CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2013/09/26 (Thu) 07:15
プライベートのお城・ハイリゲンベルグ城



こんにちわんこ。
一度咥えたおやつは離さないタルです。
たとえママリンが「Aus!」(アウス=離せ)のコマンドをかけても負けないんだ。

たとえママリンが「Aus!」(アウス=離せ)のコマンドをかけても負けない
おもちゃなんかはすぐに放すのに食べ物となると必死です。
下手するとうなって威嚇したりするのですが、
そこでひるんでは飼い主の威厳にかかわるので(←威厳なんてあったんだ!)
タルが離すまでしつこく「Aus!」を言い続けます。

まぁ、がんばった挙句に最後は悔しそうな目をして離すのが常です。

離したら大いに誉めて、ご褒美にそのおやつを返してやります。(←ジャ取らなきゃいいじゃない←ときどき飼い主の威厳確認のためにやってみたくなるのよ)




9月初めに行った小旅行の話を書いています。
これまでの記事はこちら ↓

ラインのほとりで和食三昧
フランス コルマール
おフランスでイタリアン
オー・ケーニヒスブルグ城
お写真少な目なフライブルグ
ホテル内のタイレストラン


たった3泊4日の小旅行なのに記事を書くのにだらだら2週間以上もかけている遅筆な遅キーボードなぐーママことphary。
あと少しだからがんばりませう。


最終日はボーデン湖方面を回って帰ることにしました。
ふと地図を見るとボーデン湖のちょっと北にお城が二つあることが分かりました。

せっかくだから観ていこうということになったのですが
二つ見るのでは時間的にちょっと苦しい。
ので、外観を見て決めることにしました。

最初のお城はSchloss Salem(シュロスザーレーム=ザーレーム城)
今は修道院になっているようです。

駐車場にはものすごい数の車が止まっていました。
きっと人気のあるお城なのでしょうね。

でも念のためにちょうどお城から出てきて車に乗り込もうとしていた中年のカップルに

見がいのあるお城でしたか?

と訊いてみました。

そうしたら

見学料10ユーロもとられたのにたいしたことなかったよ。

とのことだったので
そこは素通りして山の上のSchloss Heirigenberg(シュロス ハイリゲンベルグ城)に向いました。

このお山の上に見えるはず、、、、、なのに、
あいにくの雨のため何も見えません
あいにくの雨のため何も見えません。

いやー、ここもたいしたことのないお城だったらどうしよう?

やっと着いたのに、門が閉まっています。
見学の人?なんかぜんぜんいません。

ガイドツァーの時間まで後2時間近く、
パンフレットをもらってどんなお城か確かめようと思っても
それらが置いてある=見学料を払う建物が開くまでさえ1時間半もありました。

だんな君は

そんなに人もいないし、きっとたいしたことないんだよ。
写真だけ撮ってもう帰ろう。

と言ったのですが、

ぐーママはピンと来ましたね。

ここは絶対見た方がいい!

だって、高い山の上のこの建物ですよ。
高い山の上のこの建物

渋るだんな君を説得して約2時間、小雨の降る中その辺をぶらぶらして時間をつぶしているうちに
どこからか、ぐーママたちと同じようにどこかで時間つぶしをしていたらしい人達が三々五々集まってきて
やっとガイドツァーの開始です。(←タルは車の中でお留守番)
やっとガイドツァーの開始
このおPりの大きいオバさんがガイドさん。
ちなみに見学料はガイド付きで一人10ユーロ。
あれ、8ユーロだったかな?最近物忘れが激しくて。

最近?いつものことじゃ、、、?
最近?いつものことじゃ、、、?
,、、、、、、(←何も言えないらしい)


残念ながら
この橋を渡った先は写真やビデオの撮影は一切禁止でした。

なぜなら、

このお城は個人所有のもので現在も人が住んでいるからです。
そのせいか、ググッてみても、お城の内部の写真はものすごく少ないです。
ほとんどないっていってもいいくらい。

今見つけたここで比較的分かりやすい写真が見られます。→Schloss Heirigenberg



デネー、結論から言うと

見てよかったー!

このお城は16世紀にルネッサンス様式に改築されてからほとんど変わってないそうです。
30年戦争のときに爆破されそうになったのですが、
なぜか火薬が爆発せず難を逃れて今日に至るということでした。

昔の居室の家具も雰囲気もステキだった。

おもしろかったのは一つの寝室。
すごいクラッシックな調度の中に多分19世紀か20世紀初めごろに取り付けたのであろう(←説明がよく聞こえなかった)蛇口つきの洗面台があったことです。

お城自体は16世紀当時のままですが、
内部にはところどころ後世の文明の利器が取り入れられているのです。
そりゃあね、少しでも快適に暮らすためには16世紀のままというわけには行かないわけで、

公開されていない現在の実際の居住部分(写真向かって左側)は外見はともかく
内部はきっと現代の普通の家のような設備になって普通にテレビとかの電気製品も置かれているんでせう。


19世紀のキッチンには当時の最新式のものであったろうジャガイモむき器とかパン切り器、グリル器(←オクトーバーフェストなんかで見られるような何十羽もの鳥を一度にぐるぐる回しながらグリルできるタイプのもの)、巨大ポテトマッシュ器なんかがあって
驚くなかれ
今でも何かお城で催し物があるときは実際に何十人ものお料理を作るのに使われるそうです。

流しにおいてあった食器洗い用の洗剤とスポンジが妙に現実的でした。
これ、実際にこの流しを日常的に使っているってことですよね。


南棟にはルネッサンス式の豪華な騎士団の間がありますが。←これもオリジナル)
ここに入るには寄木造の床を守るために靴の上に大きなフェルト製のスリッパをはかなければなりません。

壁には歴代の城主とその家族の肖像画がかかっていて
中に置かれたグランドピアノの前に当代城主の写真が飾ってありました。

この騎士団の間で何かやりたいときは貸してもらえるそうですが
料金は最近のレートで計算すると一日約130万円だそうです。

写真がないのが本当に残念です。

このお城のある小さな村にはもともとこのお城に使える人達が住んでいたそうで、
ガイドしてくれたオバさん始め、今でも
我らが城主様~
って感じでした。

ちなみにこのお城の持ち主の貴族様は
他にもおドイツ国内に4つぐらいお城をお持ちだそうで、
このお城に常に住んでいるわけではないそうです。

おドイツの雑誌とかに時々○○伯爵夫人とかバロン××なんて、イカにもお金持ち上流階級ーって人達がよく出てくるけど
きっとここの持ち主もそんな感じなんでしょうね。


適当に選んだ割には見がいのおあるお城で
すっごく得した気分になりました。
タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

一つだけ、失敗したのは
このお城のおトイレがどうなっているのか訊くのを忘れたことです。
多分、今でも実際に人が住む部分は近代的なおトイレになっているのでしょうが
問題はそれ以外のオリジナルの部分ですよ。

やっぱりこんな風にお外に垂れ流しだったのかしら?



おまけその2

この日の夕ゴハンは家の近くのこれまたお城の中のバイエルン料理のレストランで

だんな君はまたぞろZander、
だんな君はまたまたZander 

ぐーママは日本語でなんと言うか分からない白身の魚を焼いたもの
ぐーママの魚はブドウがのっていました。
上にブドウがのっていてその甘さがなかなか美味しかった。

小旅行はこれで終わり、
明日からは又ゴハン作らなくちゃいけないのかー

と思うと余計美味しく感じられましたよ。


タルッとクリックお願いします。→ 





関連記事

テーマ : 城めぐり - ジャンル : 旅行

<< 朋あり遠方まで行きたる | ホーム | ホテル内のタイレストラン >>

コメント

オットの叔母夫婦がこのすぐ近くに住んでいて、ハイリゲンベルグや、ザーレムにも行きました。ザーレムは確か、ワインも売っていて、強気のお値段ですが美味しかった記憶があります。ここ、エリート(というか、高ーい)私立学校もはいっていますよね、たしか。
秋晴れが続いていたのに今日は朝から雨。。。


ぎゃは~

オヤツくわえて離さないタルちゃん
めっちゃかわゆす~♪
ヨーロッパのお城って優雅。
城と言うより居住に重点を置いてる
感じだよね。


コメントありがとうございます。

*虎ママさん*
で、ザーレムを見学なさった虎ママさんのご感想はいかがですか?もしお薦めなら、週末のドライブの目的地にしてみたいです。
<強気のお値段><高ーい私立学校>
アー、なんか確かに雰囲気がそんな感じでしたね。って、外から見ただけなんですけど。i-229
ここはボーデン湖から近いから、雨だったこの日はやることのない人達がたくさんやってきていたのかなーって思っていました。
ところでそこから30分もかからないハイリゲンベルグのほうは閑散としていて、ガイドツァーが始まるまでは「もしやたいしたことのないお城なのでは?」という不安が消えませんでした。

*tamakitiさん*
お城にもいろいろあって、大きく分けると戦うことを前提にした要塞のようなお城(例・前記事のオー・ケーニヒスブルグ城)と居住用のお城とがあります。このハイリゲンベルグ城は後者ですね。だから見た目が優雅です。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP