CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/03/29 (Tue) 22:42
こんなドイツ人、あんなドイツ人





先週の金曜日に、
ミュンヘンはマリーエン広場での日本人女性有志たちによる募金運動のお手伝いをしてきたぐーママことpharyです。

結局折鶴は、あのあともがんばって折り続け、
近所のお友達が折ってくれた29羽とあわせて90羽近くになりました。
他の方たちも沢山折ってきて下さったのでかなりの数が集まりました。


結局の薬局ボクはお留守番でした。クスン

結局の薬局ボクはお留守番
まぁ、行ったとしてもタルルンには特に面白いこともなかったし、
むしろ人が一杯でストレスを貯めるだけだったんじゃないかと思うからお留守番でよかったんじゃない?
ぐーママの明子姉さん状態も守られたわけだし。


ぐーママは4時間ばかり立っていたのですが、
家に帰って来たときは足は痛いし腰も痛いしでヘロヘロでしたよ。

でもお世話役の方たちは12時から18時まで6時間と
その後も片付けやお金の集計やらでかなり遅くまでがんばっていらっしゃったということですから
腰の痛さぐらい我慢しなければなりませんね。


で、募金のほうですが、
結構面倒な決まりがあって、

例えば一箇所には3人までしか立ってはいけない。
プラカード類のはA3の大きさまで。
テーブル類は置いてはいけない。

などなどほかにも細かい決まりが一杯。

ナニヨーーーー。
こんなんじゃ全然目立たないじゃないのよーーーーー!


と文句を言ってもお上には逆らえないので
みんなで折った折鶴を手に持ち、

日本の地震・津波の被災者のためにご協力お願いしまーーす。
地震・津波被災者救援募金
とアピールしたのでした。


ぐーママの箱には
50ユーロ札を入れてくれた方が3人、
20ユーロ札を入れてくださった方も結構いらっしゃいましたが、
たいていの方は5ユーロ札か10ユーロ札。


びっくりしたのは
10ユーロ札を出して

5ユーロおつりくれない?

という人が一人ならずいたことです。

いや、おつりといっても、、、、
まさか募金箱から出すわけにもいかないし、、、、。

初めのうちはみんなのお金で両替していたのですが、
そのうちにお財布の中の5ユーロ札もコインもなくなっちゃって
そばにあったお肉屋さんに頼み込んで両替してもらっておつりを渡したりしました。


ぐーママたちの立っているすぐ目の前に止まった二階建てのミュンヘン市内観光バスの運転手さんは、


お客さんがマリーエン広場やビクトゥリエン市場を観光している間、
車を離れるわけには行かないからここまで取りに来て!

とおっしゃるのでバスの中まで行って募金してもらいました。


お財布の中にあるコインありったけをザーッと入れてくれた人がいたかと思うと
10セントコインを一個だけという方もチラホラ。

でもね、いいの。
たとえ1セントでも日本の被災者のためにと入れてくれたのですから
金額のの多少に関わらず、みんなありがたい浄財です。


お金を入れる際に


今度の災害には本当に心を痛めています。
被災者の皆さんが早く元気になられますように、
日本の早期復興を心から祈っていますよ。

などと言ってくださる方もあり、
本当にありがたいことだと思いました。



でもね、世の中はそういう親切な人ばかりじゃないのよ。

ぐーママは嫌な思いをしなかったのですが、
中には募金中、心無い言葉を浴びせられた方もいらっしゃったようです。


日本はチリやタイと違って金持ちだから、募金なんかしなくても自分たちだけで何とかやっていけるだろう。


原発を早く何とかしろ!
世界中が迷惑しているんだぞ!


こんなことをするよりもっと大事なことがあるだろう。
日本からの被爆避難者を受け入れる準備をしたらどうだ。


などなど、、、、。

何とかしろと言われても、
ここからどうしろと?

もし、ぐーママが直接そんなことを言われたら言い返して喧嘩になっていたかも、、、、。

どこの国にもいやな奴っているもんなんですね。

ぐーママのところにはいい人ばっかりが来てくれてよかった。


もちろん、お願いしますと言ってるのに知らん振りしたり、

Nein,danke!(ナイン、ダンケ=結構です)

なんて言う失礼な人もいましたけどね。
視線をはずして通り過ぎるなんてかわいいほうですよ。


この日は上記↑のようなわけで
マリーエン広場周辺に3人ずつ、何箇所にも募金箱を抱えた日本人女性たちが立ったのですが、
例の折鶴はここでも大活躍だったのですよ。

「お願いしまーす。」
と声をかけたときに
すでに募金している方はサッと折鶴を見せてくださるので
そこでもう一度
「ご協力ありがとうございましたー。」
と、協力してくれない人にこれ見よがしに大きな声でお礼を言ったのです。



皆さんの観察の結果↓

お金持ち風の人は募金をしない確率が高い。
若い人はほとんど入れてくれない。
おばあちゃんは入れてくれる確率が高い。
障害者の方はたいてい入れてくださる。


当ブログの読者様はクリックしてくださる確率が高い。
タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< おバァちゃんの寄付 | ホーム | 準備 >>

コメント

なるほど・・・

そういえば、うちの義理両親も義援金とか寄付していないと思います。特に、お金持ちじゃないのですが、他人から見たら、そう思える様相で街中を歩いているはずです。
私の観察だと、「自称インテリ」ほど、原発問題に敏感すぎて、被災者に対する心遣いをしていないという印象も受けます。

しかし、「原発を何とかしろ」って、信じられない発言ですね。独逸人がいったい、何の迷惑を被っているというのでしょうか。被害を受けているのは、一生懸命に現場で作業をして被爆なさった方とその家族、そして、周辺に住む住人や東北・関東地方にお住まいの方々です。

それどころか、独逸の企業や航空会社がさっさと東京から逃げてしまったために、迷惑を被ったり、不快感を表す日本人が沢山いるというのに・・・。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


チェルノブイリ原発事故の際、ミュンヘンにも放射性物質が検出されたんですよね?
そう考えると、イライラとする人、日本の被災地を同情する人、まぁ色々でしょうね。

夫の職場に募金箱をおいたら、お札ばかり、中には100ユーロ札も珍しくないようで、
本当に有難いと思うほかはありませんね。
でも…おつりは…微妙ですね。


募金活動お疲れ様です。日本でもあちこちで見かけます。時々入れます。ちょっと恥ずかしいのでさっと入れてさっと離れちゃいます。
ちゃんと声をかけて、頑張ってくださいとかいえればいいのですが。
いろんな人がいますね。でもたくさんのドイツ人が協力してくれたのですね。ありがたいことです。いろいろな国から手を差し伸べてもらえる日本は本当に幸せな国だと思います。


お疲れ様です。
確かに、怖いのはわかるけど、「原発を何とかしろ」って、私達にいったい何ができると?私達にできるなら、彼らにもできますがな。
こういう時に出ますね、人の本性って。
ごめんなさい、私はまとめて募金したいタイプなので、街の募金は素通りしてます・・・・。
以前、イタリアでミサに紛れ込んでた時にもいらっしゃいました「おつりくれ」。


日本人はお金持ちだから・・・とか、原発事故なんとかしろ・・・という言葉が出るということは、なんとなく分かるような気がします。でも、今のこの日本の現実を目の当たりにしていただければ、お金持ちなんだからなんていう言葉はあてはならないぐらい、とんでもない事態だということが分かっていただけると思います。原発に関しては日本国内でも、東京電力そして政府に対して、不信感が募っています。私の友達で福島原発の町である双葉町に住んでいた人がいます。先日やっと連絡が取れたのですが、地震後ほぼ拉致同然に着の身着のまま大型バスに乗せられて退避させられたと言っていました。自宅は津波にやられたようなのですが、未だにその様子すら見に行けないそうです。原発の周辺は不明者の捜索すらできないでいます。何百人何千人の方が亡くなっているのか・・・。


コメントありがとうございます。

*らくだのせなかさん*
<「原発を何とかしろ」って、信じられない発言>
ねぇ、私もそれを聞いたときに「ナニ考えているんだろう?よっぽど程度の低い人なんだな。」って思いましたよ。もうこうなると酔っ払いの絡みみたいなものですよね。ドイツ人の品位を一人で落としています。絡まれた方はお気の毒としか言いようがないです。

*管理人のみ閲覧できますさん*
それぞれが出来ることをやるのが一番いいことだと思います。今回の募金も総領事館を通じて直接日本赤十字社に渡ると説明したら入れてくださった方が結構いました。ほかの募金団体では途中で経費だとか何とか抜かれてしまうことがあるらしいです。

*ゆき珠さん*
<チェルノブイリ原発事故の際、ミュンヘンにも放射性物質が検出された>
かなりの量が出ました。当時は牛乳売り場に「今日の牛乳のセシウム含有量」が表示されていたのです。いまだに地中に放射能が残っているから野生のキノコは食べてはいけないという人もいます。
<おつりは…微妙>
いやいや、ドイツ人ですもの、そういうことを恥かしいとは思わないはないのですよ。

*Rottenmeierさん*
<さっと入れてさっと離れちゃいます>
長々とお見舞いの言葉を行ってくださる方がいる反面、こういう方も結構多いのです。募金する側としてはちょっとドライかもしれませんが、あまり長く話しこまれる(その間募金の呼びかけが出来ない)よりはこういう方のほうがさりげなくてよかったです。

*Setteさん*
<「原発を何とかしろ」って、私達にいったい何ができると?>
そう、こんなことを言う人は完全に言いがかりです。程度が低すぎます。でも、お世話係の人から原発について何か言われても反論しないようにと注意されていたので、言われた方は我慢していたそうです。他のドイツの方がみんな協力してくださっていたのに、このおバカな人のためにドヨーンとした気持ちになってしまったそうです。
ミサのときのお布施のおつりって、、、、あのかごの中からもらっちゃうんでしょうか?それって、、、なんかまずくないですか?

*himeさん*
<今のこの日本の現実を目の当たりにしていただければ、お金持ちなんだからなんていう言葉はあてはならないぐらい、とんでもない事態だということが分かっていただける>
こういう人はそういうところに目が行かないんですよ。himeさんはまさに渦中にいるんですものね。つらいでしょうね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP