CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/07/19 (Tue) 17:54
沢山の人の善意が




こんにちわんこ。
ママリンは昨日声が嗄れていたんだよ。

ママリンはのどが嗄れていたんだ


いやー、一昨日の晩(←サッカー女子ワールドカップ決勝戦の日)はアメリカに追いつくたびにギャーっと声を張り上げ、
ソファーから跳び上がりガッツポーズ、
興奮してその場駆け足。

PK戦のときも
海堀がセーブしたといってはギャーッ
日本が入れたといってはギャーッ

優勝が決まったときは言わずもがな
けっこう夜遅かったにもかかわらず雄たけびの声を上げ続けたぐーママことpharyです。

皆さんも同じだったでしょ?

お隣さん、迷惑だったろうなー。
でも、いいよね、特別な日だもの許してくれるよね。
許してくれると思いたい。

今も、あちこちのブロガーさんのところやニュース、写真特集などを見ながら優勝の喜びの余韻に浸っています。(←家事は?←ソユコトはいつでもできるでしょ。この喜びは今じゃなきゃ味わえないじゃない)



ところで決勝戦の二日前に行われた東日本大震災チャリティー・コンサートは、
St. Maximilian Kirche
会場のザンクト・マキシミリアン教会

満員御礼!
こんなにたくさんの人が
軽食をとるために設けられたテーブル席のイスまで出しても間に合わないほど沢山のお客様が来てくださいました。

立ち見の方もこんなにいっぱい。
立ち見の方もこんなにいっぱい
写真はヨーデル世界チャンピオンの石井さん


側廊では協賛してくださった日本レストラン、日本食材店などから寄付された
お菓子やグッズの販売
食品の即売もありました。
ぐーママ、お寿司と大きなシュークリームを狙っていたのですが、あっという間に無くなってしまって、、、、。


肝心の演奏のほうは、、、

最初に歌った女性コーラスのお写真は撮れませんでした。


アンサンブル。
アンサンブル
教会内に音が響いてすごくきれい。


ウクレレデュオ・ココナミ
ココナミ
こちらは逆にマイクを通した声が響きすぎて歌詞がよく聞こえず、
彼らの魅力が100%発揮されたとは言えなくて残念でした。
でも、後半に歌った「上を向いて歩こう」「ふるさと」にはジーンときました。


ヨーデルの石井さん。
語りも場の持たせ方も一流でした。
ヨーデル歌手石井さん」
ぐーママ、生ヨーデルは初めてだったのですが、ノリますねー。
こういうの好きだなー。

かと思うとシットリとしたヨーデルもあり(↑の写真のアコーディオンと一緒に歌ったもの)
素晴らしいの一言でした。

さすが世界チャンピオン!

控えの席でちょっとお話できたのですが、
気さくでステキなおじ様でした。
あ、すみません。年齢的にはオバフィーのぐーママと大して変わらないかも?
(オバフィー?という方こちらをクリック→オバフィー宣言


これははじめのプログラムにはなかった教会のコーラス?
それにしては若いお兄さんお姉さんばっかり。(←普通教会のコーラスっていったら年配の方が多い)
教会コーラス?
まさに教会の雰囲気にぴったりマッチの荘厳な曲を披露してくれました。
ハーモニーがとてもステキだった。


トリはアリスちゃん。
アリスちゃん
今日は珍しく緑のお衣装です。

最近、彼女の演奏を聴いてないのですが、
以前は妹のモナちゃんともども長い黒髪に赤いお衣装がトレードマークだったのよね。
ぐーママが持っている彼女のCDの写真も全部赤いお衣装だし。

リストを熱演。(←曲名知りません。音楽音痴ナもんで。今回のコンサートは曲の説明も全然なかったのよ)
素晴らしいリスト
人間の指ってこんなに速く動くんだ!

後でアリスちゃんの後ろのほうで立ち見していた友人に訊いたら

あんまり速く動くんで、弾いている指の動きが見えなかった。

んですって。

アリスちゃーーん、腱鞘炎に気をつけてねーーー。



この日ここに集まってくれた方々、
素晴らしい演奏を披露してくださった音楽家の方々、
そしてこのコンサートを企画準備運営してくださった方々

特にスタッフの方は後片付けやなにやらで、0時過ぎまで教会に残っていたそうです。お疲れ様。

皆さんの善意が災害にあった日本の人たちのになりますように。


今回のチャリティーコンサート以外にも
ミュンヘンではあちこちで日本支援のための催し物が行われています。

あるお母さん達のグループはフリーマーケットを開いてその売上金を義捐金として寄付しました。
別のお母さんたちは子どもが通う学校のサマーフェストで折り紙教室を開き、
同時に折り紙の作品をプレセントして寄付を募りました。

小さい力でもそれが集まれば大きな力になります。

今、ドイツでは福島原発の問題だけがニュースに取り上げられ、
ともすれば地震・津波の被害者の存在が忘れられがちになっていますが、
まだまだ長期支援が必要なこれらの被災者の方々のために
今後もこの様な催しが続けられることを祈ります。

そういう時はぐーママも微力ながら協力するつもりです。

がんばれ日本

元気出して東北。

蘇れぐーママの故郷!



とりあえず、あの時貼ったポスターとかを回収しに行かなくちゃ!
今度はしっかり日焼け対策をしてね。
タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 2011年・ああいう方々のパレード | ホーム | ヴェルトマイスタリーーーーーーーーーン >>

コメント

チャリティありがとうございます。
ちゃんと義援金として届くといいです。
なかなか、地震:津波後の報告ができずすみません。

PS、石井さんは(たかしさん?)有名なんですね。昔TVでドイツで有名は日本人と言ってました。


大盛況ですね!
皆さんのお気持ちが伝わってきます。
国内にいる私たちもがんばらねば。
来週は、震災後、初の茨城出張です。
被災しながらも、工場復活に全力で取り組んでくれた仲間たちに、やっと会えます。
(何度もTVや新聞で取り上げられたんですよ。サプライチェーンへの影響が大きくて。)
まずはお疲れ様でした~


ドイツでも沢山の人が日本のことを思ってくれているんですね.世界は一つだなあッてこう言う時にしみじみ思います。


なでしこ

女子サッカー盛り上がりましたね!
昨日からず~~っと、なでしこ達はテレビに生出演しまくりですよ(笑)

ドイツ出発時の様子では、空港に来たサポーターはゼロだったとか…変わり身の早いこと(笑)
ま~自分もそのひとりですけどね(笑)


ヨーデルの石井さん?日本のテレビに出演してましたよ!


素敵な教会での素敵なチャリティーコンサート・・・私も拝聴したかったです♪


おおっ!

教会立派だな~。
おしゃれだね~。
いまだに支援してくれるなんて
うれしいですね~。

なでしこ達TVに出ずっぱりですよ。
思えばPK前のあのリラックスした雰囲気でもう勝敗は決まっていたのですね~。



コメントありがとうございます。

*edanoさん*
<ちゃんと義援金として届くといいです。>
赤十字への募金が一番手っ取り早くはあるのですが、私たちの送ったお金がどんな風に使われたか知る機会がほとんどないのが残念なところです。他のチャリティーをした方たちは具体的に「南三陸の○○小学校に直接送金」なんてところもあります。
石井さんは確か「ドイツで一番有名な日本人」って言われたこともあるはずです。確かにすごい人でした。

*JunJunさん*
津波被害があまりに大きくて東北地方にばかり目が向けられがちですが、茨城も被害が大きかったんですよね。
<被災しながらも、工場復活に全力で取り組んでくれた仲間たち>
日本人のこういうところがすごいなぁと思います。なんだかんだ言われている今の日本人ですが、やっぱりやるときはやるという勤勉さが遺伝子の中に組み込まれているのではと思ってしまいます。
原発の問題がなければもっともっと早く復興復旧できるのにと悔しいです。

*だれかさん*
ドイツだけでなく世界のあちこちで日本のためにたくさんの人が協力してくださっています。目にし、耳にする機会が少なくなれば忘れてしまうのが人間です。そうならないためにも細くても長い支援をしていきたいです。(←太いに越したことはないですけど)

*ともさん*
<ドイツ出発時の様子では、空港に来たサポーターはゼロだったとか…変わり身の早いこと(笑)>
ウーン、人のこといえない私です。全然無関心というわけではありませんでしたが、予選のころは放映時間が早いこともあり家事の片手間にテレビ観戦という感じでしたから。それが予選3戦目あたりから「これはいけるかも?」と本腰を入れたわけでして、、、。i-229
ヨーデルの石井さんは「ドイツで一番有名な日本人」といわれたことがあるそうです。私もしょっちゅう名前を聞いたことがあったのですが、直接歌声を聞くのは初めてでした。とってもすてきでした。

*himeさん*
いつかドイツにきたらコンサートもオペラも行きましょう!待ってるからね。

*tamakitiさん*
私はね、2点目追いついたあと「PK戦なら勝てる!」って思っていたのです。だってあの日の海堀はスーパーセーブの連続でしたもの。
<なでしこ達TVに出ずっぱり>
これが一時だけの人気に終わらず、女子サッカーの観客動員数増→待遇が改善となるといいですね。なでしこちゃんたちの帰りの飛行機がエコノミークラスだなんてかわいそ過ぎる。疲れているのに。ヨーロッパ-日本間の約12時間の飛行は本当にきついんですよ。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP