FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2012/05/14 (Mon) 08:26
Wolfsegg城



こんにちわんこ。
レストランで「ハイどうぞ!」ってお水をもらったタルです。
ウフ、ちゃんとお客さん扱いしてもらえたんだよ。
(←おドイツの田舎のほうではわんこにお水を出してくれるレストランが多い)
レストランでお水をもらった
タルちゃんには何も注文しなかったけどね。
だって

タルちゃんは自分の水筒とおやつは常に持参だもの。
遠足用水とおやつ


けふはちょっと寒かったけどお天気がよかったし、
家にいてテレビなんか観ていても
どうせ昨日のドルの勝利のニュースばかりだろうしってことで
レーゲンスブルグ近くにある小さなお城Wolfsegg城(ヴォルフセグ城)見学に行ってきました。
Wolfsegg城
車で走ること約2時間弱。

まずはお城が見える丘の上のレストランで腹ごしらえ。

だんな君は豚フィレ肉のきのこソースとシュペッツレ。
豚フィレ肉きのこソース シュペッツレ添え

ぐーママことpharyは鮭に似た魚と海老のグリルとホワイトアスパラガスのラタトゥユ、それにWildreis(ヴィルドライス←日本語でなんていうんだろ?直訳すると野生米?)
魚と海老のグリル ホワイトアスパラのラタトゥユ風 
もうね、

これを食べただけでここに来た甲斐があった!

っていうくらいおいしかったです。


さて、お腹がくちくなったらいざお城へ、GoGo、ひろみGo!

駐車場から狭くて急な階段をヒーヒー行って登っていくと
お城脇の通用門みたいなところに出ました。
駐車場からは裏口が近い

Wolfsegg城は小さな岩山の上に建っています。
Wolfsegg城モデル
この岩山の中は鍾乳洞になっているんだそうです。
つまりお城は鍾乳洞の上に建っていることになります。


こういうところにしては珍しく
抱っこすればタルちゃんも中に連れて入っていいですよと言われました。
抱っこすればわんこも入場可

オリジナルなものばかりではありませんが
お城の台所
お肉をぐるぐる回してまんべんなく焼くための器具は16世紀ごろから使われ始めたそうです。

中世の領主の暮らしが分かるような
食事室兼居間

展示がしてあります。
中広間には武器の展示

ふーん、これを着ていた人はたぶん死んじゃったわね。
これを着ていた人はたぶん死んじゃった?

レストランでビールを二杯(=1ℓ)も飲んだだんな君が
トイレに行ったと思ったら

ぐーちゃん、ぐーちゃん、すッごく面白いもの見つけたよ。

と戻ってきました。


誰も入っていかないようなかなり狭くて長い通路の奥にあったそれは、、、、



すみません、もう眠いので続きます。


面白いものって何だか分かりますか?

ヒント→ぐーママの大好きなものです。
タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : 城めぐり - ジャンル : 旅行

<< 続・Wolfsegg城 | ホーム | くやしぃ >>

コメント

楽しい1日だったようですね。
キッチンとかは同じ時代のイギリスのものとそっくりです。
焙り肉っていうのは、当時一番贅沢な料理法だったんですって。
ワイルドライス、私も好きです。
アメリカのインディアンが食べてたっていう、赤いお米とか、どこだったか忘れたけど、黒いのとか。
それだけで炊いてもいいですが、白いお米に混ぜて炊く方が一般的みたいです。


コメントありがとうございます。

*みきさん*
Wildreis(ヴィルドライス)そのままワイルドライスって訳して(というかそのまんまで)いいんですね。
<キッチンとかは同じ時代のイギリスのものとそっくり>
やはりヨーロッパはそのままひとつの文化圏ってことですね。
<焙り肉っていうのは、当時一番贅沢な料理法>
やっぱり!だってあの時代みんながみんな肉を食べられたわけではないでしょうし、塩だって貴重品だったでしょうからね。よく考えたら中世はまだジャガイモやニンジンもなかったわけで、庶民はいったい何を食べていたのかしら?パン?おかゆ?豆?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP