FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/11/10 (Thu) 11:40
現代医学の進歩(再投稿)



ぐーママことpharyはただいま帰国チウです。

せっかく遊びに来ていただいた方のために
当ブログの人気キャラ、おにいちゃんの過去記事を予約投稿で再アップしてみました。

以下の記事は2007年3月のものです。


鬼の攪乱、急性盲腸炎で入院、手術したしたおにいちゃん。(→過去記事1(→過去記事2

手術は月曜日の午後でした。
いくら痛いのが苦手なおにいちゃんでも、
もう、こうなったらまな板の上の鯉ですね。

まさか、手術中のドクターの
メスを手で払いのけることもできないでしょう。(→過去記事


問題は麻酔が切れてから。


午後5時過ぎに病室に戻ってきたおにいちゃんは
まだ麻酔が覚めきらないのかウトウトしていたので、
優しい母親(ハイハイ、そこ、笑わないっ!)はそっと眠らせてやることにして、
家に帰りました。

次の朝、電話してみたら、

ちょっと突っ張るような痛みはあるけど、へー気だよ。
それより腹減ったー。
まだ何にも食べさせてもらえねーんだ。

そりゃね、
一応おなかに傷がついているわけだから、、、

それとさ、
退屈で死にそーだよ。
何とかしてくれよ。

彼の同室は4日前に胃の手術をしたという
年配のおじさん。

部屋の備え付のテレビを自分のほうに向けて、
リモコンも当然のように自分のところにおいているもんだから、
後から入ったおにいちゃんが、観たくもない
歌番組(日本で言ったら民謡みたいなもん)とか、
年配の方が好みそうな(=若者は歯にもかけない)ホームドラマとかを日がな一日中観ていて、
話し相手にもならないみたい。

そりゃかわいそーに、
でも何とかしてくれと言われてもねー。

ということで、
優しい母(←強調してるし)+ファッシングの休みで家で暇をもてあましている末っ子が、
ゲームの雑誌などを購入して
お昼過ぎごろにお見舞いに行ったわけです。


トントン、こんにちはー。


あれ?
おにいちゃんがいない。


どこに行ったのかなー?
検査とか?
普通そういうのは午前中にやるよねー。


しばらく待っても帰ってこない。

かなり待っても帰ってこない。


すると、例のおじさんが、
「友達が来て外へ行ったみたいだよ。」

おじさーん、
それ、もっと早く言ってよねー。


外って、、、
昨日の午後手術したばっかりなのに、、、?


ちょうどやってきた看護士さんにきいてみると、

「あんまり遠くに行かないんなら外に行ってもいいって言ったから、
病院の隣のカフェにでも行ってるんじゃないですか。」

で、そのカフェに行ってみたけどいない。


最後の手段。
ケータイにかけてみたら、、、
(あいつのことだから、病院の中でもケータイは切っていないと思ったから。)

PU-PU-PU- 

Ja?

あんた、今どこにいるの?

Fんとこ。

、、、、、、、
どうやって行ったの?

Fが車だったし、退屈だったから乗せてもらって
一緒に映画観てきた
その後Fんとこに来て、ほかの友達も来て、
今ゲームやってる。

それ、病院の人がいいって言ったの?

遠くに行かないならいいって言った。



ちなみにF君のうちは病院から車で10分ぐらいのところ。

これは遠くというのか?
遠くじゃないというのか?



しかし、現代の医学の進歩はすばらしいのね。

私のひざのとき(→過去記事もそうでしたが、
今の手術って、昔と違ってばっちり切ったりしないんです。


おにいちゃんの手術も、
おへその下と、
盲腸のそば、
それとそのちょうど反対側、
つまりおなかに描いた二等辺三角形の三つの角のところに
1センチから2センチの穴というか切込みを入れて
そこから空気を入れ
おなかのなかに空間を作って、
内視鏡を使って切っちゃったんです。
そのほうが、傷が小さくてすむので回復が早いのです。

切った盲腸はその小さな穴からズルッと引っ張り出したとか。


いや、それにしても、昨日の今日だよ、
ちょっと早すぎない?

万が一傷口が開いたりしたら、、、


開かねーよ。
開いたってこんなちっさい穴だぜ。


ま、そりゃそうだけど、、、



で、次の日、
タルを連れて街中のポストに行こうとしたら、

町一番のにぎやかな通りを向こうから歩いてくるのは、、、
紛れもなく私の息子。


あんた、こんなところで何してんの?

病院にいてもつまんねーから、ブラブラしてんの。


病院からその通りまでは歩いて約10分。


これは遠いというのか?
遠くじゃないというのか?


結局、月曜日に手術して、
木曜日の朝一番で退院したんですけど、
火曜と水曜は回診の後、
目いっぱい病院の外で遊びまわっていたおにいちゃん。

あの子の入院って、何か意味があったんでしょうか?
二日目からは家にいて
診察のときだけ病院にいってもよかったんじゃないかしら?


ボクのおなかのほうがずっと大変だったよね。(→過去記事1(→過去記事2
ボクの手術のほうが
ホント、ばっちり切られちゃったもんね。
でもって痛かったもんね。

タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< 早く家に帰りたい理由(再投稿) | ホーム | へー、一応恥ずかしいんだ >>

コメント

おにいちゃん、若いから治りが早いんでしょうね..羨ましい。
それにしても、入院中に外出出来るなんて,,日本ではきっと駄目よね
??
お大事に。。というかもう治ってるか(笑い)


コメントありがとうございます。

*ワクドキさん*
<入院中に外出出来るなんて,,日本ではきっと駄目よね?? >
できませんか?おドイツってそういうところ、結構大雑把ですよね。私の足の手術(全身麻酔)のときもそうでしたが、ヘルニアの手術とかも日帰りですよ。日本が大事にしすぎるのかも?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP