FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/03/12 (Sat) 23:30
続・おねえちゃんとのメール 


一夜空けて日本時間の12日朝。
ぐーママことpharyはまたまたネットニュースにかじりつきです。



今東京に地震警報が出たけど大丈夫?
食べ物とかは十分にある?

という前夜に送ったぐーママからのメールにやっと返事がありました。



また地震あったの?
爆睡してた… 笑

食べ物は3日分ぐらいだったらある☆



ママはもうぶっ続けで13時間ぐらいネットニュース観ている。

日本時間の真夜中から明け方にかけて何回も地震警報が出て、そのたびに心配してた。
今のところ強い地震は長野・新潟地方で東京周辺は震度2から3みたいだけど、気をつけて!
余震があと1ヶ月続くっていう人もいるし、、、。

いつもヘルメットと水、食べ物の入ったリュックを持ち歩いてね。
タバコなんかより食糧買いなさい!

パパはAは日本を離れたほうがいいんじゃないかっていうの。
状況によってはそれも考えたほうがいいかもね。

仙台からはあれから何の連絡もないの。
もう目がしょぼしょぼだから寝るね。(←ドイツ時間夜中の1時ごろ)



そしてぐーママがドイツ時間の朝8時ごろメールを開けてみたら、、、



東京都周辺の原子力発電所を完全停止するって今テレビで流れてるんだけど、
それって違う言い方をすると、電気が消えるって事だよね…

どこのスーパー・コンビニ言ってもほぼ全部カラ…

ほっかいろとふきふきシート買った、
あとクッキー、せんべい、ビタミンジョウザイ、電池、ドライシャンプー、携帯型セーフティーライト

なんか忘れてる?



あっあと空気がホコリだらけだからマスク買った!


なんか忘れてる?
と訊かれてもぐーママだってこういう目にあったことがないからよく分からないし、


えーとなんかあったかなぁ、、、、?
タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

<< 続々・おねえちゃんとのメール | ホーム | おねえちゃんとのメール >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


コメントありがとうございます。

*管理人のみ閲覧できますさん*
いつも読んでいただいてありがとうございます。
そうですね、軽率でした。ご指摘ありがとうございます。

*管理人のみ閲覧できますさん*
本人は不本意かもしれませんが、今は私たちの心の平静のためにそうしてくれてよかったと思っています。
私もほとんど丸3日間ニュースを観ていたので、気持ちが底へ底へと落ち込んでいます。特に見慣れた故郷の変わり果てた姿と、もしかしてあの瓦礫の下に知人がいるかもしれないという思いで胸がつぶれる思いです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP