CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年のぐーたらママ。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 だったのが、強制ダイエットの結果現在4,7㎏維持してます。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 フリーター脱出!
最近ぽっちゃり系に移行しそうになっている。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて 新しい就職 先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2012/12/22 (Sat) 08:48
団体用手抜き?



こんにちわんこ。
本当はもう床屋さんをしてもらったのにまだ前にモシャ男状態の写真を使われているタルです。

本当は床屋は終わっている
だってせっかく撮ったのにもったいないじゃない!(←なんでももったいながる)

それからタルちゃん、あなたはもう男じゃないの。元・男なの。
そこんとこ間違わないで!



団体のツァー旅行でおドイツはミュンヘンにやってきた友達に会いにミュンヘンまで行ってきたときの話第二弾です。



この日ビール会社直営のバイエルン風レストランで出たメインのゴハンは

Muenchenerweisswurst(ミュンヘナーヴァイスヴルスト=ミュンヘン風白ソーセージ)でした。


え、ミュンヘン風白ソーセージって普通は朝ごはんに食べるもんなのに?(参考記事は→こちらをクリック

ま、まぁ、ご当地の名物を出すんだからそれもあリかな、、、、。


デモね、運ばれてきたものを見て、
スッゴイ違和感を覚えたぐーママことpharyだったのです。

運ばれてきたもの↓
違和感あリ

ミュンヘン近郊にお住まいの皆さーん、
これ、変ですよね?
違和感あリまくりですよね?

それともそう感じるのはぐーママだけ?


まず、このソーセージはお湯に浸かった状態でサービスされるはずなのに
すでにお皿の上って!

次にこのソーセージを食べるときはブレーツェンという塩付きパンがもれなく付いてくるはず。
ジャガイモと一緒になんか食べたことがありません。

そして何より
このソーセージにつき物の甘い芥子がないぃぃぃぃ?


デモね、もしかしたらぐーママが知らないだけでこういう食べ方もあるのかもしれないと思ってウェイターさんに

ミュンヘン風白ソーセージをこうやって食べるのって珍しいですね。
お宅のレストランではいつもこうやってサービスするんですか?

って訊いたんですよ。

そうしたら、ウェイターさん、
ちょっと胸を手で押さえてすまなそうな顔をしたかと思ったら
サッと大きな芥子入りのツボを持ってきてくれました。
ミュンヘン風白ソーセージを食べるときには欠かせない甘い芥子です。

これこれ、このソーセージにはこれがなくちゃ!
甘辛芥子が来た
とお皿にのっけてみたけれど、、、、

やっぱりジャガイモと一緒なんて変だなー。
それに茹でキャベツが付け合せなんて、、、、?(←しかも大して美味しくなかった)

まぁね、食べましたけど、、、、
すっごく変な感じでした。


問題はここから!

ふと他のテーブルを見たら

芥子のつぼがない!!!!!
芥子のつぼがのっているのはうちのテーブルだけ。

ってことは、他の皆さんは芥子なしで食べているってことです。

え、じゃ、あんまり美味しくないじゃない!
このソーセージはこの芥子が味の決め手なのに!

ジャガイモだって茹でてあるだけで特にソースがかかっているわけでもないし
これじゃボヤーとした味になってしまいますよ。


ちょっと意地悪な想像してみると

どうせ何も分からないアジアの団体さんだから、
と、かなりの手抜きをしたのに、(←お湯なし、芥子なし、ブレーツェンなし)
突然ちょっとドイツ語ができてミュンヘン風白ソーセージの正しい食べ方を知っているらしいオバさんが登場してしまった。

こりゃまずいっ!

てんであわててオバさんのところに芥子だけは出したけど、他のテーブルの分までは間に合わなかった。

ってところでしょうか?


当たらずと言えど遠からずですか、Auguspinaさん?
タルッとクリックお願いします。→ 








関連記事

テーマ : ヨーロッパ旅行 - ジャンル : 旅行

<< このメニューにしたわけ | ホーム | たった2時間半 >>

コメント

大当たりー、だと思います。このレストランについて書き始めると、きりがなくなりそうなのでやめておきますが、やっべー、と思ったんでしょうねぇ。

この芥子、ここらへんでは買えないんですよ。もちろん、それ風のは売っています。でも、ミュンヘン/バイエルンで一緒に出て来る、これって、普通のスーパーにはないんだなぁ。。。


うわぁ、冷めちゃいますね。美味しいの出しとけば次につながるのに。A でしたか~。レジデンツでバスって事はあのエリアのかしら。私は前記事で H かと思ってました(笑)Keller は結構好きなんだけどな~。こういうの残念ですね。


なんかよく分かりませんが,ツアーの海外旅行って結構こういうことあるんでしょうか?日本で言うと「天つゆ無しの天ぷら」みたいなもんですか?


コメントありがとうございます。

*虎ママさん*
<このレストランについて書き始めると、きりがなくなりそう>
ってことは、いろいろ曰くあリなんですね、ここ。だって、いくらなんでもM.Weisswurstがお皿にのって甘芥子なしなんて考えられませんものね。無知な日本人旅行者だって事前にいろいろ情報を仕入れているってことわからない訳じゃないでしょうに、文句言われないことをいいことに手を抜きまくっていたのですね。実際、これまでおドイツに50回ぐらい来たという添乗員さん、何も言わずにもくもくと食べていましたしね。
<この芥子、ここらへんでは買えない>
Muenchner Weisswurstgrenzeの外側にお住まいってことですか?(このGrenzeについてはいろいろ説があるそうですが)でもソーセージのほうは買えるのかしら?だとしたらGrenzeの内側?

*Setteさん*
この記事を書きながらSetteさんのことを思っていました。ミュンヘンの食の専門家だし、どんなコメントくださるかなーって。わたし、ここで何回も食べたことがあるのですが、今回ほどひどい(まずい)のが出たのは初めてです。初めのきのこのクリームスープはとってもおいしかったし、ウェイターさんの態度も悪くはなかったのでホント残念です。まぁ、友人に言わせるとこのツァー自体がお安かったせいか、全体に食事はまずかったらしいです。こういうツァーに参加した人が「ドイツ料理はまずい。」ってことを広めてしまうのでしょうね。

*himeさん*
Aさんのメールによるとこのツァーは全体的に食事がまずかったそうです。私が一度参加したおドイツのツァーはやっぱりゴハンがいまひとつで、途中で参加者の何人かが文句を言って(←ここ、とってもおドイツ的)希望者は追加料金で別なものを出してもらったことがあります。
今回のことはうーん例えると、、、すき焼きが鍋じゃなく初めから一人分ずつ器に入って出てきて、しかも卵なしってところかなぁ?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP