FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/11/08 (Tue) 20:05
へー、一応恥ずかしいんだ



ぐーママことpharyはただいま帰国チウです。

せっかく遊びに来てくださった皆様に
当ブログの人気キャラおにいちゃんの過去記事を予約投稿で再アップしてみました。

この記事は2007年2月のものです。

----------------------------------------------------------

盲腸で即日手術となったおにいちゃん。(→過去記事

自分がミュンヘンのヨーロッパでも有数と言われる大病院で奉仕活動している(→過去記事からといって、
この地元の郡立病院を
入院前の受付の仕方から始まって、
検査、診察、設備とことごとく批判。

うちの病院じゃもっと手際よくやってる。
うちの病院じゃこういう設備がある。
うちの病院じゃ、、、。
(もちろん日本語で)

あー、分かった分かった。
あんたは偉い。



挙句の果てに、
病室に血圧と脈をはかりに来た若い看護婦さんと、
点滴をつけてくれた若い看護婦さんを見て

かわいくねーなー。
入院生活に張りがねーじゃねーか。
(もちろん、日本語で)


術前の注意を説明に年配の看護婦さんが来た時に至っては、

オレ、やっぱり手術しないで生き残るほうに(→過去記事かけてみようかな、、、。


もう遅いよ。


その年配の看護婦さんに
着ているもの身につけているものを全部とって
例の手術着(→過去記事に着替えるように言われたのに
ふと見たら、まだパンツをはいてる。

H、パンツも脱がなきゃ。
生まれたときの格好になるんだよ。

なんで?
手術ン時にはパンツを下にずらせばいいだろー。

そういうわけには行かないでしょ。
ママだってひざの手術の時にはひざだけなのに全部脱いだんだから。(→過去記事



脱がねーよ。


フーン、いいけど。
でもさっきのかわいくないけど若い看護婦さんが来て

「あら、パンツも脱がなきゃだめですよ。」

って言われて、
その場で脱がせられても知らないからね。

あんた、今朝新しいパンツはいてきた?
うんPなんかついていたら目も当てらんないからね。
かわいくない看護婦さんたちの笑い話の種になるよ。

「知ってるー?HさんのパンツにうんPが、、、、。」
「いやーねー。」

なーんてね。


、、、、、、。
くそめんどくせーなー。


布団の中でごそごそやってたと思ったら、
ポイッとパンツが出てきました。
(良かった、ついてなかった。
いくら息子のでもうんPつきは遠慮したいもの。)


クックック、面白いなぁ。
もっとからかってやろう。


あ、そうそう、あんたはケアサ(→過去記事だけど、
それでも手術の前に毛を剃る、と思うよ。
やっぱりあのかわいくないけど若い看護婦さんがするのかなぁ?







キヒヒヒ、ビビッてるーっ


まーったく、我ながら悪いハハオヤだなー。
でも、やめらんなーい。

タルッとクリックお願いします。


結論から言うと、
ソリソリにきたのは
男の看護士さんでしたとさ。

よかったねーおにいちゃん、君の貞操は守られたよ。

って言うか、かわいくないけど若い看護婦さんたちは
そんなもん見たら目が腐ると思ったのかもね。



関連記事

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< 現代医学の進歩(再投稿) | ホーム | 鬼のカクラン(←漢字分からず) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP