FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2013/10/08 (Tue) 07:06
靴下



こんにちわんこ。
長靴を履いたネコならぬ靴下を履いたタルです。

長靴を履いたネコならぬ靴下を履いたタル


タルが椎間板ヘルニアで片足歩行困難になったときに
足を引きずって歩くためつま先が擦れるので靴を買ったはいいけれど大きすぎた上に速攻粉砕されたので、
翌週趣味の会に行ったときにミュンヘンのペットグッズショップでもっと小さな靴を探しました。

そのときかわいい靴下を見つけたので

家の中は靴下のほうがいいかな?

と思い買ったのがこれです。↓
かわいい靴下を見つけたので 家の中は靴下のほうがいいかな? と思い買ったのがこれ
軽い膝蓋骨脱臼(←両足)が発見されたこともあり、
家の中で滑り止めのついている靴下を履かせることは悪くないアイディアだと思ったのです。

デザインもかわいいし、
サイズもぴったり(←だと思った)、  麻痺した足が変な方向に向いています。
デザインもかわいいし、 サイズもぴったり(←だと思った)、
お値段も6ユーロとお安かったので(←ここ重要事項ね)
即購入しました。

XXSサイズのお靴の方は前記事に書いたとおり、
又粉砕されるのが怖くてまだ買っていません。
ま、いざとなったらタルちゃんサイズのお靴があのお店に売っていると分かっただけでも良しとしませう。


で、この靴下なんですが、
一見ピッタリ        靴下を履かせられて固まっています。
一見ピッタリ
でも、やっぱり微妙に大きいのか
あるいはタルルンの毛の向きのせいなのか
知らないうちに脱げてしまうのです。

観察していると
タルリンが自分で脱ぐわけではなく
自然にゆるゆるになって下がってきて
ちょっとした動きでスポッと脱げてしまいます。

知らないうちに脱げていたりすると探すのも大変です。
知らないうちに脱げていたりすると 探すのも大変
もっと小さいサイズのほうがいいのかなぁ?

でもあまり小さいとゴムのところが圧迫されて
足の血流がストップしちゃうような気がするし、、、。


というわけで
今のところ靴下もあきらめて(←せっかく買ったのに)
タルがよく歩くところに絨毯をつなげて敷いています。
タルがよく歩くところに絨毯をつなげて敷いています。
手持ちの絨毯では足りなくて
手前のなんか玄関マットです。

さすがにそれでは見栄も悪いので、
近々新しい絨毯を購入予定です。

第一、玄関マットがないと
靴の下についた砂や細かいゴミがリビングにまで入ってきてしまうし
タルの足が今度は玄関のタイルの床で滑って膝や腰に悪いからです。

特にだんな君や子供たちが帰宅したときに
その回りを喜んでクルクルじゃれるときにズリッと滑ってしまうのです。


問題は
いざ新しい絨毯を買うとなると
家具を買うのが趣味のようなだんな君が
おいそれとは妥協しないので

家具屋さんや絨毯やさんを一店や二店では足りなくて
20店ぐらい見て回りそう(=買うまでにかなりの時間がかかる)ってことです。


タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

このショップではお預けになっていたタルちゃんのもう一つの9歳の誕生日プレゼント、
新しい首輪
も買ってやりました。
もう一つの誕生部プレゼントの首輪も買ってやりました

古い首輪はもうすでに赤い色だったことも分からないくらいボロくなっていました。(←もっと早く買ってあげなよ!)
古い首輪はもうすでに赤い色だったことも分からないくらいボロくなっていました
タルルンの犬生4本目の首輪です。

タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

<< この花ナンの花気になる花 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP