FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/08/09 (Tue) 01:35
エスカルゴ?



こんにちわんこ。
大好きなおもちゃは誰にも渡さない覚悟のタルです。
断固死守
断固死守。
手を出したらママリンだって容赦しないからね。



そんなよだれだらけのなんかいらないヨーダ。



お庭に出没する巨大カタツムリのことをお友達のFrauWに話したらね、

ちょっと写真を見せてよ。

っていうからこの写真を見せたの。
デカカタツムリ

そしたらFrauWがおっしゃるには


ちょっとぐーさん、これ、絶対エスカルゴよ
食べれば?
アー、もったいない。食べれば?

え、、、、、、?


だって、見つけたって一週間にせいぜい一匹か二匹だもの、、、。

だったら、何匹かたまるまで飼っておけばいいじゃない。


、、、、、、、、、、、。


皆さん、エスカルゴって食べたことあります?

ぐーママことpharyはいまだかつて食する機会がありませんでしたが(←サザエのつぼ焼きなら大好きですけど)
美味しいですか?

でもって、美味しいと思う方、
お庭にエスカルゴがいたら捕獲して食べたいとお思いになります?

第一、これ、ホントにエスカルゴ?

だったらいったいどこからやってきたのよ?


それはサー、
フランスに行った人が持ち帰ってきてー、
でもって逃げちゃったエスカルゴが繁殖したんじゃないの?

森で?
森にもいっぱいいるのよ。

とにかく、私ネットでエスカルゴの写真見たけどね、
これとすっかりおんなじだったわよ。


FrauWは昔フランスに住んでいたことがあって

エスカルゴは大好きだった。

んですって。

そんなにいうなら今度遊びに行くまでに巨大カタツムリはちょん切らないで生け捕りにして
ビニールの袋にいっぱいになったらお土産に持ってってあげるわね。
そんなら今度お土産に
って言ったらサ、

ザンネーン、私いつもレストランで食べてたから料理の仕方知らないの。だから遠慮しとくわぁ。


って、、、、

ちょっとぉ、FrauW、
エスカルゴが大好きなあなたが知らない料理法を
食べたこともないぐーママが知っていると思ってたの?

ぐーママが知らないと思って適当なこと言ってたんでしょ!
タルッとクリックお願いします。→ 


おまけ

↑などと書いてから前記事のコメントを読んだらね、

みきさんもエスカルゴだって言うし、
くむさんはWeinbergschneckeだって言うし、

どっちにしても食べられるみたい。(←だからといって食べようとは思わないけどね)

ただ、おしえてもらったwebサイトで写真を見てみると
どうもWeinbergschneckeに一番似ているんだけれど、

そうすると保護動物に当たるから
食べるのはもちろん、ちょん切りの刑もしちゃいけないってことになって
ぐーママとしてはとってもリンダ困っちゃうわけです。
(↑このギャグが分からないヤングな人はお父さんかお母さん、あるいはおじいちゃんかおばあちゃんに訊いてね)

でもさぁ、うちの近所の森にワチャワチャいるし、(←今度証拠の写真を撮ってこよう←忘れなければ←忘れる可能性大だけどね←だって若年中年アルツハイマーだから)
うちの庭にだってこんなにいるでしょ。
似ているほかの種類のカタツムリって可能性が高いんじゃなぁい?


そうだわ、きっとほかのカタツムリよ。

そんな保護動物がこんなにワチャワチャいるわけがないわ。

こんなにいっぱいいるんだったら保護しなくても大丈夫よ。

ホラ、ウチのお庭だって切っても切っても後から後から湧いてくるんだもん。



だからやっつけちゃおうっと。

それともみきさん、くむさん、
生け捕りにしてまとまった数になったらオタクに送りませうか?
みきさんもくむさんも、お料理の仕方知ってるみたいだし。


みきさん、くむさん以外の方でも
ご希望の方はコメントにてお申し付けください。
但し捕獲保存にかかる手数料、ならびに送料はそちらでご負担願います。
タルッとクリックお願いします。→ 





関連記事

テーマ : フレンチ - ジャンル : グルメ

<< キュー! | ホーム | 新たな敵 >>

コメント

だは~

でけ~っ!
かたつむり~っ?
ぎゃ~っ!
参りました~。



フランス料理のお店に持っていったら?
お礼に夕食はフリーなんてことにならないかしら(笑)
私、生きているのはお料理したことはありません。
こちらでは缶詰になっている中身と殻のセットがお店に売られていて、詰めて焼くだけ。
またはオーブンに入れるだけのものが主流です。
でも普通はレストランで食べるお料理です。
それにしても、殻の色や大きさが、そっくりです。


あははは。みきさんと同じことを考えた人はもう一人。
エスカルゴの代わりにEntrecôteなんて。

自分でそんなもの料理したことがありません。食べることが専門ですから(^^)。


Salzburgから、こんばんは
エスカルゴ、私も大好きです。
パリではもちろん、旅行中のミッションの一つとしてビストロでいただきましたよ。(もちろん、日本でも見つけたらいただきます)
レストランで、殻から上手に出せないと恥ずかしい目にあうメニュー(プリティーウーマンでも、ジュリアロバーツが飛ばす場面が。)ですが、バターとの相性は抜群ですね。
最初にいただいたのは小学生の頃、フレンチレストランで。
その時は殻から出して、ホワイトソースベースのソースとアレンジされていました。あの感動は未だに忘れられません。
フレンチのシェフのお友達はいらっしゃらないのですか?
プロにぜひ聞いてみてください~


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
大きいでしょう。
ドイツは北国で寒いのにナメもカタツムリも大きいのはなぜでせう?

*みきさん・くみさん*
<フランス料理のお店に持っていったら?
お礼に夕食はフリーなんてことに>
<エスカルゴの代わりにEntrecôte>
ということはフランス料理の夕食やEntrecôteと同じくらいの値打ちがある代物なのですね。ちょっと考えてしまうではありませんか。
そしてナンですか、お二人とも、自分は缶詰とか使ったりレストランで食べるくせに人を煽って、これじゃFrauWとおんなじじゃありませんの!

*JunJunさん*
<最初にいただいたのは小学生の頃、フレンチレストランで。 >
まぁ、なんて贅沢なグルメな小学生だったのでしょう!私、自慢じゃありませんが、本格的フレンチレストランでゴハンを食べたのは勤め始めてからですよ。しかもいきなり本格的は怖かったので初めはランチメニューから。で、今までエスカルゴを食べる機会はございませんでした。ミュンヘンのフレンチに何回か行きましたが、やはりエスカルゴは敷居が高く、というかどうやって食べるかも分からないのでつい避けてしまっていました。これを機会に思い切ってエスカルゴデビューしてみようかなぁ。
<フレンチのシェフのお友達はいらっしゃらないのですか? >
残念、私の知人はドイツ料理のシェフ+和食の板さんです。


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。


コメントありがとうございます。2

*履歴書 さん*
こんな古い記事を読んでくださってあリがとうございます。何かエスカルゴに関係したことをお調べなんですか?だとしたらあまりお役に立てなくてすみません。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP