CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2013/10/06 (Sun) 06:52
検査する人しない人



こんにちわんこ。
こんなに元気に走れるようになったタルです。
こんなに元気に走れるようになった

ホラね、バビューーン!

ホラね、バビューーン!
まだ、方向変換のときに時々足がもつれるときがありますが、
まっすぐ歩いたり走ったりする分には
麻痺が残っているとは分からないくらい元気に動けるようになりました。

でも、ぐーママことpharyとしては
爆弾を抱えているようで
うっかりしていてタルがひょいとソファーに飛び乗ったりすると
ヒヤッとします。

タルちゃん、又イタイイタイになったら困るのはタルちゃんなんですよ。

と言ってもそれを理解できるわけでもない永遠の2歳児(=わんこ)なので
飛ばせないよう、飛び降りさせないよう
気をつけるしかないのです。



先週は2年ぶりにマモグラフィー検査を受けてきました。
おドイツはオバフィーの女性は2年ごとにマモグラフィー検査を受けることが出来るのです。(=保険が支払いをしてくれる)

ズーッとズーッと前のマモグラフィー体験記はこちら→つ、つぶれる!


実は先々週の夕方18時半に来るようにと言われていたのですが
予約時間をついうっかり忘れてしまって先週になったのです。

そのことを趣味の会でちょっと話したら、
何人かの方が

そういうものは受けない

とおっしゃいました。
いわく、

微量とはいえ体に放射線を浴びたくない。

どんなに検査を受けても検査の直後にガンが発生したら意味がない。


その方たちは例えば予防注射も受けないのだそうです。

ああいうものは、返って体に悪いから

自然が一番!


って、、、、


うーーーーん、

基本チキンなぐーママは
検査で早期発見されるものならばたとえ実費を出しても受けるし、
予防注射だって体に無理がかからない程度には受けています。

例えば毎年9月の終わりにインフルエンザの予防注射をし、
今年はダニ脳炎の予防注射をする年に当たっています。(3年毎)

2年に一回は保険が費用を払ってくれるチェックアップ(=健康診断)も受けるし

もちろん婦人科検診は毎年欠かしません。(←一部有料)
その際実費を払って一緒に各種癌の検査も一緒にしてもらっていますし。

去年からは膀胱ガンが分かるおPっこ検査も40ユーロぐらい出してやってもらっています。


十分用心して
それでもガンなどになってしまうこともあるかもしれませんが
何もしないでいて、もし不治の病にかかってしまったら

あぁ、検査を受けていたら、、、

って、ずっと後悔しそうだからです。


考えは人それぞれですから
どちらがいいとは言えませんが、、、、。

タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

マモグラフィーの機械、新しくなっていました。
マモグラフィーの機械、新しくなっていました

でもつぶすのは同じ。(↓はぐーママのお胸ではありません。検査室に貼ってあった説明の写真です)
つぶすのは同じ
イタタタタッ!


今回の技師さん(女性)は今までの方よりも
おっPの周囲のたるみの引っ張り方が下手Pそだったみたいで
いつもより痛かったです。

タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< | ホーム | >>

コメント

タル君だいぶ良くなったみたいですね。

マモグラフの機械、こんな仕組みなんですね。
今調べてみたら、イギリスでは47歳から無料の検診が3年ごとにあるそうです。
でも、痛そう!
今まで普通のレントゲン検査だと思っていました。
受けたくない人の理由も分かるけど、家族のことを考えたら、早期発見は大事な気がします。


コメントありがとうございます。

*みきさん*
このコメントの内容からするとみきさんはまだマモグラフィー検査未経験=47歳未満ってことですね。お若-ーーい。
この検査、まぁ痛いことは痛いですけど、我慢できないほどではありません。それにほんの数秒のことですし。万が一癌になったらということを考えれば耐えられる痛みです。
そう、家族のためにも出来ることはしておきたいですよね。


こんにちは
ご無沙汰です
ちょうどこの記事を読んだ日に市の検診に行ってきました。
海外のかたはレントゲンで被爆だなんて思うんですね。
うちは福島よりだから><
マンモは痛かったです。特に左が。機械に挟むのにもっと前に出てとか、ぎゅーっとされました。無い胸でも痛い><。母はあっても痛い、、。
私の年齢ではマンモ2方向でした。来年は1方向です。
1年ごとに1か2方向です。
3?~超音波、40~+マンモ。65~は1方向です。
私の¥は社保で2900円。母は71歳で国保¥800でした。40、45、50歳と5歳刻みに年齢は無料です。
2年前に左胸のこりこりが気になって専門にきました。
年齢とともに出てくる水胞だか膿胞で、誰でも出てくるものがでました。ちょっとショックでした。専門医院では市の検診でひっかかるから、うちの専門に半年ごとに通ってと言われました。が、、、検診料が個人だと6千円は超えて。エコーもするし、血液検査も。エコーで甲状腺がひっかかって、余計心配になりました。甲状腺がひっかかってから、海藻系ヨード摂取がNGになりました。
年齢と共にいろいろ気になりますね。


コメントありがとうございます。2

*edanoさん*
<1年ごとに1か2方向>
ロンドンのみきさんのコメもそうですが、お国によって検診の回数その他微妙に違うんですね。日本と違っておドイツは(2年に一回ですが)健康保険が100%カバーしてくれるので気軽に受けられます。もし自己負担が多かったら検査する人の数は減るかもしれません。
それと、おドイツの検査は常に2方向です。だから合計4回ギューッとされるのです。大きくても小さくてもい痛いのよ。だってギューッですもの。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP