CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2012/03/07 (Wed) 18:19
今度の日曜日、お暇ですか?



こんにちわんこ。
いつもより多くのせています、けふは横から見てくださいのタルです。
けふは横から見てください
ミュンヘンとミュンヘン近郊にお住まいの皆さん、今度の日曜日、お暇ですか?



今度の日曜日は東日本大震災からちょうど一年目ですね。
ミュンヘンでは有志の方によるチャリティーコンサートが行われます。

以下、送られてきたメールをそのままコピペします。(色文字・強調はグーママ担当)






東日本大震災から丸1年という節目にあたり、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の有志メンバー、そして日本にゆかりのあるソリストを中心とし、再びチャリティーコンサートを開催する運びになりました 。

【東日本大震災と福島で被災した子供達の為のチャリティーコンサート】
日時  2012年3月11日(日) 15:00~(約一時間を予定)
会場  St. Ursula Munchen-Schwabing
    Kaiserplatz 1, 80803 Munchen (U3/U6 Munchner Freiheit)
    http://www.sankt-ursula.net/
曲目  マンフレディーニ “2つのトランペットのための協奏曲 ニ長調”
    J.S.バッハ ”ピアノ協奏曲第3番ニ長調”
    J.S.バッハ ”2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調”
    J.S.バッハ ”Air-G線上のアリア”
出演  モナ・飛鳥・オット(ピアノ)
    アラベラ・美歩・ シュタインバッハー(ヴァイオリン)
    ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団所属のコンマス等有志
後援  在ミュンヘン日本国総領事館
    ミュンヘン市文化担当官 Kuppers氏
    YAMAHA, PIANO-FISCHER MUSIKHAUS
    Druckerei Color-Gruppe GmbH

去年の3月に行われた同様のコンサートには千人もの方にお越し頂きましたが、今年もまた多くの方と共に祈りの時を共有し、復興への想いを新たにしてゆけたらと思います。
(去年のコンサートの様子は、こちらでご覧頂けます→こちら


恐縮ではございますが、少しでも多くの方にご案内をお送りすべく、ウェブ上にコンサート案内のチラシ(pdf)と、言語別にinfo(word文章)を用意致しましたので、以下にそのURLを貼り付けます。

ご友人等、周囲の皆様にもご転送・ご案内頂けたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【MPHIL official web site】
http://www.mphil.de/de/konzerte-karten/?m=3&tempdatum=2012-03-11

【flyer pdf】
https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=c721d4bef78797e5&resid=C721D4BEF78797E5%21107&parid=root


【info Japanese】
https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=c721d4bef78797e5&resid=C721D4BEF78797E5%21108&parid=undefined

【info English】
https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=c721d4bef78797e5&resid=C721D4BEF78797E5%21111&parid=undefined


有志一同 発起人:布施菜実子、平井有
お問い合わせ先:稲葉智子
charityconcertforjapan@hotmail.co.jp




去年はアリスちゃんが弾いてくれたけど、今度はモナちゃんが弾いてくれるのね。(←主催者は違うけど)
チャリティーコンサート2012年3月11日 ポスター
このヴァイオリンの方も日独のハーフのようですね。


皆様、ぜひお誘いあわせの上お越しください。



タルッとクリックお願いします。→ 



おまけ

ロンドンでは引き続きJRTGA英国公認日本語ガイド協会の方々による
東北震災支援のためのチャリティーツァーが行われています。

JRTGA英国公認日本語ガイド協会のサイトは→こちら

こちらにもたくさんの方が参加してくださることを願っています。





もひとつおまけ

ぐーママことpharyは被災地のひとつ宮城県出身なのでこういった方々のご好意が本当に嬉しいです。
協力してくださる方一人一人にありがとうと言いたいです。
被災者の方々も同じ気持ちだと思いますので↓の動画を貼っておきます。
ちょっと長いのですがぜひご覧ください。特に3分30秒以降。

こちら


タルッとクリックお願いします。→ 

関連記事

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : ニュース

<< 緊急搬送 | ホーム | 出てきたもの >>

コメント

Pharyさん、いつこの記事を載せられるかと、今か今かとお待ちしておりました。
私も随分前にFBにリンクさせてもらってます。
ミュンヘンフィル、モナちゃん、アラベラさん、ありがとー!!!
そして、企画・支援してくださっている方々も、ありがとうございます♪
モナちゃんの、前回の来日時に発表された震災当時に関するコメントが、とても正直で、そして真摯なお気持ちが溢れていて、涙が出ちゃいました。
モナちゃんに、伝えていただければ嬉しいです。


コメントありがとうございます。

*JunJunさん*
<モナちゃんの、前回の来日時に発表された震災当時に関するコメントが、とても正直で、そして真摯なお気持ちが溢れていて、涙が出ちゃいました。モナちゃんに、伝えていただければ嬉しいです。>
モナちゃんに直接会うことはできなかったのですが、会場入り口でお母さんにお会いしたので伝言をお願いしておきました。
今回も会場いっぱいの人が集まってくださって、演奏もすばらしかったです。特にアラベラ・シュタインバッハさんとミュンヘンフィルのコンサートマスターの方のデュオは感激ものでした。私の知り合いには結構音楽家の方が多いのですが、皆さん「あの曲は今まで何度も聞いているけれどあそこまで感激したのは初めて。」とおっしゃるほどでした。素人の私でさえ震えがくるような深い深い感動を覚えました。


pharyさん、ご伝言、ありがとうございました。
Benefizkonzertと銘打って演奏される楽曲って、普段の演奏と何故か全然違うんですよね。
去年のウィーンフィルの来日ツアーでも、ツアー中にチャリティコンサートをしてくださいました。
プログラムはツアーで演奏される曲がメインでしたが、同じ曲・同じ演奏家・同じ指揮者なのに、何度も聴いた内、チャリティーコンサートでの演奏は全く別物に感じました。演奏家も、そして聴衆も、集中力が違う。。。それだけ、音楽というものは言葉にならない何かを伝えるのだと思います。そして本当に、被災地の事を思ってくださるのだなと、感じることができました。
ミュンヘンフィルも、機会があれば、聴きに行きたいと思います。(そう言えば、今追っかけているヴィオリストは、以前、ミュンヘンに属していました。。)
そして日本人として何ができるのか、今改めて、考えたいです。


コメントありがとうございます。2

*JunJunさん*
<演奏家も、そして聴衆も、集中力が違う>
たしかに。
あと記事にも書きましたが、この日も去年のチャリティーコンサートにも結構な数の子供たちが来ていたのです。赤ちゃんはともかくとして、幼稚園年中さんぐらいの子でも演奏にじっと聴き入っているのです。普段は
やんちゃな子でも雰囲気を感じるのか、結構長い時間なのに静かに聴いていましたね。
今回のコンサートもですが、日本人以外の方がたくさんいらしてくださいました。今回は会の運営に参加してわけではないのでどれくらいの寄付が集まったのかは知りませんが、いくつかあった募金箱はみんな紙幣でいっぱいでした。本当にありがたいことです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP