはならなかった訳で
ぐーママと違って、午後の軽食の時間(←ぐーママがネットを使った時間)にはまだホテルに戻っていなかった彼女は
ゴハンのとき、食べる合間にずっとスマホの画面をにらんでいました。
ゴハンのときは食べる合間にずっとスマホの画面をにらんでいました
本当は、すっごくお行儀が悪いことなんですけどね。

あ、テーブルにイタリアの旗が立っているのは、
この日のゴハンがイタリア特集だったからです。(←でもスパゲッティはぼそぼそでまずかった)


四つ星なのにがっかりだったホテルってここ以来だわ。

ちなみにボクは、一泊12ユーロ×7=84ユーロも取られました。
ボクは、ゴハンもお水ももらえなかった上にレストラン立ち入り禁止だったのに一泊12ユーロも取られました
ホテルが12ユーロも取ってタルルンにナニしてくれたのよ?
ゴハンもお水ももらえなかった上にレストラン立ち入り禁止だったのにねー。


タルッとクリックお願いします。→ 



おまけ

グチばっかりだったので最後はちょっと口直し。

滞在3日目、ホテルの前から雲の合間に見えた山です。
滞在3日目、ホテルの前から雲の合間に見えた山です
神々しいくらいにきれいでした。

タルッとクリックお願いします。→ 






関連記事

テーマ : ホテル - ジャンル : 旅行

<< ちょっと寂しい四つ星ホテルの朝ゴハン、でもゆで卵は○ | ホーム | 何年かぶりに見た夢 >>

コメント

ここのホテルなんですね、裸族体験をされたのは。
それにしても、がっかり度高し! 残念~
ぱのらまぶりっくって、う~んウソじゃないかもしれないけど、外を歩く人から中がパノラマだったってこと?
給湯器も哀しい。ネットも哀しい。
ブッキングコムとかのサイトで厳しく評価しておいたら、ホテル側も多少は認識を改めるのでは?


コメントありがとうございます。

*Mariさん*
ハイここです。初めのうちこそソソクサコソコソしていましたけど何事も慣れですわね、連日の裸族体験でもう自分も裸族の一員と化していました。(=羞恥心が薄れた)といってもオマタパカなんてことは大和なでしことして慎みましたけれど。
パノラマブリックはねぇ、何をしてパノラマブリックと言うかその人の判断次第と言われればそれまでですので、でも、普通はこの部屋みたいな、ちょこっと湖が見えますよという程度ではないと思うのですが、、、。
ホテルの評価サイトには帰宅してからだんな君がしっかり具体的な不都合や不満を書いておきました。(大体この記事と同じようなこと)おねえちゃんもどこかのサイトに書いていたようです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP