FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2013/02/12 (Tue) 07:15
切られたネクタイ




こんにちわんこ。
末っ子ちゃんとツーショットのタルです。

タルリンにしては珍しくしっかりカメラ目線
おや、タルリンにしては珍しくしっかりカメラ目線、、、、

なわけはなく、目線の先には
目線の先には しっかり食べ物が、、、、。
しっかり食べ物が、、、、。



先週銀行に行ったら
銀行マンのお兄さんのネクタイがこんなことになっていました!
銀行マンのお兄さんのネクタイが!
すっかり忘れていたけれど
この日はWeiberfascing(ヴァイバーファッシン=女のカーニバル)だったのです。

地方によってはWeiberfastnachtなどいろいろな呼び方があるらしいけどぐーママことpharyが住んでいるあたりではこう呼びます。(カーニバルについての詳しいことを知りたい方はこちらをクリック→カーニバル←他人のPんどし使用)


ブロガー根性丸出しでぐーママは早速銀行マンのお兄さんにプチインタビューしました。

今日は、切られてもいいように安いネクタイをしてきたんですか?

違います、これ、結構いいやつなんですよ。悲しいなぁ。

でもお顔が笑っているところを見ると、そんなことはないみたい。

初めから切られるつもりだったんでしょ?

だって、窓口のところにはほら!
窓口のところにはほら!
絶対みんなで示し合わせての演出でしょう。


この銀行、去年まではこんなことしてなかったのですが
支店長さんでも変わったのかな?

でも、こういうノリは嫌いじゃないぐーママです。


ちなみにうちのだんな君の会社じゃネクタイ切りなんてしたことありません。

っていうか、Waiberfaschingのときのネクタイ切りってもともとライン川沿いの方の習慣じゃないんでしょうか?
カトリックの強いバイエルンあたりじゃ一般的ではなかったと思うのですが、、、。(←うろ覚え)

最近はハロゥインのように楽しいことは地方とか伝統とかにかかわらず取り入れちゃう傾向にあるから
このネクタイ切りもデュッセルドルフあたりの風習をノリで真似したんじゃないでしょうか?

まぁ、もしあったとしてもうちのだんな君じゃ絶対に切らせないでしょうね。

ノリの悪い人なんです。(←おもしろみのないやつともいう)
タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 彼女の意外な一面 | ホーム | リストから末梢 >>

コメント

ご無沙汰してます。
ウチのダンナ、ドイツに赴任して1年目に何も知らずに出勤して、私の父からのプレゼントだったネクタイをちょん切られて凹んでました(笑
因みにフランクフルトです。


ぎゃはぁ~っ!

タルちゃんかわいい~っ!
末っ子ちゃんもかわいい~っ!
目を隠しても美人なのが分かるよね。
つか、日本人とドイツ人のハーフちゃんが一番
可愛い気がします。



ご無沙汰しています〜
懐かしい話題に反応してしまいました。
ネクタイ切り!やりましたよ、Alsdorfにあった昔の会社の工場で!
普段は製造ラインでの仕事用に支給されている仕事着(パジャマみたいなの)を着ていましたが、この日だけみなさん、シャツ+ネクタイ。女性は歓声上げてハサミ持って、走り回ってる。(仕事しろ。。)
1日、見ているだけでしたが、仲良しのドイツ人エンジニアが「僕の、もう切られちゃってるけど、切ってみる?」と言ってくれたので、恐る恐るハサミを入れたのでした。もちろん彼らは切られる為に、安いネクタイしてきていましたよ。
が、ノリの悪い日本人現地副社長のおじさん。
この日もフェラガモちゃんをしてきていて。
真剣に逃げ回って、死守していました。


コメントありがとうございます。

*A-coさん*
オー、それはお気の毒。ハサミを持って近づいてくる女性を見たときはびっくりなさったでしょうね。切らせない人は断固切らせないそうですけど、初めてだったからされるがままだったのではないでしょうか?

*tamakitiさん*
<日本人とドイツ人のハーフちゃんが一番可愛い>
いやいや、ハーフといってもピンキリですから早まらないでください。末っ子はかわいいといえば色白でかわいいのですが、何せ太めで、、、、。

*JunJunさん*
<この日だけみなさん、シャツ+ネクタイ>
ということは切られる気満々だったわけですね。いいなぁ、そういうノリ。
フェラガモ氏はうっかりしていたのでしょうか?その後の彼の社内での人気にかげりが出ませんでしたか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP